iOS 9.3.5搭載の古iPad 2上でZoho Showのオンラインプレゼンが見られるように

この記事の簡易URLはbit.ly/32lKHvFです。

このiPad 2 wifiモデルは2011年の発売というからもう10年前の製品。友人に譲ってもらって知り合いに使ってもらっていたが,その方も新しいAndroidタブレットに移行しており,余っていた。これを生徒さんのお一人に使っていただこうかと(この件に関するプライベートな写真アルバム; スクリーンショット撮影は電源ボタンとホームボタンの同時押し)。

背景

実は生徒さんのお一人になんとiPhone 1台のみでレッスン受けておられる方がいてその方にお譲りしようかと。SkypeとZoho Showによるオンラインスライドを併用してご指導していたのだが,例えば説明のためにチャットメッセージをお送りしても,それを見るためにいちいち画面の切り替えが必要になり,ご不便されているのは明らかだった。iPhone上のSkype音声通信とチャットをまかない,タブレットでスライドを見るようにできればその問題は解消できると考えた。

iOS 9.3.5に対応した古いアプリのインストール

ただしこのiPadに搭載されたOSはiOS 9.3.5と古く,もう大半のアプリが対応していない。ブラウザでiOS 9.3.5に対応しているものも少数ながら残っているが,試してみた‎Dolphin Web Browser for iPad‎Puffin Web Browser等のブラウザではZoho Showによるオンラインプレゼンは見ることはできなかった。Skypeも最近はブラウザのみで使うことができるのだが,このiPadにインストールできるブラウザからは使えなかった。

ブラウザ内で動作する画面共有アプリを使うことも検討したが,そのURLをどうこのタブレットに送り込むか自身が容易ではなかった。ブラウザ内でGmail.comを利用してもらい,メールで連絡することはできるが不便だ。希望を失いかけていたが,ZOOM Cloud Meetingsアプリは普通にインストールできてしまった。驚き。

生徒さんにZoomアカウントを作成してもらい,それでログインしてさえおいてもらえれば,URLやコードを送ることなく,いきなりミーティングをこちらから開くことが可能だ。そして画面共有でスライドをお見せすることができる。ミーティングのとき以外のチャット送受信も自在だ。なんとか有効活用してもらえそうだ。ただ,Zoho Showのプレゼン画面を画面共有した場合,見てる側に変化が反映されない,あるいはなかなか反映されないことがある。

しかし考えてみれば,今となっては古いOSとはいえ,その当時はそれで動作するアプリが多数あったはずだ。それがインストールできないことには不満が募る。AndroidのPlay Storeではそういう問題はないはず。iOS 9.3.5で動作するアプリはそのアプリの最新版ではないにしろ,まがりなりにも動作すれば十分価値がある。

Appleのサーバからは既に削除されている “Redownload apps and games from Apple – Apple Support” にある方法で,今のiOSバージョン(この場合9.3.5)と互換性のある古いバージョンのアプリをインストールできる。しかし全てのそういったアプリについて成功するとは限らず,現にSkype for iPadを再インストールしようとすると「このアプリケーションにはiOS 11.0が必要です」というメッセージが表示され,再インストールできないいずれにせよ,それは今で使用してきたApple IDを継続して使う場合に限るであろうから,今回譲渡する上では望ましくない ⇦ 実際試してみると,特定のApple IDでアプリを再インストールした後,そのApple IDを削除してもそれらアプリは削除されない。ただ,肝心のSkypeアプリが使えないとなるとありがたみも薄れる。

以前はPC上のiTunesを使う方法があったようだが,新しいiTunesではその方法は取れない。古いバージョンのiTunesを使うことで回避することはできると2020年の情報があるが,インストールすることのできるのは,過去にそのApple IDでインストールしたことのあるものだけのようだ。しかも,2021年にその情報をもたらした同じ著者が,Appleのアプリストア自身が古いバージョンのアプリを破棄してしまっているのでその方法はもはや使えないとしている。しかし,自分が前の段落でやったiPad上のアプリストアアプリで直接購入済みアプリを再インストールする方法は,全部ではないにしろ一部のアプリでは成功することから,古いバージョンのアプリはアプリストア上で破棄済み,という情報は正しくないと思われる。

