Google Fitと同期する体重等の身体データを記録するAndroidアプリ

Weight Track Assistantは各種関連情報の入力をサポート(画面に全て表示されていない)

Weight Track Assistantは各種関連情報の入力をサポート

Monitor Your Weightで入力できる関連データの種類は少ない(画面に全ては表示されていない)

Monitor Your Weightで入力できる関連データの種類は少ない(画面に全ては表示されていない)

2年以上使っているソフトバンクの「スマート体組成計 301SI」はソフトバンクの専用サイトにデータを自動でアップロードする機能があるが、その回線契約を解約したため、それが利用できなくなった。 “みまもりが主目的の体重計” でそれに細工をすることで同様の機能を実現するか、ないしは同様の機能を持つ他のスマート体重計の購入も検討したが、結局どちらもやっていない。なので、手作業で301SIの示すデータを記録していくことにし、それためのAndroidアプリを探した。

要件は以下の通り:

  • ソフトバンクの「スマート体組成計 301SI」で得られる各種数値を極力多く保存。製造元のセイコーソリューションズの用意しているこの製品のウェブページを参照すると、以下のデータが得られることになっている。
    測定項目 体重: 0~136kg(ただし体重確定は5kg以上から)
    (5~100kg=100g単位、100~136kg=200g単位)
    体脂肪率:5.0~75.0%(0.1%単位)
    BMI:0~136.0(0.1単位)
    基礎代謝:100~2,999kcal(1kcal単位)
    内臓脂肪レベル:30レベル表示(0.5単位)
    身体年齢:18~80歳(1歳単位)
    骨レベル:10レベル表示(1レベル単位)
    骨格筋レベル:10レベル表示(1レベル単位)
    水分量:5~75%(1%単位)
  • Google Fitと連携。やはりGoogleのサービスにデータを残せるのは安心。
  • Google Fit自身の制限として体重しかGoogle Fitにデータとして残せないので、他の種のデータを含めてエクスポートするか、ないしは他のサービスに同期させる手段が提供されていること。
  • こういうことをやろうとする人は減量目的でやることが多いため、アプリが減量のプラン提供や食事の記録もできるようになっていることが多いが、自分にとってはそれは余計な機能なのでそういうのがない方がむしろ望ましい。

まず、Google Fit単体で体重の記録はできるがその他の数値の履歴は残せない。なので他の情報を残すための別のアプリが必要。

フィットネス/ウェルネス関係のアプリというと、既に使っているEndomondo – Running & Walkingは “weight tracker” ではなく “activity tracker” なので体重を記録するような機能はない。Pulsometer RRは主にheart rate zone trainingが目的であるため、これまた体重を記録するような機能はない。

Weight Track Assistantでは体重と関連データが一画面で入力できる

Weight Track Assistantでは体重と関連データが一画面で入力できる

Monitor Your Weightでは体重と関連データの入力が一気にできない

Monitor Your Weightでは体重と関連データの入力が一気にできない

Google Playで “Works with Google Fit” というタイトル下にGoogle Fitと連携するアプリのリストを提供してくれている。

Weight Track Assistant – BMI(以下WTA)Monitor Your Weight(以下MYW)どちらもGoogle Fitと連携する。

とりあえずはWTAを選択。ソフトバンクの体組成計で得られる数値の多く(全てではない)が入力できる。ただし、WTAでの入力は体重を除いて%単位になっているが、体組成計は必ずしも全てそうなってない(例えば、「30レベル表示(0.5単位)」)ので、換算が必要。MYWで入力できるのはずっと少ない。WTAでも入力できないのは、BMI(ただし体重と身長から自動計算できるものなので不要)、身体年齢(どれほど根拠があるのか怪しいのでそもそも重視してない)、骨格筋レベル(本来の用途とは違うのだろうが”Muscle”として入力することは可能)。スクリーンショットでは含めていないが、基礎代謝はBMR (Basic Metabolic Rate)として記録可能。BMRの単位はいろいろあるようだが、WTAでは特に単位を示していないことだし、301SIの示すKcal(正確にはKcal/日だろうが)単位での数値をそのまま入力すればよいだろう。

入力方法も、WTAは同じ画面で全て入力できるのに対し、MYWは体重とそれ以外に分けて入力しなくてはならないのが微妙に不便。

WTAのバックアップに感しては、Google Fitへのアップロードができる(ただし体重のみ)に加え、専用クラウドへのバックアップおよびそこからのリストアもサポートしている。記録に使う端末を替えるような際には有用だろう。その他、ローカルにバックアップファイルを作成することも可。その際Excelフォーマットを指定することも可。

WTAに関して気になるのは広告が表示されないようにするプラグインが512円すること。あと細かい点だが、履歴を削除できないのも困る(テスト目的に入力してみたデータなど)。

Monitor Your Weightは各種スマート体重計と連携する

Monitor Your Weightは各種スマート体重計と連携する

MYWは各種スマート体重計と連携するようであるので、そういうのを使用している人には便利かも。