モバイルPSTNのPBX収容

最近、携帯回線での発信が定額、というサービスが出てきている。これがPBXに収容でき、trunkとして利用できれば非常に使い勝手がよいだろう。

その携帯回線用のスマートフォン単独でこのブリッジが実現できれば理想的だが、自分が知る限り簡単にそれが実現できる方法はない。あればこのようなコーダー公募はないだろう(それにしても、予算$250 – $750なんて無茶苦茶)。

なので、自前でPBXを運営し、しかるべきセットアップをする必要があろう。パッと調べてみると同じようなことを考える人はいていろいろ見つかった。

GoIPなるデバイス(紹介記事)。Aliexpressでもいくつかモデルがある。残念ながらどれもGSMのみに対応のようで、日本では使えない。VoIP-Info.orgには同様の機器のリストがある。その中でGemproという台湾の会社の製品が面白い。そのeBayのストアではGP-710という電話端末とBluetoothで接続するタイプのものが$170. モバイル網との通信はBluetooth接続する電話端末の機能次第なので、それがUMTS (WCDMA)をサポートしていればそれが使える。

追記:Siemens Business Comm Gigaset One S30853 H1135 R301 Bluetooth Gatewayなんてのがある。$70程度だからこの手のものにしては最も安いのではないだろうか。

電話革命-写真編」でPORtechのMV-370という機器が紹介されている。これは単独でUMTS通信機能を持つ。PORTech VoIP GSM Gateways,SIM Server,SIM Bank,E1 GSM Channel Bank,SMS Gateway,SMS Server,IP Speaker,3 way conference box,GSM VoIP Terminal,3G VoIP Gateway,UMTS SIP Gateway,VoIP CDMA Gateway,GSM Fixed Wireless Terminal,sim array,VoIP Adapter ATA–VoIP GSM GatewayによるとCDMA2000対応版もある模様。設定方法eBay.comで見ると、$275(送料別)で、やはりGP-710の方が安い。もっとも別途Bluetooth対応の端末が必要になるが、それは一台くらい転がってるものだろう。

Asterisk用Chan_dongleモジュール。Huaweiのドングルを使うものでこれは3GもOK。Chan_mobileでBluetooth端末と接続。

2005年以降更新のないMiax: Mobile IAX。OpenWrtではリポジトリからすぐインストールできる。Inter-Asterisk eXchange – Wikipedia, the free encyclopedia

FreeSWITCHであれば、GSMopenというモジュールで実現できそうだ。MobiGaterというGSMopenと併用することを前提にしたハードウェアもある(Asteriskとの併用も可)。Bluetoothで接続した携帯端末を利用するというmod_handsfreeという非公式のモジュールがある(ただし古い)。GSMOpenでBluetoothが利用できた、というコメントもある。参考:HFP for Linux is a Bluetooth Hands-Free Profile server

OpenBTS (Wikipedia)。上のAsterisk、FreeSWITCH専用のモジュールではなく、Asterisk, FreeSWITCHなどのPBXシステムから利用できるよう独立したもののようなもの?GSM専用のように思えるが、UMTS(日本ではWCDMA)についての言及もあるので、それもサポートしているかも。関係ない?

Bluetooth対応の携帯電話(スマートフォンでなくても構わない)とAsteriskをChan_MobileというモジュールでBluetoothで接続させる。すご…。

番外:

SIPではないが、GSMとSkypeとのブリッジ。モデムから得られる音データではなく、ヘッドセットジャックからの出力を利用するという執念を感じさせる力技。

Skypeというと以前はSIPとのブリッジに興味があった。もうあまり必要性を感じてないが、Ippiの無料のUnlimited 5というプランは、SIPからSkypeやHangoutsへのブリッジをサポートするようで、それはそれで面白いかも。ただ、条件つきの無料かもしれない。

広告

モバイルPSTNのPBX収容」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Miax: Mobile Inter Asterisk eXchange Client | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: OpenWrt 12.09 Aptitude Adjustment用Asterisk18のChan_Mobileを使う | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. Siemens Business Comm Gigaset One S30853 H1135 R301 Bluetooth Gatewayは、GP-710と同じ事ができるのでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中