USB電流電圧テスターを注文

入手したUSB電流電圧テスターを使って、QC3.0対応USB充電アダプタのパフォーマンスを計測中。約9V/1.6A出てる。

入手したUSB電流電圧テスターを使って、QC3.0対応USB充電アダプタのパフォーマンスを計測中。約9V/1.6A出てる。

Quick Charge 2.0/3.0対応機器を持つようになると測ってみたくなるのが人のサガというもの。USB電流電圧テスターを注文した。

Amazon.co.jpでざっと見て、興味を持ったのは以下の3種。

明らかに後2者のほうが機能が高い。最大の違いは自前でQC 2.0/3.0のハンドシェークプロトコルを実装しているので、単独で(QC 2.0/3.0に準拠した充電先なしで)QC 2.0/3.0準拠を謳う充電器の性能が計測ができる。しかしこれは同時に、それをそのまま迂闊に充電を受ける機器に出力してしまうと、その機器が耐えられない高電圧の電流が流れてしまう可能性がある、ということ。それが理由で機器が壊れてしまうことも十分ありえる。最初のはそのように「エラく」ないので原理的にそれが起こらない。

最初のものについて気になるのは、 “Measuring range: 5-20V / Input voltage: 3.5-9V” ということだが、これではQC2.0/3.0で12Vや20Vで電力が供給される際どういう挙動になるのかわからないこと。”Quick Charge 2.0対応機種スマホ|注意点まとめ – XPERIAだけをレビューするブログ。“にあるように、QC 2.0にはClass AとClass Bがあり、違いは20Vがサポートされる(Class B)かされない(Class A)か。大半のQC 2.0準拠機器はClass Aなので12Vまで測定できれば現実的には十分じゃないかと思うが(先日注文したDodocool 30W Dual USB Wall Charger with Quick Charge 3.0 Power Adapter with Fordable US PlugもQC3.0準拠ポートも出力は12Vまで)、その12Vまで計測できるかも確信は持てない。

また、Amazon.co.jpのレビューを見ると、前者は入力がUSB端子に甘さがあるようで深く挿し込むと接触不良を起こす模様。

ちなみに、関連製品として以下が見つかった。

結局最初のものをAliExpress.comで注文。実は後の2者のどちらかのほうがいいかと思い直してキャンセルしたんだが、「既に発送していた」という理由で拒否された。ま、このタイプのものの方が事故が起こる心配がない分安心っちゃぁ安心なので特にゴネなかった。

今のところ懸念されたプラグの不具合(上述)はない模様。

どこまで正確なのかはわからないが、QC 2.0/3.0対応のチャージャーでQC 2.0対応のスマホを充電しようとすると電圧が9V近辺まで上がるのを数値として見られるのは面白い。電流は、電池残量があまりない状態では1.5A程度まで上がるが、一杯になってくると0.5Aか場合によってはそれ以下にまで落ちる。

広告

大型テレビ?

亡き父が、その時点で既に一人暮らしでそのためのスペースは十分あったのもかかわらず、増築して13畳ほどの大きな部屋を作った。例にもれずそんな大きな部屋も結局彼は倉庫化していたが、助けてくださる方もあって、徐々に部屋らしい体裁になってきた。そこに大型テレビを置こうかと思ってる。サイズは50インチくらい。父はオーディオに金をつぎ込んでて立派なアンプに立派なスピーカーセットも既にあることだし。

音声出力のないPC用ディスプレーをTVチューナと組み合わせTVセットとして使う“でも少し触れたが、テレビのHDMI入力端子がARC対応であることが、このオーディオシステムを利用する上で接続ケーブルの数を少なくする上で大事になるかもしれない。→ARCについてもう少し調べた:”HDMIのARC (Audio Return Channel)機能の限界

また、”AsustorのNAS AS3102Tは標準でHDMI-CECに対応していないんだそうで“に書いたようにAsustorのNAS AS3102Tに繋げ、さらにCEC機能を使いたいのなら、テレビ側でHDMI入力端子がCECに対応している必要がある。

