フルのかけ放題必須のご老人の携帯電話プラン

追記:


お世話している親子お二人の今後の携帯契約作戦” はまだ実施していない。

ソフトバンク・UQモバイルのその後のプラン変更

その後「親」の方に関係する以下のニュースがあった。

老人のスマホデビューを助けるには” で,ご本人の近くにショップがあるキャリアを選択することを勧めたが,UQにしろソフトバンクにしろ,その点は問題ない。

ソフトバンクはAndroid端末を選択した際のIMEI制限がやはり問題Redmi Note 9Tなど乗り換えで1円なら(ワイモバイルからの番号移行については未確認)よさそうなんだが…。Hulu1ヵ月間無料トライアルキャンペーンもあるし?

UQならOPPO A54 5Gが狙いどころか。

UQの製品ページには言及がないが,そこから直接リンクの貼られているオウガ・ジャパンの製品紹介ページには「トリプルスロットSIM1(nanoSIM) + SIM2(nanoSIM) + microSD」との記載があるのでDSDV機,しかも独立したmicro SDカードスロットつき,と見てよかろう ⇐ “UQモバイルのOPPO A54 5Gのレビューと詳細スペック、安い5G対応スマホ” によればAu版/UQ版ともシングルSIMとのこと。 また,LTEバンドを見る限り,日本の4 MNOのどのネットワークでも使えそうだ。

ただし,ご本人には他の機種をご用意したほうがいいように思っている。というのは6.5インチのディスプレーを有し,190gのこの機種はご老人にはかえって大きすぎると思うからだ。

どうせ別端末を使っていただくことが前提なら,端末購入は止めてSIMカードのみ購入するのもあり。MNPだと10,000円分キャッシュバックがあるが,

といった違いがある。ゲオモバイルのオンラインでの申込みの中ででんきセット割に対応した入力はないが,そもそもでんきセット割は回線契約とは別にオンラインで行えるので支障ない(条件あり; 後記)。ゲオはかつて店舗で「格安SIMエントリーパッケージ 1円セール」を実施し,格安SIMのエントリーパッケージが1円になっていたようだが今は行われてないもよう。アマゾンで【DL版】『事務手数料3,300円が無料! 』UQ mobile ウェルカムパッケージ/SIMカードのみが350円だが,ヤフオクでさらに安く出てたりするらしい。

ゲオのオンライン申し込み手続きを途中までやってみた範囲ではエントリーコードを入力する箇所はなかった。UQ本家では比較的早い段階で入力を求められるようなので,ゲオはオンライン申し込みではエントリーコードは使えないのかもしれない。だとするとUQ本家でエントリーコードを使って申し込んだほうが安く上がりそうに思うが,「初期費用」の実態はSIMパッケージ代(3,300円)らしく,ゲオはSIMカードのみ購入の際には,「SIMカード代が0円!」としているので,ゲオの場合はエントリーコードを用意する必要なしに初期費用は0円なのかもしれない

UQモバイルのでんきセット割の適用を受けるには

さて

  • 契約者(子)と使用者(親)は家族だが住居は別。
  • 使用者(親)宅でAu/UQでんきに切り替えることは可能。
  • 現在の電気契約は既に亡くなった親の配偶者名義になっている。

という状況で,でんきセット割および60歳以上通話割の重複適用を受けることが可能か,UQのカスタマーサービスにチャットで何度も問い合わせた。結論としては可能なんだが,いろいろ条件がつく(リンク先は当事者のみ閲覧可)。

