ANT+準拠の無線心拍計と連携させるAndroidアプリ

Sony Ericsson Xperi X10 Mini E10iと併用するつもりで購入したANT+準拠の無線心拍計が、無事配達されテストでEndomondoアプリの併用してみた

で、Endomondoで心拍数を定期的に読み上げてくれない、と思って下線以下を延々と書いたのだが、実はできることがわかった(なんという労力の無駄…調べ方が甘かった)。欲を言えばきりがないが、これで自分の基本的な目的は達成される。

惜しまれるのは、運動の種類にかかわらず音声読み上げの設定が一種類しかないこと。屋外で走っているときには、スピードや時刻も知りたいが、屋内のジムでウェートトレーニングをしているときには心拍数だけでいい。別々のプロファイルで設定できるといいようなものだが、それができないようだ。

後、表示項目を減らすことで、表示する項目の文字サイズを大きくできるとよかったが…。

 


 

それで基本的に動作することは確認できたが、これからどのアプリと併用するかが問題になる。ANT/ANT+に関するポータルThisIsAnt.comで検索するとANT+無線心拍計と連携できるAndroidアプリが16掲載されている。

自分のアプリに対する要求項目をあげると以下のようになる:

  • 一番大事なのは心拍数。心拍数帯によって「ゾーン」分けした、いわゆるゾーン・トレーニングがしたい。
  • なので、心拍数を随時表示して欲しいが、表示よりも重要なのはそれを適宜TTS (Text-To-Speech)で読み上げてくれること。老眼で文字表示だと見づらい(特にX10 MiniのQVGA画面では)、というのも理由であるし、そもそも画面を見ないでいいように済ませたい、というのも理由。
  • この手のアプリにはGPSでログを取る、スピードを測定する、あるいはナビさせる、といった、ランナーや自転車乗りをターゲットにして生まれたものが多い。そういう機能はもちろんあって困るものではないし、自分が走った軌跡を地図上で見たりできるのは楽しい。しかし、自分に取ってはそれはあくまでおまけ的機能。インドア・ジムでウェイトトレーニングすることもあるし、そこで役に経たなければ意味がない。
  • そうやって得られたデータを自動的にアップロードするなどしてウェブサイト上でも見られるのが望ましい。人に見せる必要はないが、X10 MiniのQVGA画面上でしか見られないのは辛い。

既に購入済みのEndomondo Sports Tracker Proが上記項目を満たしていればそれでめでたし、めでたいし、だったし、そうだと期待していた。が、心拍数を音声で告げてくれるとか、予め指定したゾーンから外れたらそれを知らせる、とか、そういう機能は、それに対するリクエストがたくさんあるところを見ると、実装されてない模様。

Premium版ではゾーンごとの統計が取れるが、アプリ単独ではなされず、専用ウェブサイト上で表示されるだけ。つまり、ゾーン・トレーニングそのものはできない…と思われる。これでは自分の目的には適わない。 そもそも月~$4、あるいは年~$30はこういったアプリにしては高い。サブスクリプション制で課金されるとずっと使い続けるとかなり高くつく。

他のアプリを探さなければならないようだ。

いずれにせよ無線心拍計をサポートしていることが必須だが、Bluetoothのものしかサポートしていないものは当然選から外さざるをえない。これで外したのはiCardioRunware Heart Rate MonitorCardio TrainingCardiometer ANT+ Heart RateHeart Tracker。これらの開発者にはANT+心拍計をサポートするようリクエストしたのだが、Cardio Trainingアプリの作者からは返事があり、近々サポート予定とのこと。

ANT+のサポートは一般的には(というかSamsung機において?)Android 4.x?からなので、それを要求しているアプリはそれだけでGingerbreadベースのROMを積んでいるX10 Miniにはインストールできないが、できてもANT+心拍計は利用できない。これが理由で外したのはCardiometer ANT+ Heart Rate appHeart Rate LoggerSportsTracker (by STL)

特にSportsTracker (by STL)Web上のヘルプ )については残念で、もしGBをサポートしていればこれを選んだろう。音声による状態読み上げが細かく指定できるようでよい。ANT+準拠の無線心拍計をAndroid 4以降でサポートしている。実際、4.3を載せた父のGalaxy Note 3ではその通り利用できる。サポートのBBSにGBもサポートするよう要望を出してみたPro版は452円

全般的傾向として、アプリに無償版と有償版がある場合、心拍数の単なる表示・記録は無償版で対応していても、ゾーントレーニングのサポートは有償版でのみサポートされていることが多いようだ。必要な対価を支払うのにやぶさかではないが、サブスクリプション型のは避けたい。実際に使ってなくてもどんどん課金され続けてしまうからだ。どうせ有償なら一回の支払いで済む形式のものが望ましい。

Google謹製My Tracksは、設定で心拍計と接続できることを確認しようとしたができなかった。それでもともかく記録を始めてみたらそこで初めて心拍計と接続を試みた。Wikipediaによると2014年にオープン・ソースでの開発を取りやめることになった。いつか”spring cleaning”とかいう名目で開発が打ち切られるのではないか。

そうでなくても機能的に不満が残る。記録をGoogle Driveに残せるのだが、位置データしかない模様。心拍計の推移など、自分がもっとも興味ある部分は、アプリ内で提示されるグラフを見るしかない。

BigFontで表示文字を強制的に大きくした状態でQVGA画面のX10 MiniでSelfloopsを走らせると悲しい表示に

BigFontで表示文字を強制的に大きくした状態でQVGA画面のX10 MiniでSelfloopsを走らせると悲しい表示に

SelfloopsはANT+をサポートしているのだが、TTSがMiniCM 7上ではついぞ動かせなかった。何度見ても設定画面にそれらしい項目がない。何か自分の操作が悪いのだろうか。4.3のGalaxy Note 3ではできたのに残念。

知人に教えてもらったOruxMapsは恐ろしく多機能な、自転車乗りを主なターゲットにしたアプリ(OruxMaps.com)。「神アプリ」と呼ぶ人がいるようだがそんなたいそうな名にも恥じない出来。219円の寄付もできるが、そうでなくても無償で全機能を使用できる。オフラインマップの使用が大きなウリで英文PDFマニュアルではその作成方法に大きな割合が割かれている。データ通信もできないような山奥などまで自転車で行くような人には全くうってつけだろう。

ANT+心拍計はサポートしているしTTSによる読み上げ機能もあるが、残念ながらその間隔が距離でしか指定できない。つまり、あくまで場所を移動しながらの使用が前提になっているため、残念ながら自分の目的にそぐわない。

IpBike ANT+™ Bike Computerも基本はOruxMaps同様自転車乗りをターゲットにしていて、負けず劣らず高機能な模様。ただし、無償版では機能制限があり、機能制限を外すには599円かかる。心拍計の連動させるには、まずIpSensorManというアプリを追加でインストールすることを求められた。

ただ、自分がどう設定しても心拍数の読み上げをさせることができなかった。

ちなみに、父のSamsung Galaxy Note 3にプリインストールされているS Healthというアプリでは、あっさり心拍計を認識して、使えるようだった。

ランナー向けに有名なのはEndomondo, Runtasitc, Runkeeper

その他;

  • ANT+ Heart Rate Grapher いわば公式デモアプリ。単にグラフにするだけ。開発元は同種のアプリを、対象スポーツ競技ごとに出している。
  • Heart Rate Monitor Ant+ 原始的。
  • Fitbeat Heart Rate monitorは”5.3K heart rate chest belt (Polar, Fitcare etc)”と連携する、と言っているので、ダメだろうと思いつつ念のため試したらやはりダメだった。
広告

ANT+準拠の無線心拍計と連携させるAndroidアプリ」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: EndomondoアプリとANT+心拍計を連携させる | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: Kyto社のHRM-2830 BLE心拍計がGalaxy S5から使えた | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. ピンバック: Bluetoothヘッドセットの選定 | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中