Teclast X98 Air 3GのAndroid 4.4側でMVNOのSIMカードが使えない

今年はじめに海外から来日する友人のためのデータ通信用SIMカードとして半年間無料キャンペーンをやっていたDTI SIMのデータ通信専用SIMカードを2枚用意した。客人が帰国した後は、SMS機能付きのは自分のスマホに入れて常用している。しかしSMS機能なしのは余ってる。もったいない。ほぼ1年ほど前に購入したTeclast X98 Air 3G Dual Bootに3G通信機能があるのでこれで利用できないか、と考えた。外出先ではいちいち自分のスマホでテザリングをしなくてはならないのは手間だ。それが省けるのなら嬉しい。

自分のTeclast X98 Air 3Gはデュアルブートシステムであり、Windows 8.1側では問題なく使えた。が、Android 4.4.4側で使えない。SIMカード自身は認識している。これでは意味がない。現状では外出先ではAndroidを使用するので。

併用するBluetoothキーボードは用意しているんだが悲しいかな老眼で9.7インチの画面で書きもの等するのはキツイ。結果として純粋にタブレットとして使用することがメインになってる。それだとやはりAndroidの方がWindowsより使いよい。

そういう結果になる可能性が高いということは、取り掛かる前から以下より予想はしていた。同じドコモのMVNOであってもFreetelやワイヤレスゲートなどの特定のもののSIMカードでないとAndroid側で使えないようだ。

解決策も見つからず諦めることに。仮にうまくいったとしても所詮3G接続しかできないので、LTE接続するスマホかモバイルルーターを介したほうが接続スピードは出るし、と自分に言い聞かせよう。

実は0 SIM by So-netのSIMカードも余ってるんだが、これで再度挑戦する気合はない。Teclast X98 Air 3Gは筐体の側面からSIMカードをむき出しで挿入するようになっているのだが、nano SIMカードにアダプタを介して標準サイズにして入れるのは、引っかかって取り出せなくなる可能性があるので怖くてしょうがない。

付記:今回は利用できなかったが、参考になりそうな資料:

広告

Teclast X98 Air 3GのAndroid 4.4側でMVNOのSIMカードが使えない」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Teclast X98 Air 3G Dual Boot (C9J6) のBIOSアップグレード及びAndroidのKKからLollipopへのアップグレード | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中