海外から来日する友人のためのデータ通信用SIMカード

標準サイズのb-mobile 1GB定額のSIMカードをモバイルルーターAterm MR02LNで使えるよう自力でマイクロSIMカードサイズにカット

標準サイズのb-mobile 1GB定額のSIMカードをモバイルルーターAterm MR02LNで使えるよう自力でマイクロSIMカードサイズにカット

今月末頃から来月はじめにかけて海外から恩人やその関係者がやってくる。彼らのためにデータ通信SIMカード2枚を用意しなくてはならない。モバイルルーターはたまたま2台余っているのでそれを使う(処分するつもりだったがそうしてしまう前でよかった)。本当は一人ずつに用意したいところだがさすがにそうは行かない。行動をともにしそうなユニットが2つなのでそれぞれにモバイルルーターを1台ずつ貸し出す。

1枚目は『DTI SIM』 半年タダでお試し!キャンペーンで既に入手済み。彼らが去った後は自分で無料期間中使い続けるつもり。彼らがいる間は、自分自身は先日入手した0 SIM by So-netを使う。行動は基本彼らとともにするつもりだが、自由行動になることもあると思うので、彼らに貸し出すモバイルルーターを通してではなく、自分自身でデータ通信できるようにしておかなければならない。

もう1枚については、2011年末頃に入手した日本通信のb-mobile 1GB定額を使うつもりをしていた。当時、今は亡き父に急になにかがあったときに、外出先からもあちこちに連絡ができるようにと入手していたものだ。FOMA対応でLTE対応ではなくても、SIMロックフリーのAterm MR02LNなら問題なく使えるし、スピードの問題も気になるほどではないだろう。今後これを使う機会はあまりないと思っていたので、ちょうど有効活用できていいと考えた。

ただ、SIMカードのサイズが標準サイズであったため、MR02LNで使えるようカットする必要があった。慎重に慎重を重ねて自力でカットし(写真)、MR02LNに挿入してみても「圏外」の表示。APN情報を入れてもダメ(ちなみに、”APN設定一覧|データ通信SIM“に掲示されているAPN情報は、パッケージにあるものとAPNが異なる)。FOMA対応、つまりWCDMA/UMTSに対応した手持ちのスマホ複数台に挿入してみても同じ結果。APN情報が誤っているなどして実際には通信できなくても、少なくとも「電柱が立つ」ものだが、それすら起こらない。

これはカットの際に損傷させてしまったかと思ったものの、念のため日本通信のカスタマサポートに電話。SIMカードの結び付けられている番号を尋ねられ、答えると、「初期不良の可能性があります」、と。自分が試して接続できないから、なのではなく、初期不良のあるロットを日本通信側で把握していて、その一部に該当することがわかったから。つまり、自分がカットする前から不具合があった可能性があるということ。

返送すれば、無償で交換する、とのことだったが、どうせわかることだから、と、もうカットしてある旨を告げると、その場合は保証外で有償となり、よくある3,000円ほどかかる、とのこと。それならばもう既に時代遅れのこのSIMカードではなく、他のものにした方がいい。

では代わりをどうするか。今にして思えばパナソニックのMVNO「Wonderlink」のゼロ円スタートキャンペーンがちょうど期間的に利用できたが、これが発表されたときはそこまで頭が回らなかった。

通常海外からの旅行者が利用するであろうプリペイドプランと、日本在住者を対象とした通常プランの双方を検討した。以下を参照した。

一週間弱の滞在で、宿泊先では全てwifiが使えるので、全部で1GBもあればおそらくは用が足りると踏んでいる。ただし通常プランを考える上では、月をまたがるため二ヶ月間の使用になることに注意しなくてはならない。

総量1GBを基準に調べてみると、プリペイドのものではFREETELのPrepaid SIM for JAPAN (1GB Data SIM (nano)) 1,780円(+税)がおそらくもっとも安く、これが判断の基準になる。JP Mobileなる聞き慣れぬ名の会社のプリペイドSIMカード 3.0GB高速インターネット8日間が1,598円(+税?)で条件がよりよいように思われたが、同社の同様の製品ともども、スピードが遅いと評価は軒並み低いのでパス。

実はそのMR02LNの購入時に、OCN モバイル ONEのパッケージもついてきたので、初期費用なしで利用できる。しかし、月額料金は決して安くない上、ウェブサイト上では確定的にはわからなかったが、6ヶ月縛りが存在するようで、自分の用途に適さない。

アマゾンには「SIMカードストア」なるセクションがあり、そこでAmazon.co.jp: 【Amazon.co.jp限定】DMM mobile SIMカード データ通信専用 nanoSIM が540円で出ているDMM mobileのプラン・料金表を見ると、1GB/月で590円。2ヶ月使用でざっくり合計1,700円強で、上のFREETELのPrepaid SIM for JAPAN (1GB Data SIM (nano)) 1,780円(+税)とほぼ同額になる。もしここで契約の休止ができればこちらに決めたと思う。今後もときどき来客用のデータSIMカードが必要になることがあると思われるからだ。しかし、DMMヘルプを見てもそれらしい記載が一切ないところをみると、解約するしかないのだろう。

とまぁうだうだ悩んだ挙句、結局『DTI SIM』 半年タダでお試し!キャンペーンを再度利用。ただし同一名義では一度しか利用できないので、友人に代わって契約してもらった。ただし、今度はSMS機能付きを選択。来客が帰った後、入院予定のお知り合いに入院中使ってもらうつもりもあるので、それにも使えることだしこれでよいかと。

ところで、先のアマゾンのSIMカードストアを見ていて見つけた面白いのがDIS mobile by U-mobileエントリーパッケージSIM(マイクロ、ナノ、標準、VoLTE)データ通信/音声通話 月額790円~ 速度制限なし&最低利用期間なし&契約手数料なし&開通月無料。DIS mobileなんて聞いたこともなかったが、ダイワボウ情報システム株式会社がいろいろなところと組んで提供しているサービスの一つのよう。高速通信が使いたい放題で2,480円/月というのはウケる人にはウケそう。

広告

0 SIM by So-netを入手

「デジモノステーション2016年2月号」付録の0 SIM by So-netをヤフオクで入手

「デジモノステーション2016年2月号」付録の0 SIM by So-netをヤフオクで入手

デジモノステーション2016年2月号」付録の0 SIM by So-netを入手した。これについては”業界初!499MB/月が無料の「0SIM (ゼロシム) by So-net」注意事項などまとめ“が詳しい。

この手のニュースには目を通しているつもりでいたが、新年も3日過ぎるまで知らなかった。昨年12月25日頃発売だったようで、それから本屋で入手しようとしても絶望的。やむなくヤフオクで探したが、肝心の付録つきの「デジモノステーション2016年2月号」はほぼ2,000円で出ている。送料込みの2,060円で落札。

3カ月間連続でデータ通信のご利用がない場合は自動解約となります」というのは要注意だが、初期手数料なしで月500MBまで無料というのは使いでがある。仮に5GBまで使っても1,600円。自宅サーバー用(といっても全然大したことはさせてないんだが)のバックアップのインターネット接続手段として、あるいは、3G通信対応タブレットが単独でインターネット接続できるように使用するつもり。あるいは、海外から来る友人に日本に滞在している間使わせてあげてもいいだろう。

海外の友人が使う場合を除いて、いずれの用途にしろそもそも大量のデータ通信量は必要ない。なにせ自分の一月のスマホのデータ通信量が1GBを超えるかどうかも怪しい程度なのだから。非常時のバックアップ通信手段としては、IoT用途を想定したSORACOM Airも検討していた。リーズナブルな料金体系だと思うが、使用量いかんに関わらず基本料金が月300円ほどかかってしまう。だとすると、この0 SIMなら7ヶ月で元が取れる。正価でデジモノステーションが買えていればこれが2ヶ月になったと思うとちと悔しいがしかたがない。b-mobile 3G・4G 基本料0円SIMを検討したこともあるが、0 SIMに比べると、それを正価の3倍以上で落札したことを加味しても、あらゆる面で劣る。

折しも、月3GBのDTI SIM 半年無料お試しキャンペーンをやっている(最初の事務手数料3,000円はかかる)。既に終了したが、mineo(マイネオ)が破格のドコモ回線プランスタート記念キャンペーンをやっていた。このようなキャンペーンはMNVO事業者でこれからもあるだろう。無料期間が終われば解約して他の無料ないし低価格キャンペーンに切り替え、を繰り返すことも可能だろうが手間だ。3ヶ月間全く使わずに自動解約されてしまうことさえ避けられれば、今回の0 SIMは手間がかからないいい選択肢といえる。

なお、”ケータイ番長: スクープ!その買い物ちょっと待て!超話題のデジモノステーションのタダSIMが公式サービスに!“にあるように、”よくある質問 | 0 SIM | So-net モバイルサービス“というページが既に存在しているので、一過的コラボキャンペーンではなく、ちゃんとしたサービスとなる可能性も高そう。

フレッツ光契約で貯まったポイントの消化

Club-NTT-West-Logo2014年8月から使用しているNTT西日本の「フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」サービスで付与されたClub NTT- Westのポイントの累計が7055ポイント。次は、契約開始より2年後の2016年8月に6,000ポイント付与予定…だが、これが受けられるためには新たに2年縛りを受けなければならない(要確認)ので、それを嫌うならこれ以上ポイントは増えない。なのでどうこのポイントを消費すべきか検討。

候補は以下の3つ。

この中では最初WG300HPに惹かれた。2.5GHz帯にのみ対応で5GHz帯に対応していない、今の基準では明らかに旧式ではあるものの、USBポートがあるからだ。ファームウェアをOpenWrtに書き換えたらUSBポートに外部機器を繋いでいろいろできて…という皮算用だったが、上記3機種についてはどれもOpenWrtが対応しているという情報は見つけられなかった。唯一WRC-733FEBK-Aについては、”jbit’s blog: Elecom WRC-733FEBK Custom Firmware: Part 1 – Investigation“という記事は見つかったので将来的には可能性があるが、少なくとも現時点では完成には至ってない模様。

それではもうOpenWrtを使ってムフフ…ということは見込めないので、それならば若干持ち出しがあるが基本性能の高いAterm WG1200HSが無難な選択と結論づけた。現在価格.com – 無線LANブロードバンドルーター 人気売れ筋ランキングで1位。

ちなみに、”Aterm WG1200HP/WG1200HS バージョンアップのお知らせ | お知らせ | AtermStation“が告知されている。

ソフトバンクのシンプルスタイルを機種持ち込みでSIMのみ契約できるか—しかもポート・インして

ソフトバンクのプリペイドサービスであるシンプルスタイルSoftbank-Logoを機種持ち込みでSIMのみ契約できるか、しかもポート・イン(MNPで転入)して、というのを調べた。

[シンプルスタイル]シンプルスタイル(スマートフォン)はSIMロック解除をした他社携帯電話機で契約できますか? | モバイル | ソフトバンク“では可能としている。ポート・インに関しては、「iPhoneは…のりかえ(MNP)の場合のみご利用いただけます」という記載があるのでできそうだ。念のためソフトバンクのカスタマーサービスに電話で問い合わせると、機種持ち込みでポート・インは可能、ただそれが可能な店舗は把握していない、という呆れるお返事。

個別に問い合わせると、ソフトバンクヨドバシ梅田では扱っておらず、ソフトバンクグランフロント大阪ではOKと。近畿で唯一の直営店なので当然か。事務手数料3,000円(税別)のみで受信のみなら可、と言うのだがたこれは疑わしい。Wikipediaにある記述の通りチャージしなければ受信もできないのだろう。だとするとざっくり1年間で(より正確には14ヶ月ほど)で6,000円。

最近のeo光の機器構成

eo光ちょっとeo光を見直してる。今のフレッツ光隼に乗り換える前はeo光を利用していたが、2年もたたないうちにかなり様子が変わったようだ。

以前はフレッツ光でもONUだかCTUだかと、有線LANルーター、そして光電話アダプタの3機種構成が標準で、wifiが欲しければ別途自分で無線LANルーターを用意する必要があった。今のフレッツ光ではそれがONU一体型ひかり電話対応ホームゲートウェイGE-ONU PR-500MIに「ほぼ」一体化されている。「ほぼ」なのはWifi機能がデフォルトではないからだが、それは別途レンタルできるカードを挿すことで追加できる。

eo光の場合、eo光多機能ルーター(eo-RT100)に「ほぼ」ではなく「完全に」集約されている模様。Wifi機能は有料オプションだが、そのためにGE-ONU PR-500MIのように、ハードウェアを別途追加したりはしないようだ。

GE-ONU PR-500MIと同様、ひかり電話機能をスマホのSIPクライアントから利用することにも対応している。ただし、LAN内からの利用のみが想定されている。頑張ればWANからも利用できるようにできるし、かつてそのようなことは試みたことがあったが、特に今後それをするつもりはない。Asteriskサーバーにレジストさせて自動応答させるくらいか。

ONU一体型ひかり電話対応ホームゲートウェイGE-ONU PR-500MI

2014年8月から自宅でのインターネット接続のため、それまでのeo光に替わって、NTT西日本の「フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」サービスを利用している。それで貸与されているONU一体型ひかり電話対応ホームゲートウェイGE-ONU PR-500MIについて、いじってみようかと以下に情報を集めていた。しかし、どうもそれをする前に解約しそうなので、不完全な記事だがそのまま公開する。


eo光のONU(左)に比して、フレッツのひかり電話対応ONU一体型ホームゲートウェイ(右)の威圧感が半端ない。

eo光のONU(左)に比して、フレッツのひかり電話対応ONU一体型ホームゲートウェイ(右)の威圧感が半端ない。

最初にお読みください

スマホdeひかり電話 | フレッツ光公式 | NTT西日本

USBポートが2つも前面にある。”情報機器ナビゲーション“の最下部には以下の様な記載がある:

本商品のUSBポートに接続してご利用できる機器はございません。(2014/04/01現在)

しかし、”情報機器ナビゲーション“から入手できる詳細なHTMLマニュアルの中には、USBストレージデバイスを接続させると、Windowsネット共有できるというような記載がある。が、このページはトップのindex.htmlからはリンクが張られていない。さらに、USB通信機器にも対応しているような記述がある。

【NTT】フレッツ光・ひかり電話対応ルータ Part22