ブラウザに閉じる画面共有

できればZoho Showの,聴衆側のブラウザ内に表示される遠隔スライド機能を使いたかったがそれはどうも無理そうだ。次の選択肢はSkypeの機能の1つの画面共有だったが,Skypeそのものが使えないとそれもできない。そうすると次の選択肢は,ブラウザのタブをそのまま画像として相手に送りつける画面共有。相手もそれをブラウザで見ることのできるものであれば,まだ実現可能性が高い。

WebRTC Desktop Sharingはうまくいかない。Safari以外のPuffin, Dolphin含め,iPad上のブラウザ側がWebRTCに対応していないからだろう。Web版Skypeが利用できないのも同じ理由かと。

CrankWheel Screen Sharingはうまく行く。固定URLにできるのも大きな利点。ただし,商用利用は参加者無制限のミーティングを月15回まで開催可。最新版が2021年10月のものでちゃんとメンテされているようであることも好感が持てる。画質はZoomでやる場合に比べて劣る。自分がテストした範囲では遅延は最大3秒ほど。それでもZoomほどは遅延幅にムラがない分ある種信頼が置ける。

以前使ったことがあってうっすら覚えていたChrome Remote Desktopは,遠隔コントロールに重きがあり,今回のように単なる画面共有がしたいときにはかえって不適切と判断した。

脱獄 (Jailbreak)

かつてインストールしたことのないアプリの古いバージョンがインストールできるようにするには,もう脱獄 (jailbreak) ぐらいしか思い当たらない。脱獄については “iPhone「脱獄」とは?メリットデメリットと脱獄の方法 | minto.tech” など参照。今興味があるのは,古いバージョンのアプリを,過去にインストールしたことがなくてもインストールできるようにすること。

なお,脱獄行為そのもの合法だが,Appleとの規約に違反することになるのでサポートは受けられなくなる。”iPhoneの脱獄に違法性は無いはずなのになぜ逮捕者が出たのか” などを参照。もっともどうせAppleサポートは受けられない古いデバイスなのでそこは問題ない。

脱獄手続き

最初は “How To Jailbreak iOS 9.3.6 / 9.3.5 No Computer & No Revokes! (2021) iPhone 4s, iPad 2/Mini, iPod 5! – YouTube” に従って Phoenix アプリをインストールしてみたが,それのデバイス管理権限のため認証に失敗したため断念。

次に “How to Jailbreak iPad | Jailbreaking iOS 9.3.5 – YouTube” にある3uTools | The best all-in-one tool for iOS usersというPCツールを使う方法で成功。どうもデベロッパアカウントの証明書を何らかの方法でその場で作成している感じ。なお,ビデオ中ではWindowsのファイアウォールを一時的に無効化しなくてはならないなどと言っていたがそんな必要はなかった。

再起動(リブート)すると脱獄状態がリセットされる,とかいう話もあったが今のところそういう問題はないようだ ⇦ 電源断で脱獄状態は実際解除された。しかし「ふり出しに戻る」ではなく,このビデオの6:00以降の説明通りに,PCの助けなくiPad単独で脱獄を再度実現できる

目的は達成できたか

[Question] what tweak allows me to download older versions of apps?? (Snapchat, Instagram, YouTube) : jailbreak” をみてApp Adminというtweakをインストールした。このスレッドで触れられているAppStore++とかLowerInstallとかはインストールできるtweaksの選択肢にはなかった。

これにより確かにアプリストアでSkype for iPadをインストールしようとすると(「入手」ボタンを長押しする必要があることも),アプリによってはメニューが表示されそこでダウングレードを選択でき,選択するとバージョンの一覧が表示される。メジャーバージョンごとに1本ずつ試してみたが,どれも「このiPadと互換性がありません」とされてしまう。脱獄の大きな目的はSkypeアプリを使用できることだったが,結局それは実現できなかった。脱獄したことによるメリットは,この生徒さんによる使用の範囲では他にも特になく,くたびれ損の骨折り儲け…。

