自宅内LANの整理

NASを購入したのはいいが、そのままパッと自宅内LAN内に設置できない。それができるよう(またその他の懸案事項の解消のため)自宅LANを整理する必要がある。

たかだか一戸建ての家のLANになんでそんなにブリッジがあるんだ、と思う方へ。鉄筋コンクリートは意外なほどwifi電波を通してくれないんですよ。それでずるずるとケーブルを引き回す羽目になったわけです。

目的:

  • NAS AS3102Tを極力早い段階で使えるようにする。既存ルーターWZR-HP-AG300Hに接続し、簡易NASとして使ってきた外付けUSB 2.0 HDDはNASに接続し直す。
  • ONU一体型ひかり電話対応ホームゲートウェイGE-ONU PR-500MIでPPPoE接続をする。今までPPPoE接続は、PPPoEパススルーでPR-500MIにぶら下げた既存ルーターWZR-HP-AG300Hで行ってきた。WZR-HP-AG300Hを使ってきた理由は、以前からDHCPの固定払い出しをこれでやってきて、これをPR-500MIないしに他のDHCPサーバーにさせるのが面倒だったから。
  • DHCP固定払い出しをPR-500MIではなく、他のルーターにさせる。LANが成立するための機器の数を極力小さく抑える、という観点からはPR-500MIに極力機能を集約するのがよいのだろうが、一方、フレッツ光を利用しなくなったときのことを考えるとPR-500MIに依存していないほうが望ましいように思える。もっとも実際は、一旦はフレッツ光からeo光へ移行しようとして結局できなかったりしているので、どちらとも言い切れないところ。
  • LAN内でブリッジとして使ってきた100Mbps対応の複数のルータを全て1Gbps対応のルータに置き換え、ホームLAN全体でギガビット対応にする。
  • レンタルしつつ使ってきてこなかったPR-500MI11ac対応無線LANカードを使用する。
  • ステルスSSIDに移行する。
  • DHCPの払い出しスキームの見直し。

注意点:

ちょっとしたサーバー用途に使用してきたTP-Link TL-WR703N

ちょっとしたサーバー用途に使用してきたTP-Link TL-WR703N

手順:

  1. WG1200HSブリッジとして使用できるよう設定した上で、現在単にコネクタで2本のUTPケーブルを繋いでいる箇所(1階)に挿入する。これはNASが極力早い段階で使えるようにするための暫定的措置で、後でWG1200HSWZR-HP-AG300Hに置き換えられ、WG1200HS自身は別の場所で活躍することになる。
  2. WG1200HSにぶら下げる形でNAS AS3102TをLANに導入。単に繋げ換えるだけで済むのであれば、WZR-HP-AG300Hに接続し、簡易NASとして使ってきた外付けUSB 2.0 HDDをこのNASに接続し直す。そしてこの外付けHDDの中身で重要なものをNASにバックアップする。
  3. WZR-HP-AG300Hが現在担っているDHCPサーバの機能をTL-WR703Nに移行する。固定払い出しの設定を移すことがキモになるが、DD-WRTの設定はバックアップすることができるがバイナリ・フォーマットのようで扱いにくい。パッと調べた範囲では問題の箇所だけテキストで簡単に取り出せそうもない(”Static DHCP – DD-WRT Wiki“)。一方、TL-WR703Nで走っているOpenWrtはDHCPの固定払い出し設定はテキストファイルで指定する模様。そもそもそれほど数はないので、WZR-HP-AG300HのWeb UI画面からテキストで取り出して、ちょっとした変換でOpenWrtの設定ファイルを作り出すことができるだろう。WZR-HP-AG300HのDHCP機能を切り、TL-WR703Nでは入れ、それできちんとインターネット接続ができることを確認。→このときの苦労談:”OpenWrt上でのDnsmasqの設定
  4. WZR-HP-AG300Hが現在担っているPPPoE接続機能をGE-ONU PR-500MIに移す。PR-500MIの設定、UTPケーブルの繋ぎ換えが必要。PR-500MIでDHCP機能が切られていることを確認してから、インターネット接続ができることを確認。この段階でWZR-HP-AG300HはLANから外れる。
  5. PR-500MI11ac対応無線LANカードを挿し、使用できるようにする。参考:”PR-500MI Wi-Fi設定方法“、”PR-500MI Wi-Fiネットワーク設定変更方法
  6. WZR-HP-AG300Hがブリッジとして動作するよう設定を施してから、それで1階のWG1200HSを置き換える。UTPケーブルの付け替えが必要。また、その(UTPケーブル1本分)上流でeo光のルーターをブリッジとして利用しており、それにデスクトップPCがぶら下がっているが、このルーターを抜き、それが繋げていた2本のUTPケーブルは1.で余ったコネクタで繋ぐ。デスクトップPCはWZR-HP-AG300Hにぶら下がるようUTPケーブルを繋ぎ換える。また、このeo光のルーターにはFONルータFonera Simplもぶら下がっている。これはwifi接続しかできないIPプリンタのためであるが、WZR-HP-AG300Hが近くにあることでこれは不要になる。ただし、それでもきちんとプリントできることを確認する必要あり。この段階でWG1200HSはLANから外れる。
  7. 現在仕事部屋でブリッジとして使っているAterm WR8166N(元々ドコモのHome Wifiサービス用機器として入手; 「機能詳細ガイド」)を上のステップで余ったWG1200HSで置き換える。WR8166N今年になってファームウェアの新しい版がリリースされたようなので、更新してから置き換えをするのもよかろう。この段階でとりあえずLAN全体のギガビット化と、NASが使えるように、という当初の目的は達成される。
  8. 寝室にあるPR-500MIから仕事部屋までは薄型UTPケーブルを床に這わせているが、これを天井近くを這うように変える。
  9. TL-WR703Nが果たしているサーバ機能(DHCPを含む)をNASに移してしまうのもよいかもしれない。
  10. WZR-HP-AG300Hには、余裕ができたときにDD-WRTを載せてもよいかもしれない。
  11. 将来的にはステルスSSID化、DHCP固定払い出しスキームの見直しもしたい。

