HUAWEI E169 USB 3GドングルをドコモXi SIM用にもう1台購入

また買ってしまったHuawei E169 USB UMTS/WCDMAモデム。前回のは白色だったが、それと区別できるよう黒色のものを選択。

また買ってしまったHuawei E169 USB UMTS/WCDMAモデム。前回のは白色だったが、それと区別できるよう黒色のものを選択。

TP-Link TL-WR703N上のOpenWrtで使うためにHuawei E169 USB 3Gドングルを1台購入していた。これにはみまもりSIMカードを入れているが、ドコモXi SIMカード(元々は父用の回線)を挿すためにさらにもう1台購入した。

もうこうなったらマニアと言われてもしょうがない。正直、自分でもなんでここまでこってるのかわからなくなってきた。

前回のは白色だったが、それと区別できるよう黒色のものを選択。

前回購入したのと同じ販売者から購入。$23.60だったが、交渉して送料込みで$20.00にまけてもらった。

Windows 7上でMobile Partnerアプリが無事ドコモXi SIMを認識

Windows 7上でMobile Partnerアプリが無事ドコモXi SIMを認識

Windows 7上でMobile Partnerアプリが無事ドコモXi SIMを認識。

ただしSMS送信については”台湾ROMを積みドコモXi SIMカードを挿したHTC J ISW13HTからSMSを送信する | あくまで暫定措置としてのブログ“に書いたように、ドコモXi SIMカードからSMSを発信する際には、”validity period”を3日にする必要があることがわかっている。Mobile Partnerでは”Storage Period”と呼んでいる。3日そのものはメニューの選択肢にないが、要はそれ未満ならよさそうだ(下図)。この変更をしないとSMS送信はできなかった。

SMS送信するには

SMS送信するには”Storage Period”を3日間以下にすることが必要な模様

前回と同様ファームウェアのアップグレード。

Asteriskのchan_dongleの設定に必要なモデムのIMEIは”Send SMS or Email using 3G/GSM modem – OpenWrt Wiki“を参考に、この記事の末尾に示した方法でわかる…が、Windows上でMobile Partnerに表示させるほうが楽ちんであった。

ところで、chan_dongleでもこのSIMカード(に結びつけられている回線)からのSMS発信するには、上で述べたvalidity periodを特に指定する特殊な設定をする必要がありそうだが、そもそもこのSIMカードからのSMS発信はしないつもり。ドコモでは家族間割引に加入していても、加入者間のSMSには、そうでない場合と同様しっかり課金される。なので特にドコモSIMカードからSMS発信するメリットがない。ちなみに、Auなら家族間は無料のようだし、ソフトバンクにいたっては、ソフトバンク加入者間なら無料という太っ腹ぶり。その点ドコモはちまちま課金する印象。

一方SMS受信の方は、特殊な設定なしにできる。受信できるだけで十分。そもそもこの番号宛のSMSが来る可能性はそもそも極めて低い。

root@OpenWrt:~# picocom -b 9600 -f n -p n -d 8 -r /dev/ttyUSB3
picocom v1.7

port is : /dev/ttyUSB3
flowcontrol : none
baudrate is : 9600
parity is : none
databits are : 8
escape is : C-a
local echo is : no
noinit is : no
noreset is : yes
nolock is : no
send_cmd is : sz -vv
receive_cmd is : rz -vv
imap is :
omap is :
emap is : crcrlf,delbs,

Terminal ready
AT
OK
ATI
Manufacturer: huawei
Model: E169
Revision: 11.314.12.31.00
IMEI: XXXXXXXXXXXXXXX
+GCAP: +CGSM,+DS,+ES

OK

picocomの終了はControl-A, Control-X

SMS Tutorial: Introduction to AT Commands, Basic Commands and Extended Commands

広告

HUAWEI E169 USB 3GドングルをドコモXi SIM用にもう1台購入」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Huawei E169 USB 3GドングルをTP-Link TL-WR703N上のOpenWrtで使えるようにする | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中