結論としては,この生徒さんにオンラインプレゼンするには

  • インストールできたZoomアプリを利用する
  • ブラウザに閉じた画面共有機能を利用する

のどちらか(ないしはその組み合わせ)で攻めるしかなさそうだ。

AirPlayレシーバとしての利用

レッスン時に画面共有できるだけで意味はあるのだが,その他は少し古いブラウザがまぁまあ使えるだけ,では生徒さんにもありがたみが薄いだろう。AirPlayレシーバとして使えるようにできれば,iPhoneのメディアをストリームできるかと考えて, “5 Apps to Turn iPhone/iPad/iPod into AirPlay Receiver (2021)” を参照し,無料の‎AirView!(通常アプリ)とAirFloat(要脱獄)をインストールしてみた。Android用でAirPlayでメディアの送信ができるというアプリいくつかで試してみると,AirView!は全く検知されない。iPadそのものがAirView!をAirPlayレシーバとして認識しない。AirFloatは少なくともiPad自身は認識するし,Androidの一部アプリからは実際送信できる。AirView!はRTSPストリーム・ビューワのようで,そもそもAirPlayには対応していないのではないか。AirView!はアンインストール。

手持ちのiPhoneは恐ろしく古いiOS 7.1.2のiPhoneしかないのだが,AirFloatに音楽のストリームはできた。それで気づいたのだが,AirFloatは音声専用だった…。

その他iPad 2について気づいたこと

以下このiPadについて気づいた雑多な点:

  • Wifiは2.4GHzの11b/g/nにしか対応していない
  • 使用後放っておくと画面は点灯したままで,自動で画面が消灯し同時にロックがかかったりはしない(かなり意外)

使用予定の方へのメッセージ

お渡しするiPadの現状

2011年発売のiPad 2です。今まで2人の所有者(ちなみに私ではないです)が使ってきたものなので経年感はしっかりあります。ただ,本体自身にはキズ等はなく,画面も傷・割れ等一切なく,大変きれいな状態です。一方,スタンドとしても機能する磁力カバーの方は,見るからにボロボロというのが正直なところです。マジックリンを使ってゴシゴシ拭きましたが,きれいなったとは残念ながら言えないですね。

追記: カバーは一生懸命きれいしようとしましたが,ボロボロ感は払拭できず,あまりにあんまりだったので中国から直接新品カバー(ゴールド)を注文し直接配達されるように手配しました。到着は残念ながら年が明けてからになります。中国からの直接配送で驚くかもしれませんが,そういうことがいずれ起こると思っておいてください。

本体はリセットした後,お役にたつかもしれないアプリを多数インストールしてあります。脱獄 (jailbreak) もしてあります。私がやったことの詳細はこの記事に記してありますのでご興味があればご覧ください。

私が追加でインストールしたアプリは,必要なければ削除してもらって構いません。必要があればこちらで後で回復できないものはありませんので。ただ,脱獄とかしてありますので,「なんとなく気持ち悪い」のであれば,完全リセットしていただいて構いません。考えがあってやった脱獄でしたが,結局メリットはありませんでしたので。

追記 (12月21日): 発送前に最後のチェックをしていたら,脱獄関係のPhoenixアプリ及びCydiaアプリが動かなくなっていました。再度脱獄処理をし,今は動いていますが,同様なことが今後起こる可能性は大いにあります。わざわざ脱獄したのは,少しでも使いであるように,という配慮だったのですが,結局それによる目に見えたメリットが特にないことがわかっています。ですので,もしまたPhoenixアプリやCydiaアプリが動かなくなっても気にしないでください(そもそもお使いになろうとされないと思います)。

追加したアプリ

とはいえ,こちらの希望としては残しておいていただきたいアプリはあります。こちらでは回復できるとしても,そちらでは回復できないアプリもありますので。絶対不要だと確信できるまでは残しておいていただくのがよいと思います。