3. + 4. の代替策として、以下も考えられる。

  1. WZR-HP-AG300Hが現在担っているPPPoE接続機能をGE-ONU PR-500MIに移す。PR-500MIの設定が必要。UTPケーブルの繋ぎ換えは必要ない。同時に、WZR-HP-AG300Hをブリッジモードに変更する*PR-500MIでDHCP機能が切られていることを確認してから、インターネット接続ができることを確認。
  2. WZR-HP-AG300Hが担っているDHCPサーバの機能をTL-WR703(あるいはNAS)に移行する。固定払い出しの設定を移すことがキモになるが、DD-WRTの設定はバックアップすることができるがバイナリ・フォーマットのようで扱いにくい。パッと調べた範囲では問題の箇所だけテキストで簡単に取り出せそうもない(”Static DHCP – DD-WRT Wiki“)。一方、TL-WR703で走っているOpenWrtはDHCPの固定払い出し設定はテキストファイルで指定する模様。そもそもそれほど数はないので、WZR-HP-AG300HのWeb UI画面からテキストで取り出して、ちょっとした変換でOpenWrtの設定ファイルを作り出すことができるだろう。WZR-HP-AG300HはLANから取り外し(そのため今までWZR-HP-AG300HのLANポートに刺さっていたUTPケーブルは全てPR-500MIに挿し替える必要あり)、TL-WR703でDHCP機能を入れ、それできちんとインターネット接続ができることを確認。この段階でWZR-HP-AG300HはLANから外れる。

*この方法の問題点は、WZR-HP-AG300Hブリッジモードに変更した際、自動的にDHCPサーバー機能が無効になる、とされていること。自動的に無効になったとしても手動で再度有効にできるのであれば問題ないが、そうでなければこの手順ではうまくいかない。

広告

バッファロー無線ルーターWZR-HP-AG300HのDD-WRT化

バッファロー無線LANルーターWZR-HP-AG300H

バッファロー無線LANルーターWZR-HP-AG300H

自宅でもう何年か使ってきたバッファロー社の無線ルーターWZR-HP-AG300HはいずれOpenWrt化(参考:”WZR-HP-AG300HをOpenWrtで再利用 | fefcc.net“)ないしDD-WRT化(参考:”BUFFALO WZR-600DHP“←WZR-HP-AG300Hに、ハードウェアは同じで若干機能が追加された後継機WZR-600DHPのファームウェアを載せる話)していろんなことをさせようと考えていたが、それは重要ではなくなった。サーバー目的はこれからは主にNASにさせるのだから。

