一人暮らしの老人の見守りに対するアプローチ

高齢の親などが一人暮らしをしている場合,あるいは同居はしているものの自分が仕事で日中の長時間家を離れてその間一人になってしまうような場合,自分が直接目が届かない間,その人の安全をどう確保するか。見守りされる側(以下「被見守り者」)がまだ介護施設や支援施設に入る必要がなく,基本的に自活できている状態であることが前提。

以下の2つを組み合わせるしかない:

  • 受動的手段: 各種センサーで被見守り者の様子をモニターする。
  • 能動的手段: 被見守り者自身に何かがおかしいという自覚があったときにすぐさま,確実に外部に助けを求められるようにする。

後者の能動的手段で達成したいことは広い意味では同じなのだが,これについては稿に改め,本稿では前者の受動的手段に限って話を進める。

受動的手段は,要は被見守り者の周りにセンサーをたくさん用意して,危険なイベントの発生を検知するようにするということ。据え置き型のセンサーであれば設置できるのは基本的に自宅だけになってしまうが,被見守り者がスマホを肌身はなさず持ち歩いくことを前提にできるなら外出先でもある程度モニタリングできる。自力でインターネット接続できるスマートウォッチを身に着けている場合もそうであるし,そうでなくても,それがスマホにBluetooth接続しており,そのスマホも携帯していれば外出先でのモニタリングが可能になる。スマートバンドについても同様。

さて,上で「危険なイベントの発生を検知」と書いた。これが直接検知できるケースもある。例えば,スマートバンド/ウォッチで常時計測している心拍数が異常な数値になった,あるいは,モニターカメラに倒れた様子が映った,など。しかしこれらは少数派で,大半の場合では直接検知できるのは,むしろ「安全な状態であることを示すイベント」の方だ。例えば,朝いつものように湯沸かしポットの電源を入れた,日中いつものように家の中を動き回ってる,などなど。

憂慮すべきなのは,「安全な状態であることを示すイベント」が特定の時間を超えて起こらない場合であり,見守る側としてはこれが起こったときに通知を受けたい。そのためには,検知される「安全イベント」はそのまま通知せず(それをされても受け取る側としては単に煩わしいだけ),それらを総合的に勘案してまずい状態になっていないか判断するプロセスがどこかで常時実行され,まずい状態になったと判断されたときのみ通知が行わられる仕組みが必要になる。総合的にに判断できるためには一箇所に情報が集まっているのが望ましい。MQTTブローカに集約し,その上でNode-REDを利用して処理する,というのが定番のやり方だろうか。

検知できるイベントの種類と数を増やせば増やすほど,総合的な判断の信頼性を高められる。例えるのなら,豪快な一本勝ちは狙えないことが最初からわかっているので,小さな技ありをコツコツと積み重ねていって,最後に合わせて一本による勝利に持ち込む地道な試合運びが要求されているようなものだと言える。

具体的に,自分たちが既にやっている,ないしはこれからやることを検討しているのが以下。披見守り者にとっては,特に見守りをやっていなかったそれまでの状態と使用感が変わらず,余分な手間が発生しないのが理想的。

離れて暮らす家族がお互いにストレスなく安否確認 『見守りアプリ・サービス』を紹介|TIME&SPACE by KDDI” にあるアプリは地味によいかもしれない。定期的に披見守り者に簡単なアンケートに答えることを要求するもの。

一人暮らしの老人の見守りに対するアプローチ」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: 突然体の自由が思うようにきかなくなったときに助けを呼べるには | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: Amazfit Band 5はサードパーティアプリで見守りに使えるか | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. ピンバック: Xiaomi製Miスマート体組成計2 XMTZC05HMを見守り目的で購入 | あくまで暫定措置としてのブログ
  4. ピンバック: Termux環境にMQTTブローカを導入 | あくまで暫定措置としてのブログ
  5. ピンバック: Androidでブロードキャスト・インテントで受け取ったデータをMQTTブローカに伝達 | あくまで暫定措置としてのブログ
  6. ピンバック: MQTTブローカにpublishされた値をそのまま別のトピックでpublish | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください