みまもりが主目的の体重計

スマート体組成計 301SI(画像はソフトバンクのサイトより)

スマート体組成計 301SI(画像はソフトバンクのサイトより)

ソフトバンクの「スマート体組成計 301SI」製造元のセイコーソリューションズの用意しているこの製品のウェブページ)の2年縛りが今年後半に終了する。現在は割引が適用されていて、基本使用料は無料(ユニバーサル使用料2円/月はかかってるかも)でSMS通信費がそれに追加でかかっている。しかし、2年縛り終了後は基本料金として590円/月かかる

自分は実は確か事務手数料無料、本体代金無料の条件で3台分契約した。そのうち1台は自分で利用していて自分の体重等の管理に有効利用している。残りの2台のうち1台は知り合いのお母様のところで使われている。そこでは普通に体組成測定の役目だけではなく、みまもりの役目も果たしている。というより、そちらの方が主目的だといっていいだろう。301SIでは、それで測定するたび、その結果の一部を自動でSMSで指定携帯番号に送るように設定できる。それを利用して、お母様が体組成計を利用するたび、お母様ご本人ではなく、知り合いである娘にSMSを送るようにしているのだ。これで娘はお母様が、少なくとも体組成計をご利用できるほどお元気であることがわかる。

当然自分用のは更新月に解約する予定だが、この知り合いのお母様については、既にご高齢であることもあり、みまもり機能は捨てがたいようだ。どうするかを考えなければならない。

まず、普通に契約を更新してしまうと、次の2年間のみで以下の費用がかかってしまう(消費税が今の8%のままだと仮定して)。

590 x 1.08 x 24 = 15292.8

つまり1万5千円を超えてしまう。これはさすがにバカにならない額だ。この額で終わるわけではなく、契約を続ける限り維持費が累積していくことを考えるとなおのことだ。

ドコモ3G(FOMA)SIMカードを挿して起動するとまずこの画面が点滅

ドコモ3G(FOMA)SIMカードを挿して起動するとまずこの画面が点滅

続いて「エラー」が点灯したこの画面に

続いて「エラー」が点灯したこの画面に

最初に考えた代案は、維持費の安い他の音声回線で代用すること。3G通信の互換性からソフトバンクのもの、あるいはドコモのものが候補になる。301SIは測定データを自動的にソフトバンクのデータ回線を利用して、ソフトバンクのヘルスケアサービス SoftBank HealthCare(ソフトバンク ヘルスケア)に自動的にアップロードしてくれる。この機能はドコモのものであれば当然利用できないだろうし、ソフトバンクのものでも301SI専用のSIMカードでなければ利用できるか非常に怪しい。というかまず無理だろう。しかし、ここではSMS送信機能が使えることが重要なので、そこはどうでもよい。

むしろ、301SにはSIMロックがかかっているという噂の方が問題。維持費月2円のドコモ3G回線を2本持っているのでそれが使えれば…と都合のいいことを考えたが、ダメ元でSIMカードの挿し替えを試してみると案の定写真のようにエラー表示が出る。単なる噂ではなく事実だと考えてよさそうだ。

この方向でもさらに検討を進めてみるつもりだがそれは別稿に譲るとして、さしあたり他の体重計/体組成計に置き換える場合を以下では考えてみる。

体組成計も、家電全般の例に漏れず、「スマート化」が進行している。通信に携帯事業者によるデータ通信を利用するものはそれこそ301SIぐらいで極めて例外的。NFCやBluetoothを利用したスマホ連携機能を持つものがあるが、達成したい目的にはそぐわない。単に体組成計に乗るだけで通知が行われることが重要なのであり、スマホを持ち出して通信させる、などという余計なステップが入ったのでは目的が損なわれてしまう。そもそもお母さんはスマホをお使いになってない。

そうすると同じ無線通信でも、wifi機能があるものである必要があるが、ざっくりアマゾンで調べてみると要件を満たすものは1万円台中頃以上のお値段(この検索結果に現れるそれより安いものはwifi機能がない)。なぜかタニタの製品がリストされないが、”TANITA WiFi対応の体組成計 BC-508を買ってみた – MuraSato’s blog“で扱われている体組成計 BC-508(ホワイト)も存在する。ちなみに、全般的に、意図的なのか偶然なのかまではわからないが、ちょうど301SI契約を2年間維持したのと同じ程度の価格帯。

日本ではオムロンはこの手のヘルスケア製品で有名だが、その体重体組成計 HBF-253W カラダスキャンはwifi機能であるものの「在庫限り」ということで、どうも最近はwifiではなくNFCやBluetoothによる通信の方に重きをおいている模様。

さて、この手の製品はwifi機能があるのでデータを自動でどこかにアップロードする機能があるのだが、新たなデータのアップロードがあったときにそれをメールなり何なり通知してくれる機能がなければ意味がない。これについてはきちんと調べてないが、例えばHBF-253Wのマニュアルを見てもそういう機能はなさそうだ。そもそも体組成計をみまもり目的に使うという使い方のほうが普通でないので、しかたがないことなのかもしれない。自分でモニターするプログラムを書くことも考えられるが手間だ。ひょっとすると対応スマホアプリで通知してくれるかもしれないが、通知が充分迅速に行われるか保証はない。

その中でもユニークだったのがCovia ネットワーク対応 超薄型多機能体重計 WBS01。これは特定結果をTwitterに自動投稿してくれるのがウリで、それなら目的は達成されるが、レビューを読むと現在それは機能しなくなってるという。おそらくはTwitter側の仕様変更によるものだろう。

どうせ自分でいくらかでもプログラムを書くのであれば、SDカードにデータを書き込む形式の体組成計を利用する方法がある。例えばTANITA 【SDカード搭載】 & 【乗った人をピタリと当てる「乗るピタ機能」搭載】 体組成計 インナースキャン グリーン BC-569-GRで5,600円。もちろん普通のSDカードを使っては意味がなく、例えば東芝のwifi機能付きSDカードFlashAirと併用する。というのは、FlashAirに限らずwifi機能付きSDカードは同一製品のOEM製品であるようで(参考:”Flucard | OSAKANA TAROのメモ帳“)、これら製品はハックすることが可能であることが知られている。特にFlashAirについては”FlashAir Developers“というウェブサイトまで用意されていて、公式にそういったハッキングが推奨されている。

FlashAir製品はいろいろあるが、最新のW-03でも容量8GBのものが1,490円で出ている。自分でプログラムを書く手間をいとわないのであれば、体組成計と合わせて8,000円強。壊れない限りこれがずっと使えることを考えると悪くない出費ではなかろうか。

このようなFlashAirの使用方法を実現するにはLuaが利用できるFlashAir用独自機能にはMailSend関数も用意されているし、SDカードへのファイル書き込み時にLuaスクリプトを実行させる方法も用意されているので、もし体組成計が使われたときのみSDカードへの書き込みが起こるのであれば、そのことだけをメールで通知するようにするのは簡単そうだ。書き込まれたデータの読み出し(体重などの測定結果)が簡単かどうかはわからないがそれもさほど大変ではなかろう。

超ショックな追記:やすひでぶろぐ : TANITA BC-569でWi-Fi SDカードが使えない“によれば、

SDカードには書込時のみ給電されるとのこと。
体組成計の電源がオンでも、SDカードには常時給電はされていないそうな。

だそうだ。ブリリアントなアイディアだと思ったのに…ダメかぁ!

FlashAirをスマホに搭載してみた。w: じむの(とりあえず)やってみたの巻“のようにFlashAirのために外部電源を用意した強者もおられる。SD to SD card extension cable PVC material for car GPS and car DVR support 32GBなんかを利用すればいくらかは楽かもしれないが、流石にそれまでやる気合はないなあ。

広告

トリプルSIMカードアダプタをガラケーで

トリプルSIMカードアダプタ

トリプルSIMカードアダプタ

スマホで利用しようとして入手したトリプルSIMカードアダプタが思うように動作しなかった。それはしょうがないとして、ガラケーで利用できたりしないのだろうか。

結論としてはできる。ただし、そのガラケーがSIMロックフリーの場合…だと思う。自分の場合、ヤフオクの業者でSIMロック解除済みの740SCで普通に利用できた。

740SCでトリプルSIMカードアダプタを利用するにはSIM1用端子を先にカードホルダーの下をくぐらせ、SIM1のSIMカードに固定しなければならない

740SCでトリプルSIMカードアダプタを利用するにはSIM1用端子を先にカードホルダーの下をくぐらせ、SIM1のSIMカードに固定しなければならない

ただし、スマホではないのでSIMカードの切り替えがソフト(アプリ)でできるわけではない。一旦スマホで設定した特定のSIMカードが利用できるだけ。また、SIMスロットの形状によっては、SIM1とアダプタのSIM1用端子部分との接触方法を工夫しなくてはならないかもしれない。740SCの場合、SIM1用端子を先にカードホルダーの下をくぐらせ、SIM1のSIMカードに固定しなければならなかった(写真参照)。

SIM2用、SIM3用カードスロットが筐体の外に出る形になる

SIM2用、SIM3用カードスロットが筐体の外に出る形になる

ソフト(アプリ)でSIMカードの切り替えができないのなら何がうれしいの、という話になる。何かテストをしているような状況で、SIMカードを切り替える必要がある場合、いちいち筐体カバーを開け、バッテリーパックも外しその下にあるSIMスロットをアクセスするのは手間だ。SIMアダプターを利用して筐体外にあるSIMスロットが生きている状態であれば、SIMカードの取替は非常に簡単になる。このようなことは別にトリプルSIMカードアダプターある必要はなく、デュアルSIMカードアダプターでも全く同じことができる。

そのような極めて特殊な状況でのみ意味のあるセットアップだが、そういう状況にあるときには有用かと。

トリプルSIMカードアダプタが思うように動作しない

追記(8月28日):以下の記事での実験では、音声通信用SIMカードとして、FOMA用SIMカードを利用したが、これが諸悪の根源だった可能性がある。なぜなら、”SCL23はSIMロック解除状態でもFOMA SIMカードが使えない?“でわかったように、SCL23では何をどうしてもFOMA用SIMカードが利用できないようである(確信はないが現時点での推測)のと、SM-N9005では「WCDMAのみで通信」というふうに設定しないとFOMA用SIMカードが利用できないからである。そこに注意を払わずに以下の実験をしたのであれば、当然正しい結論は出ない。


トリプルSIMカードアダプタ

トリプルSIMカードアダプタ

トリプルSIMカードアダプタを入手した。それで何ができるかは末尾のビデオをご覧いただきたい。例によってAliExpressで$5.01で購入。”FS-02″という型番らしいものがプリントされている(写真参照)。現在の自分のメイン端末であるAu版Galaxy S5 SCL23での使用を前提にしていた。

SIMスロットへの挿入方法にコツが必要で(後述)そこで手間取ったが、一旦コツがつかめると安定して動作するようになった。ただ、自分が使いたかったような構成では思うように動作してくれない。

Galaxy S5 SCL23に装着したトリプルSIMカードアダプタ

Galaxy S5 SCL23に装着したトリプルSIMカードアダプタ

期待通りの動作をするのは、使用するSIMカードが全て音声通話機能のある回線のそれであるとき。1枚目(以下「SIM1」と呼ぶ。これはマイクロSIMカード)はアダプタの端のフィルムと重ねて端末のSIMカードスロットに入れなければならないので、これは必ず存在しなくてはならないが、2枚目(以下「SIM2」。これはフルSIMカードサイズ)、3枚目(以下「SIM3」。同じくフルSIMカードサイズ)は装着していなくてもアダプタは動作する。また、どうやらSIMカードが物理的に破損しているのでなければ、SIM1を含め、回線契約が既に終了しているものを使ってもアダプタ自身は動作するようだ。もちろんそんなSIMカードを、Three SIM Cardアプリで選択しても音声通話はできないが。

ちなみに、自分がこのシナリオで使用したのは、全てドコモの(そのMVNOの、ではなく)純正SIMカードで、しかもデータ通信が全くできない(すなわち、そもそもSPモードやMopera Uの契約がない)状態のものだった。データ通信が絡んでくると、後で述べるようにAPNの切り替えが問題になっていたかもしれない。

ここまではよい。問題は、SMS機能付きのデータ通信専用DTI SIMのSIMカードを、このアダプタで使用する3枚の1枚にしたとき。このときは、何をどうしようと、このSIMカードが選択されてしまたままで他の音声SIMカードに切り替えができなかった。具体的には、以下のどれをやっても実際には切り替えが起こらなかった。Three SIM Cardアプリ上では切り替わっているように見えても、だ。

こうなると悔しいが諦めざるをえない。

ちなみに、SCL23はそもそもデフォルトではドコモバンド対応ではなく、小細工でそのようにして使っているのでそれが悪影響を及ぼすのは避けたかった。そこで、国際版Galaxy Note 3 SM-N9005でテストした。なお、SCL23でデフォルトの状態に戻し、余ってるAuのLTE SIMカード(非VoLTE対応)でアダプタを使用することも試みたがうまくいかなかった。ただしこれは何度も確認していない。もちろん、アダプタを併用せずに単独でSIMカードスロットに挿入した際は普通に使えた。

そもそもこの製品の想定していた使い方はこうだ。携帯電話通信費の削減のため、音声通信専用の契約をデータ通信専用の契約に分ける。これを普通にすると2台持ちになるが、この製品を利用することでスマホ(具体的にはSCL23)一台に集約できる、と踏んだ。アダプタの制限で2回線を同時待受はできないが、以下のようにすれば支障はないはず。通常はデータ通信用SIMカードを生かしておく。その間音声通信用SIMカードは死んでいるが、スマホでIP電話(例えばFUSION IP-Phone SMARTドコモのユーザだったとき留守番サービス代をケチるのに利用していたのでそれがそのまま利用できる)の待受を常時しておき、音声回線では「不在」の際そのIP電話番号に転送するようにしておく。そうすると、データ通信用SIMカードを生かしている間でも電話は受けられる。電話をかける必要があるときのみ、音声通信用SIMカードに切り替える。

これは、特にその音声回線でかけ放題契約をすることを想定していた。その場合音声回線の番号からIP電話番号への転送費が追加で発生しないのでなおのこと好都合。気になったのは音声回線の番号宛へのSMS。SMSについては携帯事業者の方で自動的に転送などはしてくれない。しかたなく妥協策として、データ通信用SIMカードとしてSMS機能付きのDTI SIMを利用することにした。もちろん、音声回線の番号とは異なる番号となるが、そもそも自分にSMSを送ってくる可能性のある人は親戚2人だけなので、彼らに理解を求めよう。セルスタンバイ問題を考えなくても済むし、なおいいか、と。

これだけであったらデュアルSIMカードアダプタで用が足りるはずだが、あえてトリプルを選択したのは、0 SIM by So-neのSIMカードにも切り替えられるようにしたいと考えたから。

しかし、取らぬ狸の皮算用と現実はいろんな点で異なってしまった。まず、ちょうど更新月にかかった自分の「公式」携帯電話番号をソフトバンクのガラケーのりかえ割を利用してMNPしようとしたところ、なんと最後の最後に総合判定で蹴られてしまった。いまだに理由がわからない。その少し前にクレジットカードの一種である京都ぷらすOSAKA PiTaPaカードやもう一種のクレジットカードの審査には通っているし、ソフトバンクが信用情報のソースとしてあげているCICとJICCに自分で費用を支払って自分の信用情報を取り寄せてみたが、思い当たるフシが全く見当たらない。しかたなく代わりにAuに転入して3Gケータイを選択。この転入には全く問題がなかったので、なおのことなぜソフトバンクには蹴られたのかが謎だ。そこでかけ放題プランにしてもよかったが、ソフトバンクのガラケーのりかえ割ほど安くはならないので今のところしていない。いずれにせよAuの3G SIMカードだとSCL23で使えないので考えていたようなことは実現できない。

さらに、どうも0 SIMのSIMカードを物理的に破損させてしまった模様。1月末から2月初めに海外から客が来て彼らの相手をしている間は使用できていたのだが、その後なんらかの理由でダメにしてしまったようだ。苦労して入手したのに…痛い。

最後に、アダプタのSIM1との重ね方のコツ。自分の経験上、一旦micro SIMカードとアダプタのフィルム上のSIM1部分を重ねて挿入した後、アダプタのみを微妙に引き出すと端子の位置が揃うようだった。

ちなみに、今回のアダプタはMagicSimの製品のパチもんのように見受けられるが、MagicSim自身はトリプルSIMカードアダプタを製品として出してないようでよくわからない。”(3 Simcard for Samsung S3 I747) Genuine Three Triple Sim Card Adapter for Samsung Galaxy S3 I9300 SGH I747 T999 (Free Shipping via Trackable Registered Airmail to Worldwide Area), Gu Su Xin Chen Electronic Corp. Ltd“はトリプルSIMカードアダプタでオリジナルをうたっている。