携帯契約時に下取りに出したAmp’d MobileのHollywood E816

アメリカから持ち帰っていたAmp'd Mobileの端末Hollywood E816。パッケージ箱も含めすべて保存していた。

アメリカから持ち帰っていたAmp’d Mobileの端末Hollywood E816。パッケージ箱も含めすべて保存していた。

最近ソフトバンクと携帯契約をしたときに下取り機を1台要求された。どうしようかと思ったが、アメリカから持ち帰ってきていたAmp’d Hollywood/Motorola E816を出すことにした。自分にとっては非常に思い入れの強い端末で、付属品はおろかパッケージ箱まで保存していた。VerizonのMVNOとしてプリペイドサービスを提供していたAmp’d Mobileの端末。なんとAmp’d Mobileが倒産したため使えなくなったといういわくつきのもの。

自分は$100を超える分のクレジットが残っていたのに、それがパーになった。集団訴訟に加わって、それの証拠の書類も合わせて出てきたが、その後アメリカを去るまでには何も音沙汰なかったから、いくらも戻ってこなかったんだろう。”Gigaom | Amp’d Bankruptcy Filing: Verizon Wireless Largest Creditor With $33 Million“読むと、ユーザにまで戻ってくる金が残ったとは思えない。

Amp'd MobileのHollywood E816の付属品はおろかパッケージ箱も保存していたため、見た目入手したときの状態に戻せた

Amp’d MobileのHollywood E816の付属品はおろかパッケージ箱も保存していたため、見た目入手したときの状態に戻せた

しかも、E816はどうもファームウェアに不具合がありVerizonには嫌われた端末だったようで、IMEI制限か何かでVerizonでは使えなくなった。EV-DO端末でもし日本で使うんならAuが考えられるが周波数が合わない。つまり日本では全く使えない上、生まれ故郷のアメリカでももはや使えない。全く使い道がないので、未練たらたらだったが今回お別れすることにした。

電源を入れるときちんと動作する。完動品だ。当時のことを思い出してしばし感慨に浸った。それまで使ってたSprintのテキストのみの表示の端末(SMSもできなかったと)に比べ、今の基準ではお話にならない低機能とはいえ、カラーディスプレーでフル・ブラウザも動作し、写真も動画も撮れ、ミュージック・プレーヤとしても使えたE816はものすごくカッコいい端末だった。アメリカに渡ってからずっと体調が悪く、予想外の方向に人生が進んでしまってたわけだが、体調が回復する兆しが見え始めた頃この端末を入手したように思う。当時の自分には、自分の人生がこれから上向いていくことの象徴のように思えて、なおのことこの端末に思い入れが深まった。

せっかくオリジナルのパッケージの状態にまで復元して持っていったのに、いるのは本体だけ、と言われて悲しかった。

それにしても、よもやそのSprintがソフトバンクの子会社になろうとは…。

広告

携帯契約時に下取りに出したAmp’d MobileのHollywood E816」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: メイン回線他をソフトバンクのガラケーのりかえ割を利用してのりかえ | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中