Figuring Out Your Own Phone Number Programmatically on A Rooted Android Handset

You can find out your own phone number on your Android handset by looking at Settings -> Device Info -> Status. Doing it programmatically, though, is not a trivial task, but the following method works if your handset is rooted.

The command string in Automate. Notice the left curly brace is quoted.

The command string in Automate. Notice the left curly brace is quoted.

On my Samsung Galaxy S5 SCL23 (the Japanese carrier Au’s version), the following script works (with the root privilege invoked). The presence of a Busybox binary is assumed because applets ‘awk’ and ‘tr’ are used.

#service call iphonesubinfo 8 | awk -F\' '{print $2}' | tr -d '.\n'

This is based on “How to get the phone number of an android phone via adb? – Stack Overflow.” According to this article, the number “8” above depends on your Android version. The article then references “Public scratchpad: Calling Android services from ADB shell” for a way to automatically figure it out from a *nix box—but I did not go that far.

The command string is converted by the cliEncode function before being executed.

The command string is converted by the cliEncode function before being executed.

I wanted to execute this script from Automate—a Tasker-like automation app for Android from Llamalab (Automate on Google Play). Special care had to be taken about the literal text string for this command because in Automate, curly braces are special characters and used to signify in-place text substitution (“interpolation”) in literal text strings, so left curly braces have to be quoted if otherwise (see pic).

Before executing this script in a Shell command Superuser block, I have it converted by the ‘cliEncode’ function just to be on the safe side (see pic).

広告

DXメディアコンセントDMC10F1をフレッツ光のポイントを利用して購入

DXメディアコンセントDMC10F1(DXアンテナのウェブサイトより)

DXメディアコンセントDMC10F1(DXアンテナのウェブサイトより)

フレッツ光+So-Netからeo光へ移行しようとしたものの、eo光のサービスが利用できないということがわかって、しかたなくぷらら光に移行(転用)した。以下はこの切替直前の話。

フレッツ光を提供するNTT西日本のポイントクラブClub NTT-Westに6000pt貯まっているのに気がついた。”フレッツ光契約で貯まったポイントの消化“にちゃんと8月にポイントが付与される旨自分で書いていながら、9/20のサービス切り替えの直前まで気がつかなかった。

話変わって、DXアンテナが販売するDXメディアコンセントDMC10F1という機器がある。地デジチューナーでwifiを通じて動画データを流すことで、ホームLAN上のiOS/Androidモバイル端末から地デジの視聴を可能にする。ロケーションフリーを謳っているが、ホームLAN内に閉じ、ホームLAN外からアクセス、つまり「リモート視聴」ができるわけではない。この機器については以下を参照。

Club NTT-Westでは、このDXメディアコンセント(モアテレビ)が送料含んで8980ptでが入手できる。ポイントの不足分は追加で支払える。時間がない(とそのときは思った)のでじっくり検討せず、ポイントの使用先として慌ててこれを選んだ。自分の持ち出しは3,000円強。後で述べるようたまたまニーズが合致した(と思った)から選んだのだが、そうでなくても現在新品の販売価格は1万円超えヤフオクなどのオークションでの「DMC10F1」の平均価格は6,611円なので最悪売り払うこともできる、などと皮算用をしつつ。

後になって考えてみると、これがいい判断だったか自分でも疑わずにおられない。

さて今回、転用の予定日が明日でもうポイントが使えなくなる~…と焦って処理したんだが、

結局のところ、光ウィズ会員という資格でClub NTT-Westの会員であり続けるだけでなく、新たにポイントの付与こそ起こらないものの、既に付与されたポイントは期限まで使える、ということなので、結論として慌ててポイント交換する必要はなかった…。