IPカメラが壊れたかと思った

ACアダプタを取り替えた後無事動作を再開したIPカメラ

ACアダプタを取り替えた後無事動作を再開したIPカメラ

台所に設置してたIPカメラが突然動作しなくなった。動いたの3年くらいか?アラーム入出力端子つきのもので、ビデオ監視よりも、大阪ガスの煙・ガス不完全燃焼探知機ぴこぴこの同報機能で通知を受け取り、それを電子メールなどで自分や父に通知できることが主たる目的だった。父がまだ存命中に設置したもので、ゆくゆくは不用意な彼がコンロの火をつけっぱなしにしたりしたら、それを画像処理で検知できるようにしたいなどと思っていたが、それは企画倒れに終わった。彼が脳梗塞を起こしてここには住まなくなったので。

今ある知識では、その目的のためにアラーム入出力端子を持つIPカメラを利用するという手段がある、というのはほぼ自明なのだが、最終的にこれに到達するまでには何気に手間隙かかってる。LAN接続するのさえ、今は結局ここまでずるずるEthernetケーブル(UTPケーブル)を引っ張ってきて有線で接続しているので安定しているが、当初はwifiで接続しようとし、しかし鉄筋コンクリートづくりのこの家では思うようにwifi電波が通らず、それだけでも頭痛の種だった。そうやって苦労して曲がりなりにも1つの解に到達したら、もうそのことは忘れてしまいたい。なのにまた手をかけなければいけないのかと考えると正直気分が滅入った。

が、ふと、ひょっとしてイカれたのはIPカメラ本体ではなくてACアダプタの方では、と思い取り替えてみたら…動作した!しかし!「新しい」ACアダプタは実は、かつて一人暮らしのおばのみまもりが娘がしやすいようにと用意した他のIPカメラに付属していたものだった。しかも今回壊れたのと同型。

さらに、この「新しい」ACアダプタも、既に壊れたと思って代替品を用意したものだった。新たに単品で入手した新しいものではなく、置き換えられた、少なくとも当時は故障していると思っていたものだ。

なんともはや、そんな経緯があったので結果として「古い」ACアダプタの代替品が手元にあった。ただ、今は一応使えている「新しい」ACアダプタも、「古い」のとおそらく同型であるので同様にいずれ壊れてしまうかもしれない。なにしろ、既に一度は壊れたと判断したものだったのわけだし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中