結局Chromecast (v2, あるいは2015)を購入

Chromecast 2015を液晶ディスプレイに繋いでみた

Chromecast 2015を液晶ディスプレイに繋いでみた

結局Chromecastを購入した。初代のではなく2代目なので、 “Chromecast v2” 、あるいは  “Chromecast 2015” と呼ぶことで区別されることが多いようだ。

定価5千円はボッていると思うので触手が動かない(特に米国内では$35だと知ってると)が、たまたま “Chromecastが実質1,980円、ソフマップの大人気セールが復活 (取材中に見つけた○○なもの) – AKIBA PC Hotline!” を見て、地元のソフマップに問い合わせるとそこでも同じセールをやっているという。それならば妥当なお値段と判断した。4K対応の上位モデルChromecast Ultraは日本ではまだ未発売だが定価1万円程度。発売当初はどうせ安くはならないだろうし、そもそも4Kコンテンツがあまりない現状では宝の持ち腐れになるだろう。コンテンツが増え、お値段がこなれてきたところで再度考えよう。

さて、例によってroot化が可能かが気になった。そもそもChromecastは機能を絞り込んだデバイスで、root化ができたとして意味があるかも怪しかったが、セットアップをする前に調べてみた(セットアップするなり自動でアップグレードするというので)。XDAの該当フォーラムを覗いてみたところ、少なくとも以前はできた模様。FAQはあるが明らかに内容が古い。確実な情報が得られなかったが、”[ROOT] HubCap Chromecast Root Release! – Post #1021“によれば、ビルド19084以降のファームウェアでは無理、とのこと。

LANが外部に繋がらないようにしておいてから、Google HomeアプリでChromecastの初期設定をした上でGoogle Homeアプリでビルド番号見てみると…39166。え、見るところ間違ってる?ま、そもそもそんなにroot化にこだわっていたわけでもないので、外部に繋いでアップグレードさせてやると、ビルド番号が74816。やっぱり見るところ間違ってる?

そもそもroot化のメリットとして、”[FAQ] Root Mini-FAQ: What’s the big deal wit… | Android TV“(2014年初頭に書かれたもの)では以下のように述べている。

Right now, functionality-wise, root brings you

  • DNS control (use non-Google DNS)
  • Telnet access
  • Other mods/enhancements the community may contribute

DNS control is important for people using Chromecast outside of the US, as many of the Chromecast services like Netflix and Hulu Plus are either unavailable or have restrictions on available content in other countries.

DNSに関しては、root化などせずとも、DHCPサーバー側の設定でなんともなるんじゃ、と思ったが、ChromecastはハードコードされたGoogleのDNSサーバーを利用するようになっているらしい。対策はあり、ルーター側で8.8.8.8などのGoogleのDNSサーバーへのアクセスがこけるようにわざとして、デフォルトのDNSサーバーを利用させる、ということのよう(参考:”How to Bypass Chromecast’s Hardcoded DNS (and… – Hugo Royer – Blog“)。この点についてはまた稿を改める。

うちには2.4GHz帯の11b/g/nと、5GHz帯の11a/n/(ac)の2種のwifiを運用しているのだが、Chromecast設定時、設定用スマホとChromecastが同じSSIDに繋がっていることが要求された。そんな制約特に必要ないように思うのだが…。

一旦2.4GHz帯b/g/nでChromecastの設定をした後、5GHz帯の11a/n/(ac)に切り替えようとしたら何度試みてもうまく行かなかった。 “Chromecast2で5GHz(11ac)Wi-Fiに繋がらない時の対処法 – ガジェ論” を参照して、リセットしてやり直すことで解決。

さて、Chromecastを繋いだ液晶ディスプレイのヘッドフォン端子からアンプに繋ぐと自動的にモニタ内蔵のスピーカへの出力が止まる。ヘッドフォン端子であることを考えれば当たり前の挙動か。全般的に音質は意外と悪くないというのが最初の印象だったが、実は嫌なハム音が出ていて、これが不快な感じや聴き疲れを起こさせる。 “けちけちホームシアターシステムの構築法” での図2に相当するやりかたで、それでどの程度の音質になるかを知りたかったのだが、やはりあまり芳しくなかった。今の液晶ディスプレイには光オーディオ出力端子がないのでできないが、きちんとしたTVを入手したときには、そこの図3の光オーディオ出力を外付けコンバーターでアナログ変換する方法に落ち着くのかも。

なお、このChromecast (v2, あるいは2015)を有線でLANに接続するため必要なものは注文した。また、かつて大型テレビ購入についていろいろ考えてみたが、今回Chromecastを入手したのでそれを前提に再考した

広告

結局Chromecast (v2, あるいは2015)を購入」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: Chromecastを入手した今大型テレビについて再検討 | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: Chromecast (v2, あるいは2015)を有線でLAN接続 | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. ピンバック: ジオブロッキングを回避するDNSサービス | あくまで暫定措置としてのブログ
  4. ピンバック: Chromecastについて知っておきたいこと | あくまで暫定措置としてのブログ
  5. ピンバック: VNCクライアントが受け取った画像データをChromecastにキャストできないか | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中