Huawei製Au Qua Tab 02 HWT31のMagiskによるルート化

Huawei製Au Qua Tab 02 HWT31のブートローダーアンロックとルート化、そしてSIMロック解除も行った。

バックアップ用Micro SDカードも入手したので、TWRPリカバリでバックアップを取って(TWRPリカバリを焼いてしまう前に取るべきだったが)、Magisk導入に挑戦。お手軽と思われた方に走ってしまったが、最初からこの道を選べばよかった。

といっても、結局以下の記事のとおりにしただけ。ただし、Xposedはインストールしていない。

Magisk Managerでrootを無効化した状態

Magisk Managerでrootを無効化した状態

Magisk導入前に極力ストック状態に戻すことが推奨されているが、ブートローダーもロック解除状態になっているし、リカバリはTWRPで上書きしてしまってた(←馬鹿)。/systemは、ルート化はしてないHWT31が別にあったのでそちらでバックアップをってそれをこのタブレットに書き戻すことも考えられたが、結論からいうと、Super Suアプリのセルフ・アンインストール機能(上の最初の記事に説明あり)でアンインストールするだけで済んだ。ブートローダーも手を加えなくてよかった。

今のところ期待した通りの動作をしてくれている‥と書いてこの記事を終わりたかったが、どうもAutoMagiskがうまく動いてないようだ。このタブレットを使う予定なのは実は自分ではなく、その当人は常時ルートを要求するような使い方はしないと予想されるので、Magisk Managerアプリで必要なときだけ手動でルート権限が取得可能なようにする、という運用法でしのげるのではないかと思う。考えてみれば、そういう切り替えが簡単にできるだけでも、今まで自分がやってきた「常時ルート権限取得可能状態」の運用法に比べれば自由度があるといえる。

メモ。以下2番めの記事より引用。

ちなみに、Qua Tab 02をFastbootモードにするためには、本体をPCをUSBケーブルで接続した上で電源を落とし、白い画面(ドロイドくんが中央に表示されている)が完全に表示されるまで電源ボタンとボリュームのマイナスボタンを押し続けて下さい。白い画面が上部からスライドしてきている途中で放しちゃダメです

広告

Huawei製Au Qua Tab 02 HWT31のMagiskによるルート化」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Auの音声回線契約とデータ・シェアを組んでいるタブレット用データ回線を解約 | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中