Xiaomi Mi Flora Monitor

Xiaomi Mi Flora Monitor

Xiaomi Mi Flora Monitor

中国Xiaomi社Huahuacaocao Flower Care Smart Monitorという製品がある。植物を育てる際,それが植わってる土にスティック型の形状のこの製品を差し込むことで,養分、水分、気温,日当たりが計測でき,Bluetoothで接続したスマホ上の専用アプリ(Android版はFlower Care)でそれらデータが閲覧できる。CR2032ボタン電池で1年間駆動可能としている。後でも述べるが,日本では実質同等品が「ベジトラグ グローケア ホーム /A」として販売されているので日本語でのより詳しい情報はそちらをどうぞ。

最近家庭菜園に力を入れているので,この製品に興味を持った。

さて,Xiaomiは “Wyze Labs製の監視カメラはOEM提供を受けた製品だった” にも書いたような監視カメラ製品も出すなどIoT製品群に力を入れているようだ。Mi Flora Monitorは,Huahua Caocao /花花草草 / HHCC Flower Care Smart Monitorをリブランディングしただけだと思われる。HHCCのサイトにも現在掲載されていないが, “Flower Care”センサーには “Basic”版が存在し,これはBluetooth接続機能は持たず,LEDランプで各種情報を提示するだけの模様。このリスティングで “Ordinary Version” とされてるのがそれ。Banggoodでも見つかった

イギリスVegTrug社にも,同じくHHCCからOEM提供を受けているのではないかと思われるGrow Care Homeという製品がある。同様のGrow Care Gardenもあるがこちらは電池式ではなく充電式。Grow Care PotはGrow Care Gardenを鉢に組み込んだような製品(つまり充電式)。VegTrug GrowがVegTrugの提供するAndroidアプリ。Grow Care GardenGrow Care Potも,XiamiもHHCCも相当品は出していないので,ひょっとするとOEM元は実はHHCCではなくVegTrugの方なのかも知れない。

これらVegTrugの3製品は日本ではタカショーが扱っている「ベジトラグ グローケア ホーム /A」は2,000円弱。しかし送料が880円。同じ青山ガーデンがアマゾンでは送料込みで2,860円と若干安く売っているAliExpressでFlora Monitorが送料込みで最安で2,000円弱。なので1点で購入するならやはりAliExpressが安くつく。ただ,青山ガーデンの本家サイトで購入した場合,何点購入しても送料は880円ということなので,多数購入するのならこちらを選択するのもありだろう。

AliExpressでは “International version” と “Chinese version” が売られてるが,本体の方はコイン電池を入れるだけで別段複雑な作業は発生しないので後者でも全く問題ないと思われる。アプリの方は多言語対応であるし。

VegTrugブランドのGrow Care Home(左)とGrow Care Garden(右)

VegTrugブランドのGrow Care Home(左)とGrow Care Garden(右)

さて,VegTrugの製品を単に日本マーケットで売ってるタカショーはさておき,VegTrugの製品とHHCCやXiaomiの類似製品との関係はどうなのだろう? “Anyone used a plant sensor other than Xaiomi? – Configuration – Home Assistant Community” ではSandという人が右の写真とともに以下のような投稿をしている。

@mattvolp
I currently use https://github.com/custom-components/sensor.mitemp_bt and I have not noticed any limitations with that one. I have 40 plant sensors in total, both Mi Flora and VegTrug branded.

Actually both of those sensors come with the VegTrug brand. The small one is 100% identical to the Mi Flora as far as I can tell, even the ios Flower Care app does not distinguish between them. Curiously the Flower Care app also work with the Garden sensor and uses the correct thumbnail icon, although it is still just called “Flower Care”.

The VegTrug branded “Mi Flora” sensor they call “VegTrug Grow Care Home”, and the big one is “VegTrug Grow Care Garden”. They also have their own VegTrug ios app which is almost identical to the Flower Care app. Any sensor you add to one app will show up in the other app. I also discovered that two additional companies sell/sold the small sensors and also have their own ios apps. Same app/sensor, different brands.

