元プロキックボクサー主催の練習会での学び

8月末に元プロキックボクサーから学んだこと“に書いたキックボクシングのクラスに,先日1年以上開けて初めて参加した。通常テコンドーのクラスと被る曜日に開催されているためなかなか参加できなかったのだがたまたま先週はイレギュラーな曜日開催だったので参加できた。

学んだことは以下。右前のいわゆるサウスポー・スタンス前提で。

  • 左ストレートは肩を返す。
  • ステップ・インして左ストレート,右のアッパー
  • 前(右)のフックを打つ際,前足のかかとを返さない。次の蹴りに続けにくくなるから。代わりに前足の膝を内側に入れ込むことで同様の上半身の回転を生み出す。
  • 1-2から左手を引いて再び上段を突くと思わせながら中段。続いて右でフック。

顔面への連打に対するガード:ジャミラ肩で両腕を前に突き出し,前の手で押すぐらいの感じで相手との距離を取る。前の腕はまっすぐ前へ,左は肘を外側に向け少し折って顔前面をカード。その下から相手の動きを見る。ただし左腕に遮られて,顔面は見ることができず,相手の胸の上部より下を見ることになる。このガードスタンスではアッパーは防げないのでそれだけには注意。自分は腰を落としてその場で踏ん張りがちだが,むしろ前方向に伸び押す感じ。

テコンドーの訓練で身につけたことがどの程度役に立ったかについては,トラヨッチャギ(回転横蹴り)は入る局面はあったように思った。もって回った表現になっているのは,コンタクトの瞬間を自分の目で見て確認できてない上,当然ながら思い切り蹴り込むようなことはしていないためはっきり体感できなかったから。あと,以前よりはフットワークを使うようになっているおかげで,相手の攻撃を下がってかわすのはうまくなった気がした。その後即反撃に転じることはあまりできてないが。

練習に使用された会場は暖房設備が全くないのだが,それを全く考慮してなかったのが大失敗だった。最後には体もあったまって,いつものTシャツと短パンで十分だったが,それまではかなり寒かった。