ソフトバンクへののりかえの収支計算

メイン回線と他の1回線(以下「サブ回線」)をソフトバンクのガラケーのりかえ割を利用してのりかえした。本稿ではそれの収支計算してみたい。

メイン回線については、収支に関わらず、たとえ1回5分まで、10分まで、という制限がつくものであっても、かけ放題回線にする必要があると考えていた。高額な通話料にひるんで電話をかけることに消極的になるのは結果的に非生産的だと思われたから。もちろん時間制限のない形のかけ放題が理想的で、なのでそれの比較的安価な実現手段としてガラケーのりかえ割を検討したわけだが、10分まで、という制限なら大半の場合用が足りるのではないかと考えてワイモバイルも検討した

通話料を抑えるのに第3者課金サービスやIP電話を利用することが考えられるが、伝わって欲しい発信者番号が伝わらない、ということが結構問題になることものりかえの動機となった。予め「私に電話をかけるときはこの番号にかけてくださいね」と言われていても、直近にかかってきた電話の発信者番号にそのまま発信する人が多い。SMSについてもそうだ。

メイン回線はAuの3G回線だった。オプションを落としまくるとプランEシンプルで月2円運用でき(今はユニーバサル料が上がったため3円)、契約当初はそうしていた。しかしやはりメイン回線だけあってそこそこ通話に使う。そうすると通話料がかかってくるので、翌月か翌々月に基本料金プランをプランSSシンプル(税抜き934円/月)に変更。後になって考えると、プランEシンプルのときはパケット定額オプションがなくても毎月割の適用を受けられた。プランSSシンプルに変更するときには、802円/月の毎月割が外れないよう、372円/月のダブル定額スーパーライトもつけるべきであった。電話で手続きしたがそのときにそのような説明はなかったため、そのような配慮はせず、結果毎月割が外れてしまっていた。そのため支払っていたのは1,011円(税込み)。この毎月割が外れた状態で、もしカケホにするなら2,379円(税込み)。

今までの契約とこれからの契約は、縛り期間が違うため比較するのが難しい。Auで契約期間満了したとしても、その後いずれにせよMNPし、そこで転出費、転入費が発生したと思われるが、ここでは仮にこれらが今MNPした場合だけに発生する支出だと考えた上で、月単位に均した上で比較してみよう。

今MNPすると、端末費9,800円に加え転出費・転入費・2年縛り違約金がかかる。転入先では3年(確認してないが実際は37ヶ月という)縛りのガラケーのりかえ割なので、これらを37ヶ月で均し、さらに159円/月の維持費を加えると以下のようになる(全て税抜き…だと思う)。

(9,800 + 3,000 + 3,000 + 9,500 ) / 37 + 159 = 842.78

毎月割が外れなかったときのプランSSシンプル(504円/月)に比べれば高いが、既に外れてしまって実際に払っていた維持費より安い。それに加えて無料通話分を超えた通話に対する通話料が発生していたわけだから、まずよりお得になったと考えていいだろう。上の数字は、おそらくは加味しなくていい転出費・転入費を加味しているので、実際より高めの数字になっている。端末を売却すればさらに実質の維持費は下がるわけだし。

サブ回線は同じくAuのLTE回線で、934円/月のLTEプランのみ(ユニバーサル料を除く)。税込みで1,011円(ユニバーサル料を含む)。知人の古いAu端末に収まってバックアップ回線と称しているが、事実上寝かせ回線。これが上のプランSSシンプルの場合と維持費は同じなのに対して、MNP後の端末代が2台目については0円なので、LTEプランをそのまま維持するのに比較すると、計算するまでもなくコスト削減になっている。

こちらの回線は寝かしているだけなので、実は休止することでコスト削減することも考えた。Auでもドコモと同様回線休止が可能。だが違うのは、休止期間が2年縛りの一部としてカウントされないこと。もっと恐ろしいのは、休止して再開するとなんと2年縛りがリセットされ、そこから2年間の縛りが始まること。8/30に地元のAuショップで教わった。まだ2年縛り満了まで14ヶ月ほども残っているので、満了後MNPすることを諦めるのであれば、今違約金を払って解約してしまう方が安く上がる。その場合と比較してみよう。

その場合に、今MNPでガラケーのりかえ割を利用とき追加で発生するのは、一時金は転出費・転入費のみで後は月々の維持費。2年縛り違約金はどちらのケースでも発生するので無視。端末代は0円。再び月単位に均して考えると、

(0 + 3,000 + 3,000 ) / 37 + 159 = 321.16

月300円強今までより余分に払って、2本目のかけ放題回線を持つ意味があるか、というと確かに少し微妙。家族がいて使う当てがあるなら万々歳だと思うんだが…。

ワールドモバイルの現在の501SHの買取価格

ワールドモバイルの現在の501SHの買取価格

が、上にあるように、もし端末を売るならば転出費・転入費は相殺されることが期待される。そうすると、月159円今までより余分に出費して2本目のかけ放題回線を持てるという計算になる。有効利用できるかどうかはわからないが、まぁあっても悪くないと思える額ではないだろうか。

さて、メイン回線とサブ回線には、(今回転出する前に)同じときに同様の契約した回線がそれぞれにつき1本ある。メイン回線の片割れはプランEシンプルで月3円で寝かせているので問題ない。問題は、サブ回線の片割れだ。こちらは維持し続けるなら月1,000円ほど、解約するのなら違約金9,500円がかかってしまう。できればこれをMNPして、今はMVNOに頼っているデータ通信を安くまかえればいいんだが…。

広告

ソフトバンクへののりかえの収支計算」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: メイン回線他をソフトバンクのガラケーのりかえ割を利用してのりかえ | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中