キルギスタンの携帯電話事情

訳あってキルギスタンの携帯電話事情をちと調査。まずは“キルギスタン SIM”をキーワードにGoogle 検索すると以下の記事が見つかった。

最初の記事に書いてあることが真実なら,料金の面からはAirSIMなど海外ローミングSIMなどは安心して無視して現地SIMを使え,ということだろうか。”海外の様々な国で使える、ローミング周遊SIMを比較しました – Kumi-Log 海外ノマド放浪6年め“によるとその記事で比較しているローミングSIMでキルギスタンをカバーするのはAirSIMのみ。Kyrgyzstan – High Speed 3G Dataを見ると,料金は例えば「 Kyrgyzstan 5 Days 1GB 3G Data HK$138」なんだが,それは2,000円ほど。高い。AirSIMはSMSをサポートしないそうなのもあまり嬉しくない(…がどうやらローミングSIMではそれはむしろ普通のよう)。

上記記事には触れられていなかった,既存SIMカードに上に貼るタイプのeSIMを提供しているFlexiroamはキルギスタンをカバーしているが,グローバルプランなるプランが適用され,高い。ただ,余談としてはローカルプランで90日以上前に予約していると日本国内での使用でMVNO並かそれ以下の料金になる。グローバルプランには同様の割引はない。eSIM自身に有効期限はないようなので一枚持っておいても悪くないかも。アマゾンで500円だし。通常通話,SMSともサポートしていない普通のSIMカードで提供されるMogo Sもキルギスタンをカバーしているが,例えば300MB/日x7日で$20ほど。以前友人に勧められたSIM2FLYは残念ながらキルギスタンをサポートしてない。

ところで,上に列挙された記事を読むと,ものの見事に誰一人として現地携帯事業者が使用している周波数帯とか気にしてない…。信じがたいがそれでも問題なく済んでるってことがもっと信じがたい。

そこら辺を調べようとしてもあまりちゃんとした情報はわからない。MegaComの Wikipediaページはキリル文字によるものしかない。以下ぐらいしか見つからなかった。

Megacom, Beelineとも3Gで2.1GHzをサポートしているようなので大丈夫かな。

 

広告

Wyze Labs製の監視カメラ

Wyze Cam v2

わけあって(後述),Wyze Labsとその製品群について調べた。最近の記事 “Recent Free, Open-Source NVR Solutions” はこの調査の副産物。

日本ではまだ知られていない。 “20ドルの防犯カメラWyze Cam、新バージョンはAmazon Echoに対応 | TechCrunch Japan” といった日本語記事はあるが。 “Amazon vets develop $20 WyzeCam home camera, end up competing against their former employer – GeekWire” や “Our Story | Wyze” を読むと,元アマゾンの社員が立ち上げたスタートアップで,ワシントン州Bothelを本拠地としていることが分かる。

製品はIPカメラとそのアクセサリが中心。その中でもWyzeCam v2に着目。わけあって(後述プラネックス社スマカメ180と機能比較をすると以下のメリットがある;

Wyze Cam v2の背面

自分としてはWyze Senseとの連携が可能だというが非常にポイントが高い。ただのIP監視カメラのつもりだったのがIoTのハブにもなりうる,ということなのだから。専用モバイルアプリ(Android版)ももちろん用意されてる。

さて値段だが,本家から購入するなら1台$19.99で米国内なら配送料$5.99で合計$26ほど。米アマゾンで購入すると日本への送料を含めて1台なら$32,2台なら$60程度。ここで特筆すべきなのは,1万円以上はする日本の同等品に比べて圧倒的に安いだけでなく,「中国からAliexpressで直輸入する怪しい製品」クラスの値段か,さらにそれ以下であることだ。それは,Amazon.comで少し検索してみるとすぐ分かる。安いものは聞いたこともないブランドのものばかりだ。Wyze Cam以外に唯一検討してもいいと思ったのは,YI 1080p Home Cameraで,価格は若干高い程度で機能も似通ってる。ただ,オフにしているはずでも常時カメラの画像・音声データをクラウドにアップロードしているらしく,とてもじゃないが人に勧められない。

日アマゾンでは送料無料で5,000円弱eBayでも送料を入れれると同程度セカイモン(「eBay公認海外通販」)で “wyze cam v2” で検索すると本体は4,000円強で手に入ることがわかる(同時に,設置のためのブラケットの類が複数種類売られていることが分かる)。が,送料が3,000円以上かかることを考えるとバカ高い。

ところで,そもそもなぜこんなのを調べたかと言うと,頼まれてプラネックス社スマカメ180(CS-QV60F)の設定を,併用予定のルーターと合わせてやっている最中に,CS-QV60Fのファームウェアアップデートがコケてしまったのか,正常動作しなくなってしまったからだ。自分の落ち度かどうかはわからないが,代替品を考えざるをえない。

こういう有線接続ができずwifi接続に頼ってる機種は,こういう問題があったときに,ファームウェアを書き込んだmicro SDカードを差し込んで何かボタンを押しながら起動したりするとそれがフラッシュされたりする仕組みを持っているようだが,プラネックス社は直接ファームウェアを公開しておらず,専用アプリからしかアップデートができないため,それを試すことすらできない。

CS-QV60Fは,以下を読むといろいろ問題があった機種のようで,自分がヘマしたのか,機種自体に問題があったのか確かなところはわからない。

Tenvis

以前玄関に設置したTenvis Mini319W IPカメラ。元々戸にあったのぞき穴を利用して,戸の外側にあるカメラへの電源供給とカメラの固定を実現していたのが我ながらの自慢。

ついでに,プラネックスのIPカメラ製品群を見るとやたら充実している。以前日本ではIPカメラの類はほとんど売られてなかったので隔世の感がある。プラネックスも頑張ってるようで,IFTTTサービスとの連携とかサポートしているのはよい。問題の多いルータ製品群で一般に浸透した,「プラネックス製品は『安かろう,悪かろう』」のイメージの払拭に努めているのかしら。