初マッソギ・トーナメントからの教訓 #TKD

忘れてしまわないうちにメモ。

キックボクシングとは完全に別物だと認識する

これが自分にとって本質的に大事な認識ではないか、と。打撃系立ち技の競技という点では共通していても、効いたかどうかで勝敗を判断するキックボクシングと、ポイント制のテコンドーのマッソギでは戦略も違えば有効な技も違う。キックボクシングのようにマッソギをしても、相手がよほどヘタでもなければ勝負にならない。

今まで、打撃系立ち技の格闘技の別の現れ、というような認識だった。それは改めなければなるまい。そういう側面はもちろんあるのだが、格闘技ではなく競技としてやるときには別物だということ。アメリカ英語とイギリス英語は、もちろん共通するところは大いにあるものの、ごちゃまぜに学ぶと混乱する。今の自分がまさにそういう状態のような気がする。

間合いを急激に詰められるようにする

自分の手の内をしっている「身内」は、通常距離を取って戦おうとする。自分のパワーパンチやパワーキックを恐れるから。当然の戦略で、それに対処できねばならない。

距離を取られてしまうとこちらの攻撃は当たらない。それは相手にとっても同じだが、引き分けではなく勝ちを狙うのなら、自分の攻撃を届かすことができなければならない。そのためには、距離を急激に詰められることが必要。蹴り、突きの連攻の際、大きく前進しながらできるようにする

それぞれの攻撃が速いことも重要。重いことは重要ではない。悲しいかな自分の攻撃はともかく遅い。スピードを上げるためには、力む必要のないところでは脱力できてることも大事なんだろう。スピードを重視すれば回し蹴りも自然とオリンピック競技としてのテコンドー式になるんじゃないかと思うが…。一応フォームは知ってるわけだし。甘いか。

また、距離を取ってくる相手の場合当然カウンターを狙ってくるであろうから、それも想定して対処できなければならない。

対人でゆっくり・軽く技の反復練習をする

技を取り出してドリルとして学ぶことがあっても、それがマッソギで活かせてない。つまり技が身についていない。これは対人でのゆっくり軽くやる技の反復練習が足りてない…というか現状では全くない。ここは悩ましいところ。

ミット相手のドリルをするのと、マッソギ中にその技を繰り出すことの間にはスキルとしてはそのレベルにギャップがある。それは間違いないのだが、このギャップは人によって大小の差が大きくあるんじゃないか、というのが自分の仮説。小さい人は、ミット相手のドリルを経た後、マッソギ中実際にその技を繰り出すようになることがさほど困難ではないのだろう。

自分の場合このギャップが非常に大きいのではないかと感じる。なので、この2者の間の中間ステップとして、対人でゆっくり・軽く技の反復練習をすることが不可欠なんだと思う。しかも相当な回数。だが現状クラス中にこの機会はない。以前少林寺拳法をやっていたときなどは、クラスの後好きなもの同士が残ってそういう自主練をしていたものだが、今のTKDのクラスでは、すぐ後に別のクラスがあるか、そうでない場合も既に夜遅くて先生方は早く道場を閉めてお帰りになりたいだろう、という配慮からできない。クラス外でなんとかそういう練習する機会を作らなければならない。

対人で実際に当てる(軽くにしろ)練習をしていないために起こっていると思われる自分の問題点:

  • 距離感の混乱-ミット(特にしゃもじミット)相手の回し蹴り練習ばかりをやっていると、本当に人に当てるときの距離感がつかめない。というか、むしろ誤った距離感を培ってしまうのではないか。キックボクシングのスネで当てるのとも距離が違うのでなおさらそう。
  • できるかもしれないハイキックが出せない-上の点の派生点のようなもの。体が硬い自分だが、自分と同じ身長か低い相手にはハイキックが(パワーは乗らなくても)届くところまで来ていると思う。が、本当に当てる(だけの)練習が皆無なので、そもそも自分にハイキックができるという実感がなく、マッソギ中自分自身で潜在意識下に有効な選択肢としては排除してしまっている。
  • カウンター攻撃が実戦でできない-例えば「吸い込み」の場合、しゃもじミットを使った練習では、相手は本当に回し蹴りを当てに来ないし、カウンターの回し蹴りも本当に相手の胴なり頭なりに当てない。当たりは軽く留めるにしろ、本当に当てに来る回し蹴りに対して、本当に回し蹴りを当て返そうとする練習を数こなさないと、自分の場合使い物になる反応回路が形成されない。
  • パンチが有効に利用できない-ITFマッソギではパンチは限定的にしろ許されているのに、通常の練習ではパンチの使用は抑制されているため、自分の頭の中ではパンチがマッソギ用スキルセットの一部として組み込まれてない。なので、今パンチを使うと必然的にキックボクシングのパンチの使い方になってしまう。

至近距離での蹴りができるように

前述のように、自分の手の内を知っている相手が、自分相手にあえて至近距離の間合いに入ってくることはあまりないと思われる。しかし、それでもそうする人はいるだろうし(昨日のマッソギ2戦目がそうだった)、自分のことを知らない人がそういう攻撃をしてくることはありうる。

その場合は、 “「壮年」向けテコンドーセミナー” で教わった至近距離からの攻撃、特に蹴りができるようにする。つい顔面パンチに走ってしまうが、それでは注意・減点されるだけ。ただ、これも上で述べたようなゆっくりした対人練習を反復しないと身につかない。ここはできるようになるとキックボクシングにもそのまま活かせる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中