Notion, Roam Research, Obsidian, and RemNote

I did a little research on Notion, Roam Research, Obsidian and RemNote, and summarized my findings in the following articles.

What I find lacking in all of the software products/services in this article is lack of support of structured figures, except the graph views provided by Roam, Obsidian and Remnote. Figures are supported at best “as is,” for example, by allowing embedding of those created in an external service. I am not happy with this. Figures are often as structured as textual notes, and those structures need to be able to be treated as such.

Airtable Coda

RemNote

See “Notion, Roam Research, Obsidian, and RemNote” for the list of related articles.

RemNote is very rich in features and it gives me the impression that they tried or are trying to include every feature found in similar products; whatever feature you find in them, it is likely you can find it in RemNote as well.

At the same time, RemNote has its unique features too. Possibly since Mike and Matty, two brothers, one of whom is a medical doctor and the other a medical student, “work with” RemNote (I don’t know what exactly that means, but at least I know they create a lot of videos on RemNote), there is a palpable focus on studying and researching, particularly memorization.

Memorization-Specific Features

Active recall and spaced repetition are said to be key to efficient memorization. Both Notion and Roam allow you to practice active recall in a rudimentary form by utilizing the toggle feature, but for spaced repetition, it is up to each user to come up with his method. RemNote goes much further than that in both fronts. “In-Depth Biology Textbook Example” discusses problems with old-fashioned, simple flashcards.

First, it has a built-in flashcard feature; it can actually show ques in the card format. In fact, the whole RemNote is built on top of the flashcard concept. Just like Roam, knowledge is represented by a network of nodes in RemNote, but with RemNote, every node is called a rem and is conceptually a flashcard. Whether you actually use it as a flashcard is entirely up to you.

Each rem can be either a “concept” or a “descriptor,” both of which is coupled with its content. A descriptor denotes a relationship to the rem’s parent rem. You can create flashcards in either direction: forward and backward. In a concept’s case, the forward flashcard shows the concept name and the user is asked to give its content. The backward flashcard asks in the reverse fashion. In a descriptor’s case, the forward flashcard is what you expect, but the backward flashcard isn’t — it shows the entire descriptor, i.e., descriptor’s name and its content, and the user is expected answer the name of the parent rem. You can also a create a “question” flashcard, which is a generic conventional flashcard, as it were, in that it consists of a question and an answer. For more, see “RemNote Tutorial #2: Making Flashcards – YouTube.”

Second, algorithms for spaced repetition comes built in.

Third, you can create more advanced forms of flashcards: i) “cloze” type, and ii) image occlusion type. The first type is those with blanks in a passage on the flashcard and you are expected to fill them with answers. The latter form is a graphical version of the cloze type. The flashcard shows an image with masked parts, which, for example, cover the names of certain parts of the image, and you are to answer those names. See “RemNote Tutorial #23: Cloze Rem – YouTube” for more on the cloze type, and “RemNote Tutorial: Image Occlusion – YouTube” for more on the image occlusion type.

Both allows for multiple “blanks.” They give you fine control over the order of the blanks to be uncovered, e.g., all at once; one by one in a specific order; some at the same time, and then some more together, etc. But the order is set by the person who designed the flashcard. So what you cannot do as the answerer is to uncover the blanks in the order you like; you can only uncover them in the prespecified order.

It can even import and export data from and to Anki. See “RemNote vs Anki, SuperMemo and other Spaced Repetition Tools.” for more.

Comparison with LiquidText

There are also features for studying from the PDF files (see “RemNote Tutorial: PDF Editor (Pro Version) – YouTube” ). In this regard, you could say RemNote occupies the same problem space with LiquidText. “LiquidText supports PDF, Office 365 Word, Web Pages and PowerPoint, among other popular input formats; LiquidText also supports content management systems like Dropbox, iCloud and Box. LiquidText exports projects in most popular application formats.” I am not sure if the same can be said about RemNote, but I know for sure it can handle PDF files and Web sites.

Though sharing the same problem space, RemNote and LiquidText seem to have subtly different use cases in mind. Both allow you to extract information from materials, such as PDF files, Web pages, etc. Also, both allow you to form and organize ideas of which process extracted information plays a part. I would argue LiquidText is better suited for extracting information; and RemNote, for organizing ideas.

LiquidText lets you organize your ideas in a graphical way, which is intuitive, flexible and possibly visually pleasing. This works favorably until its complexity hits a certain level. Once it does, the table gets turned, and RemNote has a relative advantage; it is essentially an outline editor with unlimited depth, so it handles complexity better. LiquidText is thus good at organizing information of a relatively small size, while Remnote is good at organizing information of a relatively large size.

With RemNote, you have ideas first, and then extract information from such materials as PDF files, Web pages, etc., to verify or fortify your ideas. With LiquidText, in contrast, you have materials first, and then you form ideas from them. Admittedly, this is a rather extreme characterization and either tool can be used for either use case; yet I believe there is some truth to it.

LiquidText originally started out as an app for iPad, so one of its strengths is the ease of use on iPad (though there are also Mac OS and Windows versions now), particularly making full advantage of finger gestures and styli (i.e., Apple Pencil).

Everything Is A Rem

Documents and Folders

In RemNote, everything is a rem: tags, templates, documents, folders, etc. Documents are merely rems that are marked as documents. When they are, they show up on the left sidebar for quicker access; it’s thus a convenience feature. Folders are just documents that contain a document or documents. A document is automatically “upgraded” to a folder once it contains a document.

Tags

Unlike with other similar products, tags are not just text fragments in RemNote. Tags are, again, rems, and thus can have a hierarchy associated with them. Because of this, you could use RemNote’s hierarchical search function to find and give the tag you want. This also means you can potentially have tags with superficially exactly the same text, as long as they are separate rems.

However, I do not see any further advantage taken with the hierarchical nature of tags. For example, if TagC is a child of TagP, in certain scenarios you might want rems with the tag TagC act as if they are tagged with TagP as well. This kind of behavior might be desirable in tag-based filtering as well. This should generally apply when the parent-child relationship represents a specialization relationship, or a partitioning relationship (the latter of which may be a special case of the former).

Incidentally, in RemNote, the nature of the parent-child relationship between rems are not explicitly specified. When the child is a descriptor rem, then the descriptor could be said to be a human readable description of the relationship. But there is no systematic support of the specific nature of each relationship.

“Power-ups” are special kinds of tags that act differently than usual tags. Some are virtual tags that represent the states of the rem, e.g., those that represent the background color, and those that represent the checked-off status of the to-do item. See “RemNote Tutorial #18: Power-Up – YouTube.”

See “Tags” for more on tags in RemNote.

Templates

Templates in RemNote are special kinds of tags. They might be more sophisticated than those in Notion. When a template is applied (by giving the corresponding tag to a rem), it does not get fully instantiated by default. The UI gives you a list of “slots” you can add to the rem as prescribed by the template, and the user adds whatever he chooses. If you update the template by adding new slots, you are able to manually add those new slots to the instances from that point onwards.

By adding “Automatically Add Template” tag to the template, you can have RemNote create slots too when you instantiate the template (“RemNote Tutorial #18: Power-Up – YouTube,” “A List Of RemNote’s Power Up Rems And What They Do — Red Gregory” ) but I have not been able to do it I managed to do it by invoking a slash command.

Closely related to the point above is a to-do list in a template. When you do multiple projects of the same nature and every one of them has the same to-do list, you’d want to create a template for it, instantiate it every time you have a new project, and have a brand-new, pre-populated to-do list. I believe this is a fairly common use case, and Notion lets you do this. I am not sure, however, if this can be done with RemNote. To-do items need to be specified as slots so they can be included when the template is instantiated, but when you instantiate such a template, what is supposed to be a to-do item gets created as a regular descriptor.

Templates seem to be just that — boilerplates from which new rems can be created. When a rem is tagged with a template, you can create child rems from the slots of template, either automatically (when “Automatically Add Template” tag is given) or manually (otherwise). Child rems are created based on the slots of the template at that time. You can remove the template tag after instantiation and nothing will change, except the backlink to that template will be lost.

Portals

Portals are referenced rems, which allow for in-situ display and editing of the content.

Miscellaneous Comments

Edits to shared documents are not automatically propagated. “Sharing Documents

One last thing — text in RemNote can look cluttered and visually distracting. References are shown as ” | aReference ” with surrounding spaces and a pale blue background. I can see they wanted to make it clear it is a reference, but to me that is a bit too much.

Creating Frontend Plugins

Notion

See “Notion, Roam Research, Obsidian, and RemNote” for the list of related articles.

Notion is an extremely powerful app/service. There could be multiple ways to describe it, but I would say it is a collaborative wiki enhanced with tags, templates and databases. “Notion Masterclass: Build a Task Manager from Scratch” is an hour-long, fairly detailed explanation of a quite elaborate task management system as well.

I would say among its rich feature set, databases are what makes Notion stand out. Databases can be presented in many forms, i.e., as spreadsheets, kanban boards, calendars, and Gantt charts, making Notion a workable candidate tool for project management. Notion’s Gantt charts do not show dependency among tasks at this time.

Kanban is one of the tools used in Agile Software Development. Implementing this with the kanban in Notion per se might be difficult because it seems it will require more features, such as imposing an upper limit in the number of tasks at each development stage. Agile Game BETA lets you simulate supervising your team of developers in product development following the Agile Software Development principles.

Templates can be continually updated, but instances created previously will not be automatically updated according to the latest template. To reflect the content of the newer template, you will have to instantiate it again. I believe (though I have not verified) that it will be your job to manually copy the changes you made to the old instance to the new instance.

One major criticism of Notion was it lacked backlinks and thus did not support two-way links, but now it supports backlinks ( “Notion backlinks: How do they compare to Roam Research?” ).

Notion itself lacks automation. The following external services fill the void, but I believe they all rely on an unofficial API, because there is not an official one yet.

Notion allows for fairly elaborate customization of its visual appearances, but I can almost see many people wasting away many hours just trying to make their pages look pretty. I would not necessarily call that a plus.

Roam Research, Obsidian and The Zettelkasten Method

See “Notion, Roam Research, Obsidian, and RemNote” for the list of related articles.

Roam Research bills itself as “a note taking tool for networked thought.” Linking is the core of this product and it shows. Its backlinking capabilities were its most coveted feature until Notion had it too. It can show the network in a graphical format (which Notion cannot). I bet it’s fun to look at, but I am not quite sure what value it brings to the table. Its sidebar enhances its link-centered approach to knowledge management.

Obsidian is very similar to Roam. Unlike most of the SaaS solutions in this article, by default Obsidian stores its data only locally, which some privacy-conscious people consider an advantage. If you’d like your Obsidian data on multiple devices to sync up, you either set up an appropriate system yourself or opt into their paid syncing service. Supposedly Obsidian data is essentially a bunch of text files in the Markdown format, so devising your own syncing system should not be all that difficult.

The Zettelkasten Method is often cited as an inspiration for systems/apps like Roam Research and Obsidian.  “Introduction to the Zettelkasten Method” gives you an overview of the “classical,” i.e., pre-computer, everything-by-hand Zettelkasten Method.

Mechanics-wise, it is far easier now to implement the Zettelkasten Method as a computer system; all it needs is a hypertext system (though backlinking is considered essential) with tagging. The original paper-card-based system called for an elaborate ID assignment scheme so the cards can be sorted for easier retrieval, but that’s no longer a concern. Following a link must have taken a long time, but not any more. A “hub” card collected links on a specific topic. One reason for creating hub cards was to expedite the manual search for a card or cards you were looking for, because each hub card served as a shortcut. Today tag indices can be automatically generated and serve the role of hub cards, but manually created hub cards may still be useful if they are structured well within (see below).

However, from the content management point of view, there is some advice we still need to heed:

  • A card should contain just one thought. (Some would readily see an analog to the concept of paragraph in essay writing.)
  • When linking, you need to explicitly state why you link (“context”).
  • Take advantage of “structure notes,” which describe relationships amongst other cards.

Org-roam is a group of Emacs packages that emulate Roam with Org-Mode on Emacs. Org-Roam-Server is “A Web Application to Visualize the Org-Roam Database.”

家族であれば別名義でもソフトバンク回線にみまもり回線をぶら下げることができる

Auの3Gケータイご使用の3人家族の通信費削減作戦を編みだすよう依頼された。短期的にどうするかは別途まとめた。この記事は本来その長期編だったが,ソフトバンクに乗り換えずAuで継続するという決断がなされたので,この記事で書こうと思っていたことの骨子だけ: 家族であれば別名義でもソフトバンク回線にみまもり回線をぶら下げることができる。後に載せるソフトバンクのカスタマーサービスとのチャット履歴参照。個人的には,お世話している親子お二人の今後の携帯契約作戦を考える上でも関係してくる。

子どもにみまもりケータイを持たすときにはどうせ親名義になるので問題は発生しないのだろう。しかし老齢の家族に持たす場合は,それまではその本人名義の回線を持っているはずだから,このことが意味を持つ状況は結構あるのではないか。

基本プラン(みまもりケータイ/キッズフォン)490円/月家族内通話・SMSが24時間無料な上に5分かけ放題つき。通話とSMSだけできればいいという人にはこれで十分だろう。だが,みまもりケータイ4でこれを利用しようとするなら,親回線が必要になる(一旦契約した後は親回線は解約してもよし)。自分でなくても家族でソフトバンクの通常音声回線契約を持っている人がいれば,それにぶらさがる形で基本プラン(みまもりケータイ/キッズフォン)が契約できるということ。

キッズフォンキッズフォン2であれば親回線なしに基本プラン(みまもりケータイ/キッズフォン)が契約できる。ただ,自分が今まで探した範囲ではこれら端末が無料で手に入るような機会はなかった。

みまもりケータイはまだ安価に入手できる可能性がある。例えば「ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com」(norikae-cashback.com)を利用することがあれば,みまもりケータイ一括0円で提供中ということなので,その際合わせて子回線になる回線をポートするか,それができなければ将来利用できるよう端末を入手しておくのはよいかもしれない。後者の場合一旦は回線契約をすることになるが適当なタイミングで解約する。ただ,契約事務手数料が発生するなら(…するんだろうなぁ)結局手間・コストが見合わないかも。

基本プラン(みまもりケータイ/キッズフォン)についてはかつて “安価に携帯番号を維持する” にも書いた。






Android用心拍数モニタアプリをまだ模索中


要はAndroid用心拍数モニタアプリをまだ模索中。こんな一般的ニーズがある分野のアプリで自分にあったのが見つからないというのは不思議。

かつてはEndomondoPulsometer RRを併用していた。特に後者は実に秀逸な申し分のないアプリだった。

以前の要件に比べ,Google Fitへのデータ同期を追加したい。心拍数ゾーントレーニングに対する要求は下がった。

Google Fit: Health and Activity Tracking自身もそこそこ機能はあるが,音声で状態を知らせてくれない,外部心拍計と連動しない,という点で自分の要件は満たさない。なのでこれら機能を持つアプリを別途使用する必要がある。

EndomondoはUnder Armourに買収されてサービス停止となった。UA自身はMapMyRunへの乗り換えを勧めているが,同社によるMayMyFitnessというアプリもあり,しかも名前以外差が見いだせない。それぞれMapMyFitness.comMapMyRunというWebサイトが存在するが,データは完全に共有されている模様。ただし,現時点でアプリのバージョンはMapMyFitnessが21.2.0なのに対し,MapMyRunは21.1.0となっている。

MapMyFitnessはEndomondoの無償版と同等程度の機能を持っている。なのでとりあえず,特に外を走るときにはこれが利用できる。とはいえUIはEndomondoの方がUIもずっとよく使いやすかった。心拍数のゾーントレーニングは有償機能。

かつてEndomondoで記録したデータが引き継がれているようなのは微妙によい。これがEndomondoから直接引き継がれたのか,Google Fit経由なのかはわからない。

ただ,これはEndomondoもそうだったように思うが,心拍数データをGoogle Fitに引き渡してくれない。また,走った軌跡データが不完全。GPSデータが取得できていないのか?しかしGoogle Mapsで履歴を見ると完璧ではないにしろもっとちゃんとしたデータが記録されている。やはりMapMy~に何か不具合があると考えざるを得ない。消費電力削減のためにタスクがキルされてしまわないような設定にはしてあるんだが。久しぶりにGPS Status & Toolboxをインストールして,A-GPSデータをダウンロードしてみたり,できるだけのキャリブレーションもしてみた。 “Android GPS Troubleshooting – Under Armour” は押さえるべきところを押さえていると思うが,それは自分でも既にしているし,それ以上の情報はない。

今後屋内で筋トレするような場合には,できればゾーントレーニングしたい。

Cardio Trainingはシンプルだが音声通知機能もあり,ゾーンに入った・出たことも通知してくれる。が,残念なことにGoogle Fitと同期してくれない。

myWorkouts Heart Rate Monitor Sport GPS Trackerウェブサイト)は完全無償アプリにしては眼を見張るほど機能が充実しているが(オフラインマップにまで対応),音声通知機能がない。心拍数によるゾーン分けにも対応しているのに非常に惜しい。Google Fitとの同期もないようだ。

FitdigitsiCardio Workout Tracker & Heart Rate TrainerのようなiXXX式の名前の同様アプリを多数公開している。外部心拍計には対応しているがそれのモニタリングは有償機能。ゾーントレーニング機能も有償。UIのセンスは悪いが,それが気にならず$2/月程度の料金が飲めるのであれば候補になる。

CardioMez – Heart Rate Monitor Workout Trackerウェブサイト)は見やすいクリーンなUIで,心拍数のモニタリング・ゾーントレーニングに特化したアプリ。どこまでが有償機能かわからないが,月130円を払い続けるか,1,290円で買い切るか選べるようなので,試してよければ購入するのもありかと。

