Kyto社のHRM-2830 BLE心拍計がGalaxy S5から使えた

以前”Android端末と連動する心拍計 “という記事で以下のように書いた:

そう思って中国Kyto社のHRM-2830というモデルを今年初めに買ってみた(2,500円)。自分のメインの端末はHTC J ISW13HTで、これはBluetooth 4.0をサポートすることになっていたから、合わせて使えるだろうと踏んだのだが、結果としてはダメだった…と思う(自信がない)。ISW13HTにBluetooth探索させるとHRM-2830を見つけられるのが、ペアリングができない(パスコードが合わない、と言われる。パスコードを自力で入力するチャンスは与えられない。Bluetooth Pairingというアプリに望みを託したがやはりダメ)。ISW13HTは確かにBluetooth 4.0をサポートするのだが、BLE Checkerというアプリによると、Bluetooth Low Energy (BLE)には対応していない。これが原因なのだろうか。そうだとはっきり分かる記載はないのだが、HRM-2830が対象としている機種がiPhone 4S以降だというのも、BLEを要求するためと想像される。

今にして思えば、ISW13HTで使えなかったのは単にそれがBLEをサポートしていなかったから。ただ、WikipediaのBluetoothのページのBluetooth v.4.0の項を読むと、「Bluetooth 4.0準拠」と言っていながら、BLEをサポートしない、というのはありえない話のように思うのだが、よくわからない。

このときは、その記事にあるように、自分の持っているXperia X10 MiniがANT+に準拠していることを知って、ANT+準拠の無線心拍計を入手した

さて、最近Au版Galaxy S5 SCL23を入手したが、実はその最大の理由は、GingerbreadことAndroid 2.3ベースのMiniCM7を積んだXperia X10 Mini E10iANT+心拍計との組み合わせでは安定して動作せず、うんざりしたからだ。当然GS5はANT+をサポートすることを確認したうえで選んだ。ではGS5と同じANT+心拍計と組み合わせて使用すると完璧かというと、どうも端末側の問題ではなく、心拍計の方が安定して計測してくれないためにうまくいかないことが多いような気がしてきた。

Bluetoothの設定画面からはBLE心拍計に接続できない

Bluetoothの設定画面からはBLE心拍計に接続できない

そこで以前買ったままお蔵入り状態だった中国Kyto社のHRM-2830のことを思い出し、それを引っ張り出してGS5で使えないか試してみた。BLEでない「普通の」Bluetooth周辺機器と同様にペアリングしようとすると、周辺検索で見つけてはくれるのだが接続できない(右図)。HRM-2830は基本iPhone/iPodをターゲットにしているからか?と思ったが、BLE心拍計対応のアプリ(例えばSportsTracker Running & Biking)で、アプリ内から接続しようとするとあっさりできた。自分にとってはHRM-2830が最初のBLE周辺機器で、しかもそれにマニュアルなどついてこなかったからよくわからないのだが、BLE機器のペアリングはBluetooth 3.0以下の機器とのペアリングとはやり方が違うのか?なんにしろ使えるのならば文句はない。

HRM-2830のBLE準拠ならではの利点は、バッテリ残量もスマホ側に伝えてくれること。ANT+心拍計がうまく動いてくれなかったときには、内蔵電池がヘタってないか確認するために、わざわざMW01SV デジタル電池残量チェッカー 9886abまで購入せざるをえなかったが、HRM-2830ではその必要はなさそうだ。

ANT+準拠の無線心拍計と連携させるAndroidアプリ“を書いたときにはGingerbreadことAndroid 2.3ベースのCM7を積んだXperia X10 Mini E10iで使用することを前提にしており、4.0以降を前提とする最近のアプリは外さざるをえなかったが、4.4のGS5では選択肢がずっと増える。BLE心拍計には対応していてもANT+心拍計には対応していないようなアプリもあり、これも選から外していたが、これらも候補に入れられる。実際に使用する際には、画面を見るのではなく基本音声によるフィードバックで情報を受け取るような使い方を前提にするが、QVGA画面のX10 Miniでは画面が小さすぎて使いづらかったアプリもGS5では快適に使えその意味でも選択肢は広がるだろう。

広告

Kyto社のHRM-2830 BLE心拍計がGalaxy S5から使えた」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Android端末と連動する心拍計 | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: チェストベルトタイプの無線心拍計が安定して動作しないことに対する対策 | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. ピンバック: Bluetoothヘッドセットの選定 | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中