  • 契約者(子)と使用者(親)の親子関係を示す,続柄記載のある住民票又は戸籍謄本の提示が必要マイナンバーカードを使ったコンビニでの取得方法)。
  • でんきと携帯電話の料金の合算請求に同意しなくてはならない。
  • オンラインで手続きを完結させるには,電気契約者,携帯電話回線契約者の名義が一致する必要がある。子に揃えるのであれば,電気契約の名義をUQでんきに乗り換える前に事前に子に変更しておく必要がある。子名義のクレジットカードでの支払い。回線契約は今までと同様に子名義のままで,親を使用者登録する。
  • 親名義のクレジットカードで支払いをしたい場合は店頭での手続きが必要。店頭手続きの場合は,契約者(子)と使用者(親)の双方が来る必要あり。
  • UQでんきの申込みは合わせて店頭で行うことができる。
  • 子ではなく親に揃えることは可能ではあるが考慮しない。電気契約,携帯電話回線契約の双方の名義を親に変更する必要があるため。
  • (コロナ禍で営業時間がイレギュラーになっていることがあるので事前に問い合わせるのが吉)

UQ電気については “UQでんきの電気料金プランのメリットは?解約金の有無など | 電力比較サイト エネチェンジ | 電力・ガス比較サイト エネチェンジ” 参照。

電気料金プラン全般まで調べると

今「親」は「大阪ガスのでんき」から電気供給を受けてる。「家庭用ガス発電プラン」で,それは「大阪ガスのエネファーム・エコウィルを設置している家庭に向けたプラン」らしい。

電気代見直しNo.1サイト「エネチェンジ」 / 電気とガスのかんたん比較でいろいろ比較してみた。「親」のお住まいの場所で,1人ぐらし,電気使用量は「5月 250kWh」,1年使用という前提で。

UQでんき+UQモバイルのでんきセット割と,eo電気+eo光の料金割引はほぼ同額になる。11,000円ほど。ただし前者が永年なのに対し,後者は最初の1年のみ。ただし,キャッシュバックのあるものだと初年度20,000円以上の節約になるものがある。これらは電気料金そのものの節約幅はびっくりするほどではないが,キャッシュバックにより大きく底上げされる印象。こういったプロバイダの筆頭はエルピオでんき

UQモバイルのでんきセット割は最大10回線までその恩恵に預かれる上,それが期間限定でないのが大きな特徴。回線を家族で多数持っているような場合に大きなメリットとなる。しかし今は「親」の1回線しか考慮していないので効果は限定的。「子」もこれを利用することは可能だが,かけ放題は全くいらないとして3GB/月で990円/月は悪くはないものの,MVNOならもっと安くあげられるので今ひとつうまみがない。MVNOには太刀打ちできないUQの高い回線品質が欲しい場合や,あるいは制限の緩い低速通信を活用したい場合を除くと,「MVNOでいいじゃん」という判断になろう。

結論としては,UQモバイルのでんきセット割を利用するよりも,電力供給についてはエルピオでんきに切り替えるのがお得そう。UQ加入については,店頭で手続きするのではなくオンラインで済ます。端末購入は避けてSIMのみでキャッシュバックをもらうのもよいだろう。

キャッシュバックのある電気供給会社からはほぼ1年後キャッシュバックが得られることが多いようなので,それがあるたび別の供給会社に切り替えて行けばさらに節約できる。なお,エルピオでんきに限ると,サポートがいまいちというクチコミがあり,そこは多少不安。

各種該当電気料金プランの詳細

大阪ガス 家庭用ガス発電プラン

Auでんきの「でんきMプラン」

eo電気

キャッシュバックがきいて初年度20,000円以上の節約になるプロバイダ

 

フルのかけ放題必須のご老人の携帯電話プラン」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: よかれと思って高齢者のAndroid端末を交換したら大変なことになった | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: Huawei Nova Lite 3 | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. ピンバック: IIJmioからUQに2回線転出 | あくまで暫定措置としてのブログ
  4. ピンバック: お世話している親子お二人の今後の携帯契約作戦 | あくまで暫定措置としてのブログ
  5. ピンバック: Povo 2.0の非標準な使いみち | あくまで暫定措置としてのブログ
  6. ピンバック: Rakuten Linkを楽天モバイルSIMカードを挿入していないAndroid 11端末で使う | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください