ドコモXperia Z3 SO-01Gのルート化

ルート化のメリットはAndroid OSのバージョンが2.xだった頃に比べると確実に減ってきている。だがAndroid端末を使うようになってきてから全てずっとそうしてきたもんだから、やはりしないとなんか安心しない。

というわけで、知人のドコモ版Xperia Z3 SO-01Gのルート化。弄る前の時点ででAndroidバージョン4.4.4、ビルド番号23.0.B.1.38(参考:”Xperia Z3 Compact SO-02Gのファームウェアが23.0.B.1.38にアップデートされました | 8wired“)。

ルート化のための情報はいろいろあるが、対象としているバージョンが合わないと意味がない。その点、網羅的に説明がある”ケータイ・スマートフォン・モバイル: root root化 Xperia Z3 Z3 Compact SO-02G SO-01G SOL26 401SO D5833 D5803 D6603 更新 新型rootkit“が何度も更新されて、多数の対象Xperia機種、Androidバージョンをカバーしており、信頼できそう。

これによると、同ページのまとめその1bに従うべきとうことになるが、それは実質別記事”ケータイ・スマートフォン・モバイル: root root化 Xperia 2012-2015モデル Z3 Z2 Z1 Ultra Z 更新 新rootkit“のまとめその2bに従うということで、これはまたまた同記事の「最下部まとめ2b」に従う、ということになる。なんともはやヤヤコシイ話だが兎にも角にもこうやってまとめてくださっているのはありがたい。

ルート化自身は結局のところ”キューブ実験室: 【Xperia】各機種ワンクリックroot取得【Z/Z1/Z2/Z3 等】“で提供されてるツールを使用する、ということのようだが、それだけだと、「ric対策」がされてないという。Ricとは”Android – Xperia メモ – なにげにぷろぐらまーWiki“によれば、/systemのマウント・リマウントを監視しているもので、/system領域書き換えのためにrwでマウントすると自動的にリブートを起こすものらしい。

カスタム・リカバリーはそれ対策も含まれているので、その意味もあってカスタム・リカバリー導入を進めている、ということのよう。それについては、”ケータイ・スマートフォン・モバイル: root カスタムリカバリ Xperia Z3 Z3 Compact SO-02G SO-01G SOL26 401SO D5833 D5803 D6603 TWRP 更新 2.8.21“によると、”[DEVDB][TWRP][PhilZ Touch][CWM] XZDualRecovery 2.8.21-RELEASE – XDA Forums“で説明のあるZ3-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.installer.zipをhttp://nut.xperia-files.com/から入手。使い方については以下の通り:

At boot, once you feel the phone vibrate and while you see the green led burn:

  • press VOL-UP for PhilZ Touch;
  • press VOL-DOWN for TWRP.

To enter Vanilla CWM, you will need to use the (free) NDRUtils app from the Play store.

…とまぁ、ちゃんと予習しておけば、結局のところZipアーカイブを2つダウンロードしてそれぞれ展開の後、USBケーブルでPCに端末を繋げておいて、2つのinstall.batを起動で完了…だから時間はかからなかった。TitaniumBackupやらLink2SDやらESFileExplorerやら、おなじみルートアプリ以外に、今回はKitKatということでSDFix: KitKat Writable MicroSDをインストールしたのが今までと違うところか。

さて、SO-01Gについては既にLollipopが提供されている。”Xperia(TM) Z3 SO-01Gの製品アップデート情報“とLollipopへのアップグレード(「OSバージョンアップ」)である製品アップデート情報(2015年7月28日)が23.1.B.1.197であるところを見ると、ドコモ公式のKitKat最後のビルドは23.0.B.1.59で、23.0.B.1.38のすぐ後のビルドのようだ。”NTTドコモ、「Xperia Z3 SO-01G」と「Xperia Z3 Compact SO-02G」のアップデート(23.0.B.1.59)の実施を発表 | juggly.cn“などを見ると、電池使用の改善が改善点のようだ。電池使用に問題があるようならアップグレードを考えればいいと思うが、なければ使用者本人がLollipopを使いたくなった時点でアップグレードしよう。私自身LollipopがKitKatに比べて何がよいのか全く把握していない。”ドコモのXperia Z3・Z3C・Z2、Android 5.0アプデ再開後の評判は上々-充電不具合なども改善か | スマホ評価・不具合ニュース“、”Xperia Z3、Z3 CompactのAndroid 5.0アプデ後の評価、不具合報告まとめ | スマホ評価・不具合ニュース“なんかを見ると、次のアップデート(もしあれば)ぐらいで検討するのがいいような感じ。

アップグレードするのは例によって一筋縄には行かないが、そのときには”Xperia Z3C(SO-02G)にrootedでLollipop(5.1.1)導入できました – どろあそび。[ver.2.0(仮)]“、”Xperia Z3 Compact SO-02G Lollipop ROM flashing【root維持】 – トムとロイド“や”[Z3C][5.0] root化したSO-02GのAndroid 5.0.2 Lollipopアップデート方法【要root化】 | エンジニアの休日“を参考。ただし、これら記事はどれも現在の最新Lollipopについての記事ではないことと、対象機種がZ3ではないのでそこは間違えないよう読み替えなければならない。それら記事で参照されてるprerooted.zipのおおもとは”キューブ実験室: 【Xperia】Z1 Compact化とLollipopアップデートとroot取得を同時に行うprerooted.zip【Z1 f】“。Z3 Compact (Z3C)用のものしか提供されてないようだが、Z3のものは”おっきい方のXperia Z3も手に入れたのでレビューを – どろあそび。[ver.2.0(仮)]“にある。信頼できるかどうかは知らない。

いつか他キャリアで使いたくなったときには単にAu用、ソフトバンク用ファームウェアを焼けばいいと思うが、ドコモによるSIMロック解除対応機種に含まれているのでSIMロック解除手数料:3,000円を払えばSIMロック解除できる?ルート化済みであることが干渉しないのなら。


以下は調査の過程で集めたもの。
Xperia Z3 / Z3 CompactをBootloader Lockedのままroot化する方法 | でこにく

国内盤Xperia Z3 / Z3 Compact (23.0.B.1.13)をroot化する方法 | でこにく

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中