HDMIのARC (Audio Return Channel)機能の限界

ARC (Audio Return Channel)についてはきちんと調べたことがなかったのでちょっとお勉強。

What is Audio Return Channel (ARC)? – CNET” 2014年の記事なので内容が古い可能性あり。実際、↓の記事と内容が完全には合致しない。

  • TV機種によってはARCによって伝送されるオーディオは2チャンネルのみのことがある。
  • 5.1チャンネルを伝送できる機種でも、そうするのは自身がオーディオソースであるときのみ(内蔵チューナで受信したソースがそうであるとき、TVがスマートTVでストリーミング・サービスから受け取るデータがそうであるとき、など)で、外部Blu-rayディスク・プレーヤーなどから入力されたものについてはそうしない(ただし↓の記事では、全てのTVがそうではないように読める)。
  • Dolby Digitalしか通さない。一部Blu-rayディスクで採用されているDolby TrueHDやDTS-HDはアウト。

Everything You Need to Know About ARC (Audio Return Channel)” 2015年

ARC can also be beneficial to those who own a soundbar or other audio system with limited HDMI inputs. You can feed your various sources (Blu-ray, cable/satellite, gaming console) into the ARC-supported TV’s HDMI inputs and route all of the audio signals out via one HDMI cable to an ARC-capable soundbar. However, we must point out that this particular approach may limit the audio from external sources like Blu-ray to stereo only. Some TVs will pass multichannel audio over ARC only from internal sources like the apps and tuned channels.

Arguably the biggest downside to ARC is that, since it was originally designed to replace the TV’s digital audio output, it supports only the transmission of the same PCM, Dolby Digital, and DTS soundtracks that will pass over the SPDIF output. It doesn’t currently support the passage of Dolby TrueHD or DTS-HD Master Audio, although a representative from the HDMI Forum told me that this support is possible and could find its way into a future HDMI version. Right now, most streamed video-on-demand content is limited to DD 5.1, but that’s changing. VUDU and Netflix offer some titles in Dolby Digital Plus, for instance, and M-Go recently announced plans to offer DTS-HD Master Audio soundtracks for some of its 1080p and UHD movies. While it would be preferable to get these higher-quality streams, DolbyDigital 5.1 through your HT system is still better than stereo through your TV speakers. (日本語にするのがしんどくなったので埋め込みリンクを含め原文のまま、ただし太字は私によるもの)

この記事には具体例でARCを活かす接続手順を示しているので参考になる。その中でもあるように、ARCはCECと組んで使われることが多い。

ディジタルAVシステムを使うのならまだしも、父の残したアナログ・オーディオシステムを活用しようとするのなら、上のARCの限界は実質問題にならないかも。2chのスピーカーのみでサラウンド環境すら構築されてないのだから。CECによる連携も、どうせリモコンすら用意されてない機器がシステムにある以上、結局物理的に機器の前に来てボタン操作で切り替え等をしなくてはならないので、こだわる意味がないだろう。

広告

HDMIのARC (Audio Return Channel)機能の限界」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 大型テレビ? | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: けちけちホームシアター | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中