10/17時点で最新のファームウェアは2016年10月3日づけで公開された19154c

10/17時点で最新のファームウェアは2016年10月3日づけで公開された19154c

ただ、せっかくバッファロー機であるのでDD-WRTは載せておくといいかも。”BUFFALO WZR-600DHP“にも説明のあるように、米Buffaloのダウンロードサイトでは、”WZR-HP-AG300H”で検索する場合と”WZR-600DHP”で検索する場合で提示されるDD-WRTのファームウェアが違う。この著者は前者を勧めているが自分にどちらが向いているかはやってみないとわからない。”DD-WRTまとめwiki – World Wide版Professionalファームウェア“ではDD-WRTのProfessional版をインストールする際にはU-BOOTの環境変数の変更が必要だ、としているが、”BUFFALO WZR-600DHP“ではデバッグモードから書き換えをするときは必要ない、としている。

現時点(10月17日)ではWZR-HP-AG300H用DD-WRTとして提供されているのは19154c版のDD-Wrt professional firmware(図)。”Buffalo WZR-HP-AG300H – DD-WRT Wiki“では、 “If you have 19154 Buffalo Pro DD-WRT on the WZR-HP-AG300H, you will have to flash using TFTP as buffalo installed a check in 19154 and perhaps future buffalo pro builds.” と警告しているので、一旦この19154c版をインストールしてしまうと、その後のアップグレードは手間になるかもしれない。このページでは2013年のcommunity buildのインストール方法が記載されている。そちらにしておくほうが後々無難かも。WZR-HP-AG300HはUSBポートを持っているところが大きな利点で、いつかOpenWrtを載せて何かのサーバーにするかもしれないのだから。


以前関連記事を書いていた:

USB電流電圧テスターを注文

入手したUSB電流電圧テスターを使って、QC3.0対応USB充電アダプタのパフォーマンスを計測中。約9V/1.6A出てる。

入手したUSB電流電圧テスターを使って、QC3.0対応USB充電アダプタのパフォーマンスを計測中。約9V/1.6A出てる。

Quick Charge 2.0/3.0対応機器を持つようになると測ってみたくなるのが人のサガというもの。USB電流電圧テスターを注文した。

Amazon.co.jpでざっと見て、興味を持ったのは以下の3種。

明らかに後2者のほうが機能が高い。最大の違いは自前でQC 2.0/3.0のハンドシェークプロトコルを実装しているので、単独で(QC 2.0/3.0に準拠した充電先なしで)QC 2.0/3.0準拠を謳う充電器の性能が計測ができる。しかしこれは同時に、それをそのまま迂闊に充電を受ける機器に出力してしまうと、その機器が耐えられない高電圧の電流が流れてしまう可能性がある、ということ。それが理由で機器が壊れてしまうことも十分ありえる。最初のはそのように「エラく」ないので原理的にそれが起こらない。

最初のものについて気になるのは、 “Measuring range: 5-20V / Input voltage: 3.5-9V” ということだが、これではQC2.0/3.0で12Vや20Vで電力が供給される際どういう挙動になるのかわからないこと。”Quick Charge 2.0対応機種スマホ|注意点まとめ – XPERIAだけをレビューするブログ。“にあるように、QC 2.0にはClass AとClass Bがあり、違いは20Vがサポートされる(Class B)かされない(Class A)か。大半のQC 2.0準拠機器はClass Aなので12Vまで測定できれば現実的には十分じゃないかと思うが(先日注文したDodocool 30W Dual USB Wall Charger with Quick Charge 3.0 Power Adapter with Fordable US PlugもQC3.0準拠ポートも出力は12Vまで)、その12Vまで計測できるかも確信は持てない。

また、Amazon.co.jpのレビューを見ると、前者は入力がUSB端子に甘さがあるようで深く挿し込むと接触不良を起こす模様。

ちなみに、関連製品として以下が見つかった。

結局最初のものをAliExpress.comで注文。実は後の2者のどちらかのほうがいいかと思い直してキャンセルしたんだが、「既に発送していた」という理由で拒否された。ま、このタイプのものの方が事故が起こる心配がない分安心っちゃぁ安心なので特にゴネなかった。

今のところ懸念されたプラグの不具合(上述)はない模様。

どこまで正確なのかはわからないが、QC 2.0/3.0対応のチャージャーでQC 2.0対応のスマホを充電しようとすると電圧が9V近辺まで上がるのを数値として見られるのは面白い。電流は、電池残量があまりない状態では1.5A程度まで上がるが、一杯になってくると0.5Aか場合によってはそれ以下にまで落ちる。