余談: Fit Companionは自身でデータコレクションはせず,Google Fitでホストされているデータを引っ張ってきて,見やすく提示してくれるもの。何が有償機能なのかまだわかってないが,有償版には170円でアップグレードできる

Auの3Gケータイご使用の3人家族の通信費削減作戦: 短期編

Auの3Gケータイご使用の3人家族の通信費削減作戦を編みだすよう依頼された。依頼主は息子さんでこの方のみデータ通信(「シングル」)契約でセルラーモデルの第4世代iPadもご利用とのこと。

いろいろ考えた上での現時点でベストと思われるやり方を後に述べる。これを考える上で重視したのは以下:

  • ソフトバンク,Auの3Gケータイからの乗り換えには多額の機種購入割引が発生するのでこれを最大限利用する → 以前からの番号はソフトバンクないしAuにポートされ楽天モバイルのものにはならない
  • 楽天モバイルの1年間無料キャンペーンの申込締切が近いがこれもともかく利用する。
  • 楽天モバイルのみに依存しきるのは現時点では怖いので,あくまでサブ回線として利用する。
  • 親子間通話が無料になることを重視する。
  • 息子さんはご両親にスマホを使ってもらいたくないとご希望されている。

以下は最大1年間の短期プランである(料金プランの割引が1年間であるため)。つまり別途長期プランも考えている ⇒ 考えてあったが必要なくなったのでそのエッセンスを “家族であれば別名義でもソフトバンク回線にみまもり回線をぶら下げることができる” にまとめた。

息子さん

ソフトバンクに乗り換え

3Gケータイからの機種変・乗り換え対象のキャンペーン” で検討したように,「乗り換え」系のオンラインショップでは現在iPhone XS 64GBに一括ゼロ円で乗り換える。料金プランはスマホデビュープラン(5分かけ放題+1GB/月)で最初の12ヶ月900円,それ以降1,980円。ヤフー限定割引クーポン利用で1カ月分990円のみ割引。

このとき合わせて長期的プランのことも考えて,一括0円で提供されるみまもりケータイを最大3台入手する。合わせて回線契約が発生するがこれは通信費をケチるため後日速やかに解約する。

楽天モバイルの新規契約

楽天モバイルの新規契約。オンラインで行うのが楽。eSIMを指定して機種購入する。機種選択については後でまとめて述べる。eSIMにするのはこの後のステップでそれをiPhone XSに移すから。もっとも楽天モバイルではSIMの交換は無料なので物理SIMカードのものでも問題ない。

楽天モバイルのeSIMをiPhone XSに移す

楽天モバイル回線の契約のeSIMをiPhone XSに移す。”eSIM再発行無料化で機種変が楽に! 憧れのクリムゾンレッドへ機種変更してみた – ケータイ Watch” 参照。

これでiPhone XSにソフトバンク回線と楽天モバイル回線が併存する状態になる。データ通信は基本楽天モバイル回線で行い,電波状況が悪いときなどはソフトバンク回線に切り替える,という運用方式になる。

iPad

iPadはもちろんiPhone XSにテザリングしてもよい。もし余るようならご両親が契約する楽天モバイルの1回線のSIMカードを挿してもよいだろう。もしそうならゆくゆくiPadで使う回線の方は最初から物理的SIMカードであれば楽だが,eSIMであっても楽天モバイルでは無料で物理的SIMカードに交換してくれるので心配しなくてよい。もちろん安価なMVNOのデータ通信専用プランを利用してもよい。

ご両親

息子さん同様,ソフトバンクへの乗り換えと楽天モバイルの新規契約を行う。ソフトバンク契約のときは家族割引に申し込むこと。

ご両親は引き続きガラケーをお使いいただくということなので,3G/4Gガラケーを別途用意し,それにSIMカードを差し替える。iPhone XSは売却。iPhone XSを選択しない場合については後で述べる楽天モバイルの機種選択については後で息子さんとケースと合わせてまとめて述べる

自分の手持ちの新古ガラケーでこのためにご提供できるものがある。以下の2つ。 “日本の全キャリアの4G周波数帯まとめ【楽天モバイル追加】 | telektlist” 参照。

もちろんソフトバンクのLTEケータイ(ガラホだろう)のいわゆる白ロムを用意してもよい。これが確実は確実。

ご両親の場合,楽天モバイル加入は現在条件が良すぎてともかく加入しないと損ということと,場合によっては家のインターネット接続サービスを置き換えることを念頭に置いている。せっかくかけ放題なのでそれを利用したいところだが,それにはRakuten Linkアプリを使用しなくてはならない。しかし日本で販売されたガラホの中身はAndroid 5.1なので,Android 7.0以上を要求するRakuten Linkはガラホでは使えない。そのため残念ながらガラホではせっかくのかけ放題は利用できない。グローバルにそういうガラホがないか調べてみたが見当たらなかった。どうしてもかけ放題を利用したいなら,Android 7.0以上のスマホやiPhoneを用意するしかない。

スマホ使用を絶対的に拒否しない場合

ソフトバンクに乗り換える際,お得度で言えば間違いなくiPhone XSを選択すべきではあるが,おとくケータイ.net (otoku-keitai.net)ではシンプルスマホも一括0円。4か5かはわからないが( “「シンプルスマホ5」と「シンプルスマホ4」の違い – フォトスク” ),シンプルスマホ4でもAndroid 8.0なのでRakuten Linkアプリは使える。Rakuten Linkはスマホがインターネットに接続さえしていれば使えて,楽天モバイルSIMカードがスマホに刺さっていることを要求しないので(これが大変意外なところ),ソフトバンクSIMカードだけが刺さっている状態でもデータ通信さえできれば使える。ただし,スマホデビュープランでは1GB/月まで(ただし500円追加で2GB/月に増量)なので外で自由に気兼ねなくRakuten Linkを使えるとは言い切れない。もしご両親が何か問題があったらソフトバンクショップに出向くなどしてご自分で解決すると約束してくださるのならこれもありえなくはない選択肢ではないだろうか。

ただ,シンプルスマホ4は中古で状態のいいものが1万円程度で買えてしまうiPhone XS (64GB) は4.4万円程度で売れるのでそれを元手にシンプルスマホ買った方がお得はお得。ソフトバンクならではのAndroid端末用SIMカードに対するIMEI制限も回避できるし。DSDV Androidスマホにシニア向けホーム画面(launcher) (例えばRakuhon)を入れれば,見た目シニア向けスマホになるがこれだと手取り足取りのカスタマーサービスは受けられないのが難。

楽天モバイル加入時に購入する端末をこれに当てることも可。ただし,老人仕様の選択肢はない。

3人の楽天モバイルの機種選択

3人が楽天モバイルと新規契約するので3台端末が手に入る。使わないものはバックアップ用に取っておく,おもちゃにする,売却する,などできるが,実際使えないか考えてみる。

例えば,1台は家のインターネット接続サービスのためのモバイルルーターにする。Rakuten WiFi Pocketだれでも0円お試しキャンペーンがあるのでこれが利用できる( “Rakuten WiFi Pocketのレビュー。無料権があるなら確保していいモバイルルータ – ガルマックス” )。

残り2台は “現時点でおすすめの楽天モバイル端末” などを参考にRakuten Handを実質0円で入手。もしシンプルスマホを利用しないのであれば,ガラケーとは別に楽天端末をご両親のかけ放題利用のための専用端末とする。1台でお二人の楽天モバイル番号を扱えるようにすることも可能だし(Parallel SpaceのようなアプリでRakuten Linkアプリを同一機種内で複製すればよい),お一人に1台ずつあてがってもよい。ただし後者の場合,もしモバイルルーターでSIMカードを1枚使っているのなら,2台のスマホのうち1台には楽天SIMが入っていないのでテザリングを受けるか,データ通信用SIMカードを刺す必要がある。

吟味

家族間通話が重要という前提で家族3人がソフトバンクに揃うようにしたが,もしそうでなければ,一旦ソフトバンクに乗り換えした後は3回線とももっと安い回線にさらに乗り換えてもよい。例えば,4/1からのエキサイトモバイルの料金プランでは音声回線が最安で450円/月だ。もちろんかけ放題などの付加サービスは皆無。

事前にご用意いただくこと

全員に3音声回線のMNP予約番号を取得していただくこと。 “auでMNP予約番号を発行する方法!費用や受付時間を電話、ネットごとに解説|ヤングモバイル(ワイモバイル取扱店)” に各種方法の説明がある。オンラインで済ますのが楽。受付時間が9:00am~8:00pmなのに注意

息子さんにはまだならiPadのSIMロック解除( “意外と簡単!iPadのSIMロックを解除する方法|@DIME アットダイム” 参照)。店舗でも手続きできるが現在手数料が発生するので,My Auで9:00am~9:30pmに行うことをおすすめ。これをやっておかないと,今後Au以外が発行したSIMカードをiPadに挿して使えなくなる。

その上でiPad用のデータ通信専用(「シングル」)契約を解約していただく。これはショップに出向かないとできないのだと思う。変な違約金などが発生しないことを確認する上でもショップでの手続きがよい。おそらく音声回線とのセットにすることが割引が発生しているはずで,先に音声回線が解約されてしまうと,その段階でシングル契約として割引のないものの料金がドカンと課金されてしまう可能性が大。これを回避したい。なお,この際絶対に音声回線契約を解約してしまわないように

ただし,ソフトバンクに実際に回線切替措置をするまではAuの音声回線も生きているので,その切替措置を行うまでにシングル契約を解約できればよい。

ヤフー限定割引クーポンも取得しておく。ご両親の分も使いたければYahoo! Japan IDを2つ新規に作成しておく。今作成しても今月は利用できないが,同様のキャンペーンが来月もあればそれは利用できるようになる。

 

 

3Gケータイからの機種変・乗り換え対象のキャンペーン

2019年からキャリアで回線契約と同時に端末購入する際の端末購入費に対する割引は20,000円の上限が課せられた。が,3Gケータイからの乗り換え・機種変の場合はその例外となるようで機種によってはびっくりするような割引額。たまたま現在Auの3Gケータイをお使いの方にお得な乗り換え・機種変について問われたので調べてみた。この方別途楽天モバイルの使用も視野に入れておられるのでそれについても留意した。

どのキャリアについても確かにすごい割引額が提供されているのだが,その対象端末の在庫が既にないことが多い,というのが大きな問題となる。一時的な在庫切れではなく,製造が終了していてもう再度在庫が入ることがない,という状態。

以下金額は全て税抜きのつもり。

ソフトバンク

3G買い替えキャンペーンというのを公式でやっており,詳細を見ると多機種が割引の対象となっている。公式キャンペーンなので在庫さえあればオンラインショップでも適用を受けられる点がよい。しかし,iPhoneではXS, XS Max, XR, 8, 7がリストアップされているもののこれらはオンラインショップでは選択すらできない。

キャッシュバックを出すことがウリのソフトバンクショップにあたってみると,「乗り換え」系のオンラインショップでは現在iPhone XS 64GB, Google Pixel 4aが一括ゼロ円で出せるとのこと。おとくケータイ.netではGoogle Pixel 4aとシンプルスマホとかなんとか。

なおオンラインショップで現在扱っているスマホにも該当機種があるが(Aquosブランドのもの,シンプルスマホ5),パラパラと見た範囲では3G買い替えキャンペーンを適用させても0円にはならないもよう。

XS, 4aどちらも物理的なSIMカードとeSIMの構成のDSDV。どちらもおサイフケータイ対応。サイズ感はほぼ同じAntutuベンチではXSの方が4aをぶっちぎってるが,RAM/ROMはXSの4GB/64GBに対して4aは6GB/128GB。XS, 4aのどちらもmicro SDカードによる記憶領域拡張ができないので,使用法によってはこれで4aに決まるかも。ただし4aのようなAndroidスマホにするとソフトバンクではIMEI制限で使い回しのできないSIMカードになってしまうので注意

iPhone XSはSIMフリー・docomo・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか? | | ACTIVATE” によればドコモ版,Au版,ソフトバンク版全て同じで楽天モバイルのバンド3もカバーしているためバンドの問題はなし。

料金プランはスマホデビュープラン(5分かけ放題+1GB/月)で最初の12ヶ月900円,それ以降1,980円。ヤフー限定割引クーポン利用で1カ月分990円のみ割引。

ご家族との絡みで考えると以下も要検討:

ドコモ

はじめてスマホ購入サポートで大幅値引きが得られることになっているがiPhone XS/XRについては肝心の在庫の問題があるのは同じ。ただし,より新しい世代のiPhone SE (2020) が対象に入っているのは特筆すべきで,オンラインショップでもiPhone SEを購入してその割引が受けられる。しかし,128GB版が一括62,568円なのに対して割引額(ポイント還元)が45,000ptで一括ゼロ円とはならない。ショップによっては一括ゼロ円で出しているところもあったように思うがどこのショップかは覚えてない。

パフォーマンスとしては “iOS Ranking – AnTuTu Benchmark – Know Your Phone Better” なんかを見ると SEはXSよりAntutuベンチマークで1割ほど上回るようだが,XSの4GBに対してSEは3GBしかRAMを積んでないのが気になる。

Galaxy A51 5G SC-54Aは0円になる(Galaxyのウェアラブル端末が当たるキャンペーンも)。これも公式キャンペーンだけあって,オンラインショップでも適用を受けられる。「Snapdragon 765 5Gのオクタコア(2.4GHz+2.2GHz+1.8GHz×6)で、メモリ(RAM)は6GB。ストレージ(ROM)は128GBで、microSDXC(最大1TB)をサポート」ということで,フラグシップではないとしてもミドルエンドでもハイよりの実力機。ただDSDVでないのが実に惜しい「ケータイ Watch」でもたくさん記事を出している。ただ,ちょっと興味を持ってイオシスでの新品の買取価格を調べてみると,Galaxy A51 5G SC-54Aは30K, iPhone XS (64GB) が44K, iPhoneSE2が64GBで37K, 128GBで42Kで,意外とGalaxy A51 5Gの買取価格は高くない(というか,iPhoneの評価が理不尽に高いのか)。

料金プランははじめてスマホ割(ギガホ・ギガライト)で最初の12ヶ月980円,その後1,480円(dポイントカード払いなどの条件を満たすとき)。

Au

ソフトバンク,ドコモに引き換え,3Gとりかえ割(スマホ)/3Gとりかえ割プラスは正直しょぼい。2種の割引が重複適用される場合でも合計40,000円強で適用機種はXperia 8のみ。DSDVでもないし見るべきものがない。

キャッシュバックを出すことがウリのソフトバンクショップ


ソフトバンク乗り換えで高額キャッシュバックをもらう!2021年3月最新キャンペーン | iPhone格安SIM通信” にあるようにキャッシュバックを出すことがウリのソフトバンクショップはいくつかある。実店舗を持つものもあるがオンラインや電話で手続きの大半を済ませることができる。キャッシュバックを含む端末購入に伴う割引には上限が課せられたが,これらショップでは「若干イロがついた」程度の増額がある。

「ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com」と表示されてるリンクの実体は norikae-cashback.com でそこでは「ケータイのりかえ.com」を名乗っている(0120-004-512 10am~10pm)。「スマホ乗り換え.com」もURLは mobile-norikae.com となっていてサイト内容は「ケータイのりかえ.com」のとは異なる(0066-9735-7018 9am~10pm)。紛らわしいことこの上ないが,問い合わせてみると運営会社はどちらも同じとのこと(ライト通信か)。さらに実はモバシティ0120-914-126 10am~10pm)も同じとのこと。なんともはや…。電話番号を一生懸命書いたが,結局繋がる先は同じだそうで…。

おとくケータイ.net (otoku-keitai.net) (0120-937-996 11am~1pm, 2pm~7pm 水定休)だけは別会社らしい。

現時点でおすすめの楽天モバイル端末

楽天モバイルは申込数が300万回線を突破し1年無料キャンペーンは4月7日で終了することが告知されました去年楽天モバイルをお勧めしたときに比べると,細かい条件は変わってきています。特に唯一の料金プランUn-Limit VIで料金体系が大きく変わりはしましたが,ユーザにとっては好都合な変更であり,それによるデメリットはありません。それで無料期間終了後も0円かけ放題回線を実現することも可能になりました

ともかく1年間基本料金無料キャンペーンは,特にトラップもなく,まだ利用していなければともかく利用しておいて損はない,と断言できる珍しく好条件のキャペーンです。仮に楽天モバイルの通信サービスを全く利用しないという極端なケースでも,サービス加入で5,000楽天ポイントもらえるのですからそれだけでもお得です。楽天市場での買い物の際のポイント還元率も上がります。別途申し込めば,光ファイバーによるインターネット接続サービス楽天ひかりを1年間無料で使うこともできます。もちろんせっかくですので通信サービスも活用することをお勧めしますが。

さてこの記事では,現時点で公式に販売されている楽天モバイル端末末尾にスクリーンショット)の中から,私が個人的に現時点でおすすめできるをご紹介します。いわば以前の “楽天モバイル(MNO)のUn-Limit対象製品購入サポートキャンペーンのミドルレンジ対象機種の中から個人的お勧め” のアップデート版です。

私のバイアス

私が個人的におすすめする以上私のバイアスがかかります。

DSDV必須

その中でもっとも大きいのが,DSDV前提です。DSDVとはざっくりいうと「SIMカード2枚刺し」ということです。日本では以前はあまり見られませんでしたが,海外では以前からSIMカード2枚刺し機種はごくごく普通でした。最近日本にもグローバルモデルや,それにおサイフケータイ機能を追加するなどマイナーな変更を施したモデルが入ってくるようになり,SIMカード2枚刺し機種がそれなりに見られるようになりました。

“SIM” が “Subscriber Identity/Identification Module” の頭字語であることからもわかるように,SIMカードは回線契約者を同定するものです。これが2枚挿入できるということは,同一端末で2回線契約が扱えるということです。DSDV は Dual SIM, Dual VoLTE のことで日本独自の略語です。これが何を意味するかというと,単にSIMカードの2枚刺しが可能なだけでなく,どちらもVoLTE対応で,さらに同時待ち受けが可能だということです(ただし一応DSDVに分類される機種でも一部キャリアでのVoLTEにしか対応しないものもあります)。2枚のSIMカードに音声回線が紐付けされている場合(つまりデータ専用回線ではない場合),どちらの番号宛ての電話も着信します。詳しくは “SIM、デュアルSIM(DSSS、DSDS、DSDV、DSDA)とはなんですか?SIMの種類を教えてください” を参照してください。ただし2つの回線で同時にデータ通信はできません。自分が選択した1枚でデータ通信することになります。

DSDVの概念に馴染んでない方にはなかなかピンと来ないのかもしれませんが,これは非常に便利なものです。例えば,一般的に日本では音声回線契約は高く,データ通信のみの契約は安い,という傾向があります。一つの回線契約で音声通話と,ある程度の量のデータ通信のどちらもカバーしようとすると高額な料金になります。ただ,音声回線契約でも,ガラケーでの使用を想定したような,データ通信を全くしないかほとんどしないことを前提にしたものは比較的安価です。

そこで,もし音声通話に特化することで通信費を抑えたような回線契約と,データ通信のみに特化した回線契約を組合わすことができれば,1回線で全てまかなう場合に比べて総額で安くあげることが可能になります。実際そう考えて,やる人はそれぞれの回線に端末を1台使用し,2台持ちをやっていました。しかし,DSDV機であれば,これを1台の端末に集約することができます。それが “楽天モバイルの新料金プランUn-Limit VIを使って0円かけ放題回線を実現” や “月額400円で電話かけ放題のiPhoneを使えるってマジ? – ケータイ Watch” のベースになっています。

その他のDSDVの活用方法としては,楽天モバイル回線はまだ少し信頼性に不安があるということで,バックアップ回線を用意し,それと併用するのにも使えます。海外によく行かれる方は,海外で使うためのSIMカードを2枚めとして入れておく,というような使い方もできます。会社から携帯を支給されて持ち歩かなければならない方も,許されるのならDSDV機にそのSIMカードを移し,自分の私的用途用回線と同時併用することもできます。

私自身はDSDVは必須だと思いますが,万人が同意することではありません。その点ご留意ください。これを要件から外すとおすすめはがらりと変わります。上に述べたようにDSDV機はユーザに大きな自由度を与えます。しかし,ユーザを囲みこみたいキャリアにとってこれは都合のいいことではありません。なので,グローバルモデルはDSDV機であっても,キャリアがそれを自らが販売する際はSIMカードスロットをあえて1つ潰す,ということをよくします。楽天モバイルはその点比較的そういうことはしない方ですが,シャープのAquos Sense 3 PlusなどはDSDV機能を潰しているようです。そうでなければこれもおすすめ機種になったのですが。

ただ,楽天モバイルは端末を最初からSIMロックがかかってない,いわゆる「SIMフリー」の状態で販売していることは評価していいと思います。

eSIM重視

2番目に大きい私のバイアスはeSIM重視,ということです。「重視」としているだけで「必須」とはしていません。eSIMとは従来の物理的SIMカードに変わる電子的形態です。ただし,その使用はeSIMに対応した端末でしかできません。eSIM対応を必須としないのはまだeSIMは普及していないからです。

従来はSIMカードを物理的に差し替えるという少し煩わしい作業によってのみ,端末で使用する回線を切り替えることができました。eSIM対応端末で既にeSIMの回線契約が複数ある場合,それの切り替えは本体内のソフトウェア操作で簡単にできます。eSIMの回線契約自身が,データ通信のみの場合はオンラインで完結しますし,音声回線の場合もeKYCというサービスで本人確認ができればこれもオンラインで完結します。eSIMは事業者間の乗り換えのハードルを低くするのでキャリアは及び腰ですが,総務省はこれを強く推進しようとしており,これからはeSIMが主役になることは間違いありません。eSIMは通信事業者にとっては手間が削減できますので,eSIM用のプランを用意していればその料金も安くなることが多いです。

先ほどのDSDVは「SIMカード2枚刺し」と説明しましたが,この「SIMカード」が従来の物理的SIMカードではなくeSIMの場合もあります。2枚の「SIMカード」のうち,どちらも従来の物理的SIMカードのもの(例えばOppo Reno3 A),一方が物理的SIMカードで他方がeSIMのもの(例えばOppo A73や最近の一部iPhoneモデル),の2種が現在流通しています。双方ともeSIMの機種は私は知りません。楽天モバイルのオリジナル端末はどれもeSIMを採用していますが,DSDVではありません。そのときどきで eSIM 「1枚」だけを有効にできるので,同時待ち受けはできません。

その他のバイアス

その他以下のバイアスがあります。

  • 他の3キャリア(ドコモ/Au/ソフトバンク)の回線も問題なく使える ー DSDV機であれば楽天モバイル以外の回線も同一機種でもう1本持てるということです。それが支障なくできるよう他の3キャリアでも快適に使えることを要件とします。
  • 割引後2万円以下 ー いわゆるミドルレンジ以下の機種が対象になり,フラグシップ級の機種は外れます。これで5G対応機種も外れます。5Gはまだまだ電波そのものが飛んでないので今拘る理由はありません。

おすすめの3機種

おすすめ3機種のうち2機種はどちらもOppoブランド(会社名としては「オウガ・ジャパン」)のA73Reno3 Aです。Oppoはまだ日本では馴染みがないかもしれませんが,世界のスマートフォン市場ではアップル,サムスン, シャオミについで4位につけています価格.comの2021年2月の人気機種ランキングにもこれらOppoの2機種とReno Aが上位に入っています。

私自身もOppoのR17 NeoとReno Aを使っています。どちらもDSDV機です。どちらもいわゆるミドルレンジ機でハイエンド機に比べれば劣るところは当然あります。しかし実用上は全く問題を感じることがありません。特に端末のグレードの差はカメラ性能に顕著に現れるものですが,R17 Neoでも被写体にしっかり光があたっている状態では十分実用になるレベルの写真を撮ってくれます。「思っていたより良かった」というのが正直な感想です。ただし夜景撮影には力不足がはっきり出ます。

おすすめ最後の1機種はシャープAquos Sense 4 Liteです。日本ではまだ認知度の低いOppoブランドの機種に抵抗がある場合などに特によいでしょう。

おすすめその1: Oppo A73(実質5,800円)

安価に抑えるならOppo A73楽天モバイルモデルとそれ以外では仕様が違うようですので注意してください。以下前者を前提にします。

DSDV機で片方のSIMがeSIMです。おサイフケータイ(=FeliCa)には対応していません。micro SDカードでの記憶領域拡張ができます。Reno3 Aの場合,2枚目の物理的SIMカードとmicro SDカードのどちらかしか利用できませんが,A73の場合物理的SIMカード,eSIM,micro SDカードの3者が同時に使用できます。

地味によいのがFMラジオ機能を持つこと。震災時などには大きな意味を持つでしょう。3.5mmのオーディオジャックを持つのもこれまた地味によいですね。有線のヘッドフォン/ヘッドセットが使えますし,ビデオ撮影するのに外部マイクを接続するのにも使えます( “Boya BY-A100 Omnidirectional Condenser Microphone,” “External Microphones for Use with Android Devices,” “MIC-07: My Choice of External Mic for My Android Phones for Video Shooting” 参照)。

詳しくは以下のレビューをどうぞ。

個人的には背面カバーの色の選択はあまり趣味が良くないと思いますが,背面を覆うようなカバーをするのであればそれは関係なくなります。

おすすめその2: Oppo Reno3 A(実質14,800円)

もう少し出してグレードアップかつ長期に使えることを狙うならOppo Reno3 A

DSDVですがeSIMには非対応おサイフケータイ(=FeliCa)に対応。SIMカードの2枚めはmicro SDカードとの排他仕様のため,SIM 2枚+micro SDカードの同時併用はできません。ただし,記憶領域として128GBあるのでよほどのことがなければ問題ありません。A73同様FMラジオ機能,3.5mmオーディオジャックを搭載します。

詳しいレビューは以下をどうぞ。

実は基本性能はOppo Reno A 128GB(実質18,800円)の方がよいのです。Reno Aも悪くない選択肢だと思いますが,一般向けにはカメラ機能が拡充されたReno3 Aの方をおすすめとします。

おすすめその3: シャープAquos Sense 4 Lite(実質17,800円)

「Oppoって聞き慣れないしやはり国産メーカのがいい」ということならAquosシリーズのSense 4 Liteは楽天モバイルモデルは物理SIM 1, eSIM 1のDSDVです。おすすめ3機種の中ではもっとも高性能のSnapdragon 720Gを搭載しているのがウリです。RAM/ROMは4GB/64GBなので今の基準では少し少ない気がしますが,ライトユースには十分でしょう。画面は5.8インチと少し小柄。防水・防塵、MIL規格19項目準拠、おサイフケータイ搭載,など,日本人好みの機能を備えています。楽天モバイルのサイト上では明記されていませんが, “AQUOS sense4 liteのユーザビリティ|AQUOS:シャープ” ではFMラジオにも対応するとしています。シャープ独自の省エネIGZOディスプレイで,大容量電池と相まって1週間電池が持つというのも大きなウリでしょう。

同じAquosブランドのシャープAquos Sense 3 PlusはQualcomm Snapdragon 636, RAM 6GB/ROM 128GBなので,Snapdragon 665/6GB/128GBのReno3 Aとほぼ同程度の基本性能。IGZOディスプレー,ステレオスピーカー搭載など,なかなかよいスペックなどでお勧めしようかと思ったんですが,SIMフリー版はDSDVなのに対し,楽天モバイルが扱っている版はシングルSIMスロットだそうで,残念ながら線から外します。

Rakuten Hand, Rakuten Mini, Rakuten Bigはおすすめしない

“Rakuten” の名を冠したRakuten Hand, Rakuten Mini, Rakuten Bigの実質価格は安いですがどれもおすすめしません。それはDSDVではないうえeSIMにしか対応していないからです。eSIMはこれから普及するとは思いますが,日本では現時点ではまだまだで,従来のSIMカードを利用したサービスしか提供していない通信事業者もたくさんあります。Oppo A73のように,DSDVでそのうちの1回線はeSIM,他方は従来型SIMカード,というのであれば問題ないと思いますが,現時点でeSIM一択なのは不安があります

Rakuten Handは実質0円なのでそちらに目が行くと思います。実際売れてるようです。”Rakuten Handのスペック・対応バンドまとめ – ガルマックス” によればソフトバンク回線の使用に不安が残りそうです。使えなくはないんですが,地下や郊外で使われる周波数帯に対応していないため,そういう状況では回線がつながらない,ということになりそうです。

Rakuten Miniなど本体価格1円ですので実質0円以下です。しかし本体性能が低く,最初からおもちゃとして使うつもりでもなければとてもおすすめできるものではありません。

3/9からの端末割引に対する変更で,本体価格値下げと割引額増額の相乗効果で,Rakuten BIG(楽天ビッグ)実質24,800円となりました。私の設定した予算を越えますが,スペックは総じて高く,この実質価格であれば,特に5G対応を重視する人であれば,選択肢の一つだと判断する人もいるでしょう。ただし,Rakuten Handと同様eSIM 1つのみしか備えてないのでDSDVはできません。また,これもHand同様ソフトバンク回線の対応に少し不安があります。以下を参照してください:

現在楽天モバイルが公式に販売している端末(3/9以降)