最近4Kテレビが盛んにプッシュされてるが、”4Kに8K‥次世代高画質テレビに期待するのは国とメーカーだけ?しかないこれだけの理由 – NAVER まとめ“なんか読むと、現状で4Kテレビのメリットって4K未満の画像のアップコンバートぐらいしかないんではないかと思う。地デジは4Kになる予定は今のところないし、将来的その予定のあるBS/CSについても内蔵チューナーはごく一部の機種を除いて4Kに対応してない。なので4Kサービスが始まってもそれを視聴するには別途チューナーを用意する必要がある。そもそもそれ以前に自分はBS/CSを利用してない。VODサービスでの4K動画配信はこれから徐々に増えるかもしれないが、自分がそれを利用する可能性はここしばらくは皆無だろう。そもそもきちんと動画を見たりすることがめったにないのだから。2Kテレビは在庫処分で今ほぼ底値だと想像するが、それと4Kテレビの価格差が僅かの場合にのみ4Kテレビを検討する価値があるのだろう。

さて「スマートTV」の側面について。一部ソニーやシャープの機種に採用されているAndroid TVあまりそれ専用のアプリがない(が一般Androidアプリもインストール可能なはず)。大きな利点はGoogle Cast Receiverアプリがインストールされており、Chromecast機能が内蔵されているのと同じ。Google Cast機能付きのAndroidアプリは最近増えたので、モバイル端末は全てAndroidの我が家ではその操作のシンプルさはメリットになろう。後で述べるDLNA機能を使って同じことが実現できることもあるが、できないか煩雑な手続きが必要なことも多いし、キャストボタン一発の方が明らかに楽だ。しかしAndroid TVを搭載したGoogle謹製のNexus Playerは既に販売中止になっている。一方、4K対応の新ChromecastであるChromecast Ultraはもうすぐ発売が予定されている。GoogleはもはやAndroid TVに力を入れる気はないのだろうか。前身のGoogle TVがそうなったように、Android TVもコケそうだというのは考えすぎだろうか。Android TVの支持を表明したソニーやシャープの最近の製品にAndroid TVを搭載したものを見かけないのは気のせいか…。

実際のところ、ネットワーク接続機能があり、DLNA/UPnPのDMPの機能があれば十分なのではなかろうかとも思ったりもする。自分の場合、地デジを視聴するとき以外は、DMPとして利用することが多いように思うので。この機能は最近のTVではかなり標準で搭載されてるようだ。もっとも、これの出来不出来はチェックする必要があるだろう。一般にはDLNAは認知度が低く、製造会社もあまり力を入れては作ってないと想像されるので。もちろんAndroid TVが搭載されていれば、アプリとしてKodiやPlexが使えるのでそのあたりは申し分ないだろう(…というかそれ以上を簡単に望めない)。

Google Castに先行する類似技術であるAppleのAirPlayについては、AppleがAPI開示を行っているのか、AirPlayレシーバーのAndroidアプリが多数存在する。また、EZCastのような “Miracast dongle” とくくられるデバイスにもAirPlayレシーバーの機能を持つものが多い。しかし、どうもGoogle Castについては同様の状況ではなさそうだ。XDAのGoogle Chromecast関連のスレッドを見ても、かつてはリシーバーとして動作したアプリも今はそうではない模様(例:”[App] Cast Receiver app for Android | Android TV“、”[App] YouMap Chromecast Receiver for Android | Android TV“)。

搭載チューナー数。裏録画機能を追求するあまり、地デジ、BS、CSそれぞれのチューナーを3機搭載、なんてすごいテレビもあるが自分の想定する使い方では、地デジチューナーが1機、余裕を持っても2機あればいいだろう。そもそもそんなにテレビ見ないのだから。実際のところ、現状では既に台所にあるシャープのアナログ液晶TVと、地デジチューナー&レコーダー&メディアプレーヤーの組み合わせで十分用が足りている。

だったらモニター/ディスプレイ機能だけでいいのではないかとまで思うが、50インチクラスになると、単なるディスプレイよりTVの方が安い。その代わりモニター専用機はインターフェースが充実している模様。

追記:上の、TVチューナーを内蔵しない液晶ディスプレイについての記述は大まかには正しい。価格.comで検索する限り。しかし、そこに掲載されてない例外があるようだ。

