TuyaがOEM提供する日本向けスマートプラグ

「スマート」なコンセントやテーブルタップ” で検討した上で,日本の2芯規格に対応したLonsonho Japan Wifi Smart Plug Smart Socket with Scene Light Tuya Smart Life APP Works With Alexa Google Homeはを7/19に1,191円(送料無料)で購入した。

TuyaのOEM製品を選択した理由

過去の記事の内容ともかぶるが,Tuya製品を選んだ理由は以下の3つだった。

最初の感想

  • なしのものと値段が変わらなかったのでLEDつきのものを選んだ。通電状態であればLEDが点灯するように連動させる,といったことは可能だろうが,それには少し大げさな気がする。今ひとつ有効な使い方が思いつかない(通電状態と独立の使用方法もあり)。
  • テーブルタップのようにコンセントが並んでいるものに挿して使う場合,この丸形の形状は隣接するコンセントの使用を妨げる可能性がある。例えばこの製品のように,長方形になっているものの方がそういう問題を回避できる可能性が高い。

スマホアプリ

Tuya SmartアプリとSmart Lifeアプリ “Smart Life APP VS Tuya Smart APP! What is the differance? – YouTube” によれば後者だけがIFTTT連携をサポートしている。Smart LifeアプリはOEM製品での使用が想定されているのでは?

公式ドキュメント “User Guide for Tuya Smart V3.18.1-Tuya Developer

デバイスを追加するところで,「wifiでスキャンできるよう,位置情報へのアクセスを許可するように」というメッセージが出るのだが,実際それを求めるプロンプトがアプリからなかなか表示されなかった。なんの拍子かそれが表示され,それを許諾し,EZモードで登録をすすめるとできた。

Smart Life App – A Comprehensive Guide” には以下のような記載があった。なぜか最新版からはこの部分が消えている。

…you can try out Brilliant, which is similar to SmartLife and accepts all SmartLife-compatible products as well. However, that does mean you may have to disconnect all of your current smart products and reconnect them to another application.

Same password on Smart Life and Brilliant causing strange occurrence. : smartlife

TuyaがOEM提供する日本向けスマートプラグ」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: Tuyaのスマート機器をNode-REDからアクセスする | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: Node-REDでSmartLife Airカスタムノードで給電がコントロールできないTuya製プラグをなんとか | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. ピンバック: スマホバッテリを容量いっぱいまで充電させないようにする | あくまで暫定措置としてのブログ
  4. ピンバック: 一人暮らしの老人の見守りに対するアプローチ | あくまで暫定措置としてのブログ
  5. ピンバック: 新LAN構成 | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください