楽天モバイルのコミコミプランは悪くなかった

楽天モバイルのロゴ

楽天モバイルのロゴ

楽天モバイルが通話かけ放題や端末をセットにしたコミコミプランを7月から提供しているワイモバイルは検討していながら、こちらの方は見落としてしまっていたが、今見てみるとなかなか内容はいい

ワイモバイルのスマホプランに対抗しているのは明らかだが、それに比べて端末代が込みであることが大きな違い。ただし、端末はプランS、プランM、プランLそれぞれに一機種固定で自分で選択はできない。楽天モバイルのコミコミプランSが端末代、データ2GB、5分間無制限回数かけ放題こみで1,880円/月。ワイモバイルのスマホプランSが、端末代を含まず、データ2GB(本来1GBが新規・MNPに限り倍増中), 10分間かけ放題(月300回までの)込みで1,980円/月(ワンキュッパ割)。どちらも2年目より1,000円/月増額するのは同じ。ただし、面白いことに楽天モバイルのコミコミプランでは3年目以降2年目より月額料金が下がる2年目の料金が3年目以降も継続するスマホプランに比べて、何気にアドバンテージがある。

自分の電話利用状況を見ると、友人との通話はまずなく(もうそれはチャットかVoIPで済ませてる)、通話があるとするならば何か問い合わせをしなくてはならないときにすることが大半なのだが、その際1回5分以上かかっていることが多い。大手キャリアのかけ放題ライトプランでも通話料無料なのは5分までとなっていて、自分にはちと不足しそうだった。なのでその面でもワイモバイルのスマホプランはちょうどいいマッチに思えた。が、もし端末代も込みでほぼ同額(というか若干安い)となると、もし知っていれば楽天モバイルのコミコミプランを検討したであろう。今回自分は運良くソフトバンクのガラケーのりかえ割のいい条件のキャンペーンを利用できたが、一般人はなかなかそういうアンテナを張っていたり、特定の日にショップに赴いたりはできない。端末にこだわらない人であれば、いつでも契約できる楽天のコミコミプランはいい選択肢だと思う。今は通話SIM契約のある人が、追加でデータSIMを3カ月無料で使えるというキャンペーンもやってることだし。

ま、今となっては後の祭り。仮に楽天モバイルに行っていたとしても実際には問題にならなかったとは思うが、「2015年10月6日以降にお申し込みの楽天モバイルのSIMカードでは、3G通信専用の端末でデータ通信を行うことはできません」というのは、一般人にはおそらく問題にならなくても、いろいろ端末を使いまわしている自分には潜在的問題の種だったかもしれない。ドコモの純正端末だけにあてはまる問題のような気もするんだが。

広告

楽天モバイルのコミコミプランは悪くなかった」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ワイモバイルってどうなの? | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中