一例はUPQ(アップ・キュー)社のQ-display 4K50X。[メーカー希望小売価格]75,000円(税抜)で、いくつかオンライン店舗で扱っているようだが今現在ビックカメラ.comでは75,000円、送料無料、8,100ポイントつきで販売している。「3840×2160ドットの高解像度4K UHDディスプレイを採用。HDMI2.0に準拠した4K/60Hz出力対応の端子を4ポート搭載しており、また、4K映像コンテンツの視聴には必須となるHDCP2.2にも対応しています。」だそうで。”UPQ、75,000円で4K/60p対応の50型ディスプレイ「4K50X」 – AV Watch“が紹介記事。HDR非対応

HDRについては以下を参照:

前モデルの4X50について(現行の4X50Xではない)は遅延が問題だったようだ。”UPQ 4Kディスプレイの惨劇再び? – 力こそパワー“は相当に辛口なレビュー。遅延の問題はファームウェアのアップグレードで解消した模様。ファームウェアのアップグレードしなくても、背面のUSBポートにUSBメモリを挿すだけでも解消した模様。

ただ…中華4K 50V型 4K ULTRA HD液晶テレビ が10万円弱だと、大きなメリットは感じない。

追記2:6万円を切る50型4K液晶「DMM.make DISPLAY」。約16万円の65型も。HDMI 2.0×4 – AV Watch“…50型について、ODM元のUPQ自身のQ-display 4K50Xが入力端子としてHDCP 2.2準拠のHDMIポートx4しかないのに対し、DME-4K50Dはそれに加え「コンポーネント/コンポジットの映像入力や、アナログ音声入力、光デジタル音声出力、ヘッドフォン出力、USB 2.0を装備」しているというのが大きなポイント。ただしコントラスト比は4000:1ということで、やはりHDRではない

しかし、現在の自分の状況において本当にHDRが必要かは明らかではない。今あるコンテンツソースとしては、4K対応をうたうものの、HDMI 1.4bまでにしか対応しないNAS Asutor AS3102T購入までの経緯)か、4K対応の上位モデルChromecast UltraではないChromecast 2015(購入までの経緯)だけなのだから。

参考:

Huawei製Au Qua Tab 02 HWT31のMagiskによるルート化

Huawei製Au Qua Tab 02 HWT31のブートローダーアンロックとルート化、そしてSIMロック解除も行った。

バックアップ用Micro SDカードも入手したので、TWRPリカバリでバックアップを取って(TWRPリカバリを焼いてしまう前に取るべきだったが)、Magisk導入に挑戦。お手軽と思われた方に走ってしまったが、最初からこの道を選べばよかった。

といっても、結局以下の記事のとおりにしただけ。ただし、Xposedはインストールしていない。

Magisk Managerでrootを無効化した状態

Magisk Managerでrootを無効化した状態

Magisk導入前に極力ストック状態に戻すことが推奨されているが、ブートローダーもロック解除状態になっているし、リカバリはTWRPで上書きしてしまってた(←馬鹿)。/systemは、ルート化はしてないHWT31が別にあったのでそちらでバックアップをってそれをこのタブレットに書き戻すことも考えられたが、結論からいうと、Super Suアプリのセルフ・アンインストール機能(上の最初の記事に説明あり)でアンインストールするだけで済んだ。ブートローダーも手を加えなくてよかった。

今のところ期待した通りの動作をしてくれている‥と書いてこの記事を終わりたかったが、どうもAutoMagiskがうまく動いてないようだ。このタブレットを使う予定なのは実は自分ではなく、その当人は常時ルートを要求するような使い方はしないと予想されるので、Magisk Managerアプリで必要なときだけ手動でルート権限が取得可能なようにする、という運用法でしのげるのではないかと思う。考えてみれば、そういう切り替えが簡単にできるだけでも、今まで自分がやってきた「常時ルート権限取得可能状態」の運用法に比べれば自由度があるといえる。