I like the idea of the Garden sensor and I might buy more myself, although the price is pretty steep, if you can even find them anywhere. And even though they work or should work with very minor updates with any repo that works with the Mi Flora sensors, they do not behave exactly like them. There are a few … dissapointments IMO: https://github.com/open-homeautomation/miflora/issues/138#issuecomment-583677622

Mi Flora MonitorとGrow Care Homeは中身は完全に同じと考えてよい,ということ。さらに,Grow Care Gardenも~ Homeと同様な製品だが,動作は完全に同じではない,ということ。物理的サイズも大きく違い,調べてみるとGrow Care Homeの高さは13.2cmGrow Care Gardenのは28cm…なんと倍以上違う。それぞれ単独の商品写真だけではそれは全く想像できなかった。自分の場合Mi Flora Monitorと決めたので,Grow Care Gardenとの差異はここから先気にする必要はない。

さて,単にスマホで冒頭で述べた4種類のデータが閲覧できるのはそれだけでも有意義だが,せっかくなのでゆくゆくはそのデータを元に他のことも自動化したい。例えば,養分が少なすぎるようであれば自動で液肥を投入する,であるとか。 “Automated Hydroponic System Build – Projects | Kyle Gabriel” でやられているようなシステムは,非常に本格的で素人がそうそう真似できるものではないが,部分的であろうと自動化できることは大きな意義がある。それについては別稿で

追記: TTGO T-Higrowという似たコンセプトの製品があることを知った。

1つの引っ掛けシーリングボディで複数のライトを灯す

ライトを追加したい

ライトを追加したい

部屋のつなぎ場の天井に引っ掛けシーリングがある。ウィキペディアによると,正確には「丸形露出引掛シーリング(丸型引掛シーリング)」と呼ぶべきもの。さらに正確に言うなら「~ボディ」と呼ぶべきようだ。現在LEDライト(スワン電器 薄型LEDミニシーリングライト 昼光色相当 2個セット 日本製 YCE-552)をそこに設置しているが,その丸型引掛シーリングボディから電源供給してそれ以外のライトも設置できないか考えた。

上の写真で,青線が想定しているダクトレールの設置場所/方向。赤矢印が,追加で設置を考えていたライトの光の方向。

配慮しなくてはならないのが荷重。再びウィキペディアによると,丸型引掛シーリングの場合「通常は3kg以下、ただし袋打ちコードなどの補強されたコードを用いる場合は5kg以下」とされている。現在想定しているのダクトレールを使う方法なので負荷のかかるコードはない。なので合計5kgと考えてよいだろう。

上のDiCUNO ダクトレール用スポットライト E26口金 天井照明器具 ライティングレール 角度調節 レールライトは「曲げ角度を確保するには、200g以下の電球をご利用ください」としている。実はここにはめるLEDライトとしては植物栽培のためのフル・スペクトラムランプを考えていたのだが,例えばSINJIAlight 植物育成ライトLED 120w相当 暖色系 太陽のような光 フルスペクトル 180個LEDチップ E26口金 水耕栽培用ライトの場合,重量300gらしいので,角度維持ができない。バカでかいランプなので,口金がはまり切るかも怪しい。実はこの計画全体を既にボツにしたのだが,もし進めるのなら重量に関してうまくすり合わせをする必要があるだろう。ただし,ランプの商品説明に重量が記載されてないことが多い。

4X Full Spectrum Grow Light E27 LED Grow Lamp Bulbs 28W with UV IR Flower Plant Greenhouse Hydroponics System 220V 110V Grow Box|grow box|led grow light e27led grow – AliExpressなどは2個で1,200円強と安価だが,太陽光色ではなくえげつない紫色…。それは避けたい。

さて,この追加のランプのスマート化をしたい場合。一般LEDランプで良ければ,wifi対応のランプが製品として存在するのでそれらを利用すれば良い。しかし,さすがに植物栽培のためのフル・スペクトラムランプでそういった機能を持つものは見当たらない。アダプタは存在するが(2個で2,000円強),さすがにそこまではしないか。

Gateways to the Internet for Non-IP Wireless Devices

These products fill the needs to make non-IP wireless devices accessible through the Internet.

その他: