DXメディアコンセントDMC10F1をフレッツ光のポイントを利用して購入

DXメディアコンセントDMC10F1(DXアンテナのウェブサイトより)

DXメディアコンセントDMC10F1(DXアンテナのウェブサイトより)

フレッツ光+So-Netからeo光へ移行しようとしたものの、eo光のサービスが利用できないということがわかって、しかたなくぷらら光に移行(転用)した。以下はこの切替直前の話。

フレッツ光を提供するNTT西日本のポイントクラブClub NTT-Westに6000pt貯まっているのに気がついた。”フレッツ光契約で貯まったポイントの消化“にちゃんと8月にポイントが付与される旨自分で書いていながら、9/20のサービス切り替えの直前まで気がつかなかった。

話変わって、DXアンテナが販売するDXメディアコンセントDMC10F1という機器がある。地デジチューナーでwifiを通じて動画データを流すことで、ホームLAN上のiOS/Androidモバイル端末から地デジの視聴を可能にする。ロケーションフリーを謳っているが、ホームLAN内に閉じ、ホームLAN外からアクセス、つまり「リモート視聴」ができるわけではない。この機器については以下を参照。

Club NTT-Westでは、このDXメディアコンセント(モアテレビ)が送料含んで8980ptでが入手できる。ポイントの不足分は追加で支払える。時間がない(とそのときは思った)のでじっくり検討せず、ポイントの使用先として慌ててこれを選んだ。自分の持ち出しは3,000円強。後で述べるようたまたまニーズが合致した(と思った)から選んだのだが、そうでなくても現在新品の販売価格は1万円超えヤフオクなどのオークションでの「DMC10F1」の平均価格は6,611円なので最悪売り払うこともできる、などと皮算用をしつつ。

後になって考えてみると、これがいい判断だったか自分でも疑わずにおられない。

さて今回、転用の予定日が明日でもうポイントが使えなくなる~…と焦って処理したんだが、

結局のところ、光ウィズ会員という資格でClub NTT-Westの会員であり続けるだけでなく、新たにポイントの付与こそ起こらないものの、既に付与されたポイントは期限まで使える、ということなので、結論として慌ててポイント交換する必要はなかった…。

広告

DXメディアコンセントDMC10F1をフレッツ光のポイントを利用して購入」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: NASのVirtualBoxでAndroid-x86を動かす | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: Chromecastを入手した今大型テレビについて再検討 | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中