メモ。以下2番めの記事より引用。

ちなみに、Qua Tab 02をFastbootモードにするためには、本体をPCをUSBケーブルで接続した上で電源を落とし、白い画面(ドロイドくんが中央に表示されている)が完全に表示されるまで電源ボタンとボリュームのマイナスボタンを押し続けて下さい。白い画面が上部からスライドしてきている途中で放しちゃダメです

H2testwによるMicro SDカードの検査

64GBのmicroSDXCをH2testwに検査させようとすると表示される警告

64GBのmicroSDXCをH2testwに検査させようとすると表示される警告

Huawei製Au Qua Tab 02 HWT31のブートローダーアンロックとルート化、そしてSIMロック解除を行った。

バックアップを取れるようmicro SDカード(正確にはSDXCカード)を購入した。選んだのは、東芝 Toshiba 超高速U3 4K対応 microSDXC 64GB 専用SDアダプ付 【 3年保証 】 [並行輸入品]。「この商品は、jnhショップが販売し、Amazon.co.jp が発送します。」が選択のキモ。販売者が直接発送する東芝 Toshiba 超高速U3 4K対応 microSDXC 64GB 専用SDアダプ付 海外向パッケージ品 [並行輸入品]は10円だけ安いが、問題があったときにアマゾンが直接対処してくれる方が格段に意味がある。注文したときには気づかなかったが、同じ「jnhショップが販売し、Amazon.co.jp が発送」でも保証が3年ではなく5年の東芝 Toshiba 超高速U3 4K対応 microSDXC 64GB 専用SDアダプ付 【 5年保証 】 [並行輸入品]が100円高い。

さて、今までそのようなことはしたことがなかったが、本来あるはずの容量があることをテストしてみた。それにH2testwというフリーのツールを使った。容量を詐称しているカードがあり、それは単にWindowsでマウントしただけではわからないが、このツールが実容量を測定してくれるという。

H2testwによる並行輸入の東芝製microSDXC 64GBカードの検査結果

H2testwによる並行輸入の東芝製microSDXC 64GBカードの検査結果

ざっくりとした説明は”How to Check an SD Card for Errors | Techwalla.com“の該当部分。”H2testw 1.4 – Gold Standard In Detecting USB Counterfeit Drives « SOSFakeFlash“にもう少し詳しい説明。H2testwの公式サイトはドイツ語で書かれている英語訳を読むとある程度わかる。

実際にmicro SDカードをUSBカードリーダーに挿してH2testwを起動すると、最初の図にあるような警告がまず表示される。気にせず続行すると、最終的に問題がなかった旨の表示があった。

本来はスピードも検証すべきなんだろうが、今回重要なのは容量がしっかりあることだったので、USB 2.0ポートを使い、安物のUSBカードリーダーを使ったので、スピードの数値は全く意味がない。

うちのガスシステムキッチンの内蔵グリル、点火後1分ほどで自動消火してしまうように

うちのガスシステムキッチンの内蔵グリル。着火後1分ほどで自動消火してしまうようになってしまった。

うちのガスシステムキッチンの内蔵グリル。着火後1分ほどで自動消火してしまうようになってしまった。

うちのガスシステムキッチンの内蔵グリル。焼き魚はもちろんのこと、焼き芋を作ったり、鶏肉を焼いたりするのに大いに重宝してきたが、着火後1分ほどで自動消火してしまうようになってしまった。

グリル内の上部。自分なりに掃除した後。

グリル内の上部。自分なりに掃除した後。

大阪ガスの関連会社で亡父が台所のリフォーム(その一環としてこのシステムキッチンを設置)を依頼した会社の技術スタッフに来て見てもらった。

グリルは上部からと下部からと並行して熱を加える作りになっているが、上部の火が点火していることをモニターするセンサーに炎が当たってないため、火が消えてしまったものと判断して全体的にガスの供給を打ち切るようになってしまっているのだという。修理するには、グリル全体を交換する必要があり、そのためには天板を外すところから始めなければならない大層な作業となり、出張費+技術料+パーツ代で計1万円ほどになる、と。

