2台持ちを止めSCL23に音声・データ通信を集約する上で課題となるバッテリ問題

おれは2台持ちをやめるぞ!ジョジョーーッ!!“で述べたように、今までの音声のみ用のスマホ+データ回線用モバイル・ルータの2台持ちを止め、スマホ1台(具体的にはAu版Galaxy S5 SCL23)に集約させることにした。これが普通の人のやっていることで、ある意味やっと普通になることになる。実は自分にとっては、かつてAuユーザだったときに1月だけフラット定額をつけてみたときを除いて初めてのこと。ああ、普通ってなんて新鮮。

それで問題になるであろうことがバッテリの持ち。我がSCL23は最初は一日電池が持って感動したのだが、最近は持たなくなってきていた。なので出先ではモバイル・バッテリで補いながら使ってきたが、これが実に煩わしい。テザリングなどやるとさらに電力を消費しそうだ。可能なら、途中で充電する必要もなく一日持つようにしたい。

最初にやるべきなのはインストールしているアプリの整理。なんらかの目的があってインストールしたものの結局使ってないアプリが結構あり、これらが勝手に起動していたりするので何気にこれは大事だろう。

特にテザリングに関しては、電力消費を抑えるためにはWi-FiではなくBluetoothによるテザリングを利用することが考えられる。SCL23側にその機能(PAN)はないようだがGoogle Playで検索してみると、特にEasyTether Tabletが期待できそう(”How to tether Android – EasyTether. Android tethering for Mac OS X, Ubuntu, Fedora, PS3, XBox, Wii, Windows“)。PdaNet+はPANではなくDUNを利用。これ以上は調べてない。

次は、おそらくは単に日々の使用で劣化しているバッテリの容量をいくらかでも回復できるか、ということ。Battery Dr(日-電池 Dr) saverなるアプリがあり、”フルサイクル充電とは?スマホのバッテリー,電池は長持ちするか?[実験,意味] | スマホで困ったときのQ&Aサイト“や”古いバッテリーを復活させるアプリ「Battery Dr」が使えると評判 | 【EXドロイド(エックスドロイド)】“では実際効果があったとしている。

だがこれは非常に疑わしい。私の理解では、フルサイクル充電というのは、バッテリを使い切った状態から満充電にすること。バッテリ残量が20%以下になったところで充電を開始すると、Battery Drが100%にしてくれる、ってことなんだが、それって普通に充電するのと何が違う?しかもバッテリを使い切ったところから充電するわけでもない。それだったら、自分が普段寝るときに充電するときと何も変わらない。

別に驚くべきことでもないが、自分が調べた範囲では、容量を回復することはできないが、Androidが容量を正しく把握しその性能をフルに活用できるようrecalibrationすることはできるし、それは意味があるようだ。基本的には以下の手順を踏めばよいようだ(”clockworkmod recovery – How do I recalibrate the battery of my phone? – Android Enthusiasts Stack Exchange“):

  1. 端末が電池切れで自動的にシャットダウンするまで使う
  2. 端末の電源を落とした状態のまま満充電状態まで充電する
  3. 充電ケーブルを外し、再度端末が電池切れで自動的にシャットダウンするまで使う

How to calibrate the battery on your Android phone or tablet – AndroidPIT“では、満充電状態であることと、電池を使用しきっていることを、それぞれくどく確認しているので手順数が多いが、要は上と同じ。さらにオプションとしてroot権限を要求するアプリを併用し(re)calibrationしているとしているがそれは一体何をするのだろう?もしbatterystats.binを削除しているのなら、それが無意味であることが”Today’s myth debunking: ‘The battery indicator in the status/notification bar…“で説明されている。

いずれにせよ言えることは、普段使いのAndroid端末しか使えないのではこれは簡単にはできないということ。1.のステップで当該端末がシャットダウンした後2.で充電する最中もし電話を受けたりその他の目的でスマホを使用する必要があれば、代替スマホが必要になる。また2.のステップを就寝中にやるのなら、目覚ましをこの端末に頼っているのであれば何か代替手段を用意する必要がある。

そうやって既存電池を最大限に活用できるよう工夫したところで、所詮もうすぐ1年間日々使用してきた電池ではそれによる劣化は避けられない。出先で電池切れを起こしそうになったらどうするか。

実はQualcommが策定した急速充電の規格Quick Charge 2.0というのがあり(ドコモは「急速充電2」と呼ぶ)、”価格.comマガジン 最新スマホ&タブレットに搭載される新技術「Quick Charge 2.0」“によればSCL23はQuick Charge 2.0に対応している(不思議なことにAuの公式スペック表にはその記載がない)。

余談だが、”Quick Charge 2.0搭載機器一覧 | バッテリー | ソニー“によるとXperia Z3はドコモ版、Au版とも対応。しかしZ3 Compactは対応していないことになっている。が、”These Sony Xperia devices support Qualcomm Quick Charge 2.0 | Xperia Blog“を見ると、どうやら日本版のZ3のみ対応、海外版のZ3 Compactのみ対応、と日本版と海外版でZ3/Z3 Compactの対応/非対応が逆転している模様であるのが興味深い。

現在外出先で電池切れを起こしそうになったらモバイル・バッテリで充電している。2011年末に購入した5000mAhを謳うものだ。5V 1A出力のポートを持つが、もちろんQuick Charge 2.0に対応しておらず充電は遅々として進まない。

できれば、例えば外で食事をしている最中に充電が完了するか、そうでなくてもかなり充電されることが望ましい。Quick Charge 2.0に対応したモバイルバッテリーとしてはAukey 大容量 モバイルバッテリー スマホ充電器 10400mAh [Quick Charge 2.0]対応 急速充電可能 (シルバー)PB-T1ぐらいしか見当たらない。このバッテリからの充電だけではなく、このバッテリへの充電の双方がQC2対応ということでなかなかよさげだが、275gという本体重量が引っかかる。上の現在使用しているモバイルバッテリーが145g、モバイル・ルーターWi-Fi STATION L-01Gが186gであることを考えると、かなりひるむ重量。

あと、とりあえずそういう予定はないが、もしACコンセントの利用が許される場所に行くのなら、Quickcharge 2.0対応充電アダプターが何種類か出ているからそれを持ち歩くのは重量的には軽くすむ選択肢かもしれない。

最後の手段が、電池を交換すること。最近のスマホはユーザが自分で電池パックを交換できなくなっていることが多いが、SCL23ではできる。AuによるSCL23のスペック表によればバッテリの容量は2,800mA。例によってAliExpressを覗いてみると、以下のようにそれよりずっと高い容量を謳う製品がある:

バックカバーを取り替えることでさらに大容量のバッテリが使用できるようにしているものが以下:

  • 5600mAh…Amazon.co.jpで売られていておサイフケータイ機能もnanaco以外は使えるとわかっているのは安心感あり。三千円もせず妙に安い。
  • 5900mAh…上と同じ製品だと思われるのだがこちらは1万円超えで値段の差が激しい。
  • 6500mAh AliExpress
  • 7000mAh AliExpress
  • 7800mAh AliExpress

最後に変わり種:

なお、i9600の型番がついた製品を対象にしているものがあるが、これはGalaxy S5クローンで、S5そのものではないので、そういった製品を選ばないこと(そのくせこのi9600向けの製品がAliExpressでは結構ある)。また、潜在的に電波関係に影響があるかもしれない(特に日本のガラパゴス機能であるおサイフケータイ)。

AliExpressのものは容量の数値は本当に信用できない。問い合わせると、知らない、という返事が来るのはマシな方で、商売なんだから嘘ついて当然、とはっきり明言してくることもあり、驚く。

広告

おれは2台持ちをやめるぞ!ジョジョーーッ!!

長い話なので極力端折る。

今年3月に年度末でドコモが大盤振る舞いキャンペーンをやっていたのでそれにホイホイと乗ってしまって沢山回線を作ってしまった。これにはいりもしないカケホーダイ回線を含んで金食い回線が多かったんだが、10月で端末購入サポート縛りが解けたXperia Z3の回線を先日Auにポートアウトし(なので”頭が混乱するAuのSIMカード事情“を書いた)、残ったiPhone 6 2台で2台目プラスを組んでいる状態(正確には来月11月からで、今月10月中はこの2回線にはまだ旧2台目プラスがきいててそれぞれみなしでデータパックSがついている状態)。ただし実際にiPhone 6を使用しているわけではない。そちらの主の方の回線はカケホーダイ+パケットパックSで、従の方はデータ(ルータ)+シェアプション。iPhone 6には3,000円強の月サポが付いているので2回線合計でISP費別で月1,700円くらいの維持費となる(ただし今月10月中はまだ新しい2台目プラスが発効してないので、副回線分の割引が主回線分には適用されず来月11月よりそうなる←151で10/20に確認)。パケットパックSといってもiPhoneボーナスパケットキャンペーンなるキャンペーンで13ヶ月間1GB増量なので(今月から適用←151で10/20に確認)、この間月に計3GB使える。自分だけだと月にデータ使用量が2GBを超えたことないのだが、それ以上使えることにもちろん不満はない。カケホ+3GBなら妥当な出費ではなかろうか(ただし後で述べるようにISP費も別に必要)。

2代目モバイルルーターWi-Fi STATION L-01G

2代目モバイルルーターWi-Fi STATION L-01G

この他にも維持費はユニバーサル料のみのガラケー回線も2本あったりするんだが、それとは別に、もともと父と自分が使うために契約した回線がある(”2013年末に契約したドコモ回線の処理“)。音声回線とデータ回線をあえて分けることで経費を削減してきた。音声回線は月サポが効いてユニバーサル料のみ、データ回線はISP費(今使っているL-01Gはドコモ純正デバイスだがモバイルルータなのでSPモードではなくMopera Uでないといけないらしい)を入れて1,200円/月ぐらい。データ回線の方はモバイル・ルーターで使ってきた。今使ってるのは2代目でWi-Fi STATION L-01G。少し重いが電池が大容量で一日完全に持つのがありがたい。

先のカケホーダイの回線のSIMカードを、自分のメインの端末であるAu版Galaxy S5 SCL23に、小細工でドコモ対応した上で挿して使っている。古くからある音声回線には自分の「公式」の番号が紐付けられているので、そこに着信した呼は無条件にこのカケホーダイ回線の番号に転送している。ちなみに、それに出られないときには、”かけ放題+データ定額回線に無料で留守電機能を付加する“で説明した方法でFusion IP-Phone Smartの番号に転送している。

この2つの転送はドコモが提供しているサービスで無料でできるのだが、SMSの転送はやってくれない。しょうがないので、この音声回線のSIMカードをHuawei E169 USB 3Gドングルに挿し、OpenWrtをインストールしたポータブルルータTP-Link TL-WR703N上で走らせているAsteriskにハングアウトとSMSで転送させている。こちらから電話したりSMSを送ったりするときは、「公式」の番号からではなく、カケホーダイ回線の番号からとなるところがちょっと惜しいが、自分としてはまぁ満足できる構成になっていると思っている。なにせ一番大事なことは「公式」の番号にかかってくる電話を確実に受けられること。いろいろなところで自分の連絡先として登録しているからだ。

…結局話あんまり端折ってないし。まぁいいや。

ローミング設定⇒システム設定の選択肢を「日本」以外にするとよい?

ローミング設定⇒システム設定の選択肢を「日本」以外にするとよい?

音声回線専用のスマホとデータ回線用モバイル・ルーターの2台持ちを長らくしてきて、慣れているものだからそれでさほど不便にも感じない。だが、”2013年末に契約したドコモ回線の処理“にも書いたようにデータ回線の2年縛りがそろそろ解けるために契約の変更とかが12月には必要になることや、カケホーダイ回線に3GB/月のデータパックがついていることもあって、これに集約してみる気になった。つまり2台持ちを止めるということ。ISP契約をつけなければならないが(SCL23はドコモ端末ではないためSPモードは選べずMopera Uでなければならない)、モバイル・ルータのデータ専用回線につけている分を外せば新たに出費が増えるわけではない。Mopera Uは加入時も解約時も日割り計算してくれるのが後押ししてくれる。