そのときはどういうことかちょっとよくわからなかったが、その後掃除をしてみると理解できた。上の左の写真は、自分なりに掃除をした後グリルの内側の上部を撮影したものだが、これだけではわかりにくだろう。コメントを付けた以下の図(自分用オリジナルへのリンク)ではもう少しどういうことかわかると思う。

上部のガス噴出口と点火状態を監視するセンサー

上部のガス噴出口と点火状態を監視するセンサー

父が台所の流しに置いていた各種のブラシ。何に使うのだろうと思ってたらコンロの掃除に使っていたのか。

父が台所の流しに置いていた各種のブラシ。何に使ったのだろうと思ってたがコンロの掃除に使っていたのか。

ピンクの楕円で囲ったところにある棘状のものが、その炎をモニターするセンサーなのだそうだ。着火スイッチを押すと、そのすぐ背後にスパークプラグがあるようで火花が散るのが観察できる。「天井」には、ガスが噴出する細かい穴が開いており、それがラインを形成している。これを「ガス噴出ライン」と呼ぶことにしよう。そうやって飛び散る火花によりガスに着火する、という仕組みのよう。

最初の着火状態。センサーに火が当たっていないためいずれ自動消火されてしまう。

最初の着火状態。センサーに火が当たっていないためいずれ自動消火されてしまう。

最初はこの写真にあるように、点火してもガス噴出ラインの左側と手前には着火するものの、右側には着火していない状態だった。この状態ではセンサーに炎はあたってないので、1分もしないうちに自動的にガスの供給が打ち切られる。

なぜガス噴出ラインの右側に着火しないのか?技術スタッフの説明によると、ガス噴出口はそもそも一つ一つの径が小さいわけだが、そこにススなどが蓄積する、あるいは不用意に掃除をしてかえってゴミを押し込んでしまう、などの理由でガス噴出口が詰まってしまうからだという。

センサーまでなんとか火が届くようになったところ。これで自動消火は避けられるようになった。

センサーまでなんとか火が届くようになったところ。これで自動消火は避けられるようになった。

ならその穴の詰まりを除いてやれば改善が見込める。このとき、以前からの疑問が1つ解けた。父は台所の流しに各種のブラシを置いていた。古歯ブラシから金ブラシやら、おそらく豚毛のブラシもある。どれも相当に使い込んだ形跡がある。何に使ったのだろうと思ってたがコンロの掃除に使っていたのか。

これらブラシを使いながら地道にゴシゴシやっていると、ガス噴出ラインの点火プラグから手前までは着火するようになった。この時点で、センサーに炎が継続的にあたるようになったので、自動消火されることなくとりあえずグリルを使うことができる状態になった。

遂に右奥まで炎が到達するようにすることに成功

遂に右奥まで炎が到達するようにすることに成功

とはいえ、ガス噴出ラインの右奥には着火しない。その部分のガス噴出口が完全に詰まってガスが出てないのならまだいいが、中途半端に出ている状態なのなら、プチガス漏れ状態ということになる。それはそれでちょっと気持ち悪い。もっとも、今回問題が発覚する前に既に長らくこの状態になっていた可能性も大いにあるのだが。

いずれにせよわかってしまった以上ほっておくわけにもいかず、もう少し頑張って掃除を続けた。ここに至るよりももっと労力・時間がかかったように思うが、ともかくガス噴出ラインの右奥まで着火し、しかもそれが維持されるところまでもっていけた。

一件落着。


ダイソー某店にて「ミニルーター」(正確にはリューター)が600円で売っていた。横のワイヤーブラシアタッチメントと組み合わせればガス噴出口の詰まり除去に使える?

ダイソー某店にて「ミニルーター」(正確にはリューター)が600円で売っていた。横のワイヤーブラシアタッチメントと組み合わせればガス噴出口の詰まり除去に使える?

後日、ダイソー某店にて「ミニルーター」が600円で売っているのを見つけた。横のワイヤーブラシアタッチメントと組み合わせればガス噴出口の詰まり除去に使えるかもしれない。

ちなみに正確には「リューター」と呼ぶべきなのだそうな。英語では”die grinder”, “rotary tool”となるよう。紛らわしいことに、「ルータ」という別種の工具もあるよう。こちらは、英語ではまんま”router”