ちなみに、実はXi用ISPはSPモードとMopera U以外にもいろいろあるにはある。しかし”NTT docomo LTE Xi 対応プロバイダ & 価格まとめ – NAVER まとめ“を見ると、何かとのセット料金でなければ、ASAHIネットの「ハイスピードモバイル(Xi & FOMA対応)の420円/月(3ヶ月無料)を除くと、料金はむしろMopera Uより高い。自分には、Mopera Uだとdocomo Wi-Fiサービスが追加料金なしで使えるのが大きいので、Mopera Uを選択。Mopera Uをどうせ契約しているのであれば、”docomo Wi-Fiは一契約で2アカウント使うことが可能“にあるようにISPセット割を使って追加料金無料でSPモードも契約し、それでさらにもう一つdocomo Wi-Fiアカウントを取得することも可能。今のところその必要はないが、海外から遊びに来た友人に使えるようにしてあげるのはよいかもしれない。

さて、そういうわけでMopera U契約をつけてみたが、やはりSCL23がドコモ純正端末でないために以下のような細かい問題が起こった:

  1. ドコモネットワークへの接続が不安定になること、と
  2. テザリングがうまくいかないこと。

音声回線だけをドコモ対応にしたときには、サービスモードメニューで操作した後は再起動しても安定してドコモ電波を掴んでいたのだが、Mopera UのAPNを追加した後、モバイルデータ通信をオンにするなりドコモの電波を全く掴まなくなって、再起動しても回復しない。サービスモードメニューで再度設定し直すと回復するのだが、サービスモードメニューでの操作はともかく手間だ。根拠は全くないのだが、図になるようにローミング設定⇒システム設定の選択肢を「日本」以外にする(図参照)とよいような気がしている。少なくとも、ドコモの電波を掴まなくなった際、ここの選択肢を換える(「日本」以外で)と回復することがあった。サービスモードメニューでの操作は面倒なので、本当にそういう効果があるのならそれだけでも意味がある。とにもかくにも今は安定している。

追記:Root化済みGalaxy端末ならアプリから簡単にサービスモードメニューに入れることが後になってわかった。

追記2: ローミング設定が「海外(LTE)」にしていると3G/LTEの双方につながり、「海外(3G)」にしていると3Gのみに繋がるようだ。もちろんローミング中ではないときの話。「モバイルネットワーク」設定画面で「4Gデータ通信」チェックボックスにチェックを入れていても、だ。電池を節約するために3Gに固定することを選ぶ人がいるようだが、SCL23ではこれで実現できる模様。

テザリング設定で「マイデバイスを非表示」のチェックを外しておかないとSSIDがブロードキャストされない

テザリング設定で「マイデバイスを非表示」のチェックを外しておかないとSSIDがブロードキャストされない

テザリングも最初は全くうまく行かなかった。テザリングを有効にするとすぐ勝手に無効になった。”au Galaxy S5 SCL23を非rootのまま格安SIM(OCN,IIJmio)でテザリングした – ときどきスマートフォン“を参考に、Mopera UのAPN情報のうち、「APNタイプ」をあえて空白にして保存した後にはテザリングできるようになった。ちなみに、その後APN情報を見ようとした段階で、なぜかその「APNタイプ」は勝手にまた元の値で置き換えられてしまう模様。なので、見てしまったら「APNタイプ」を再度空白にして保存し直さないとまた同じ問題が発生する。

あと細かい問題であるが、Wi-Fiテザリング設定で「マイデバイスを非表示」のチェックを外しておかないとSSIDがブロードキャストされない。つまりステルスSSIDになる。確かデフォルトではチェックが入ってて、「マイデバイス」が何を意味しているのかよくわからなかったのでそのままにしていたら、SSIDが他のデバイスから見えず混乱した。一般人の使用を前提にするならこれはチェックが外れてるのがデフォルトであるべきではないのか。あと表現をわかりよいよう工夫して欲しいところ。

さて、これでSCL23がドコモ純正端末でないことに起因する問題は解決したと思うのだが、そうでない大きな問題がある。それはバッテリの持ち。これについては稿を改めて検討する