まずは Zoom。これは後で見るようにレッスン実施のために使う可能性が高いので残してください。これのアップデートが既に出ているのは承知していますが,アプリストアからApple IDを削除してしまっているのでこちらではもうできません。ご自分のApple IDでログインしてアップデートしてください。万が一,Apple IDが異なることが理由でアップデートできなければ,一旦Zoomアプリはアンインストールし,その上でご自分のApple IDでログインしている状態で再度インストールしてください。以前のApple IDが表示されてしまいますが,悪用なきようお願いします。

以下は脱獄のために使用したものです。脱獄状態を維持するためにできれば残しておいてください。

  • Cydia
  • Phoenix

以下はこの古いiPadでも普通にインストールできたブラウザアプリです。プリインストールされているSafariよりかは新しい機能があることが期待できますが,そうはいっても限界があります。ただ,例えばツイッターを twitter.com  でアクセスしようとしても,プリインストールされているSafariでは「ブラウザが古すぎる」と言われて利用できないのですが,以下のブラウザではできますので,全く無意味ではないと思います。また,YouTubeモバイルアプリはおそらく使えないと思いますが,これらブラウザで youtube.com をアクセスすれば,ブラウザ内でYouTubeビデオを視聴できることは確認しています。

他の追加アプリは前の使用者がかつて実際に使っていたものです。もちろん一旦iPad全体を完全にリセットした後に再インストールしたものですので前の使用者による影響はありません。当時は使えたアプリですが,今使える保証は全くありません。私自身がテストして,使えないと確信できたものは既にアンインストールしてあります。ですが全てでテストしたわけではないので,残っているものが使えるという保証があるわけでもありません。「使えたら儲けもの」ぐらいに考えてください。

レッスンでオンラインスライドを見る方法

大きく2つの方法が可能です。実際に試してみてどちらで行くか決めたいと思います。

  • Zoomを利用 ー もし既にお持ちになってないのであれば,事前にZoomアカウントを取得して私に知らせておいてください。アカウント自身はiPhone上のZoomアプリでも作成できます。どうアカウントを取得したかに関わらず,iPadのZoomアプリでログインしておいてください。iPhoneでもログインしておく場合は同じアカウントを利用するようにしてください。
    スライドをお見せしたいときにはこちらからミーティングにご招待します。それを受諾していただければいいのですが,通知が遅れることがあるようです。Zoomミーティングを行う際には,別途行われるSkypeの通話でその旨お知らせしますので,そのときにZoomアプリを立ち上げていただければよいです。
    なお,スライドの切り替えがそちらに反映されるのに大きく遅れがある,場合によっては全く切り替えが起こらないことがあるようなので,それが起こっていることが疑われるときはすぐお知らせください。
  • こちらのChromeブラウザの拡張機能CrankWheel Screen Sharingによる画面共有 ー スライドをお見せするときには,ブラウザで meeting.is/linguaespresso を開いてください。固定URLで今後も変わりませんので,ブラウザでブックマークしておいていただくとよいでしょう。Safariでもできることは確認ずみですが,新しいブラウザが利用できるのでそちらをご利用になることをお勧めします。

いずれの場合も,画面共有中その画面のズームが可能です。

2番目の方法をするにしろ,iPadにメッセージを送りつけるのにZoomは有用ですので,いずれにせよ事前にアカウントを取得し,そのアカウントでiPad上のZoomアプリにログインしておくてください。

またZoomアプリ起動時に,脱獄済みであることを検知し「セキュリティ警告」を表示してきますが,安心して「使用を継続」ボタンを教えて下さい。

このiPadのレッスン以外での利用方法

上で述べたようにまあまあ新しいブラウザが使えるので,ブラウザでできることの多くができると思います。また,Appleのメディアストリーミング技術AirPlayというのがあります。 “AirPlay を使って iPhone、iPad、iPod touch からビデオをストリーミングする/画面をミラーリングする – Apple サポート (日本)” はAppleによる公式の説明です。なにもせずとも,iPadからApple TVなどAirPlayに対応した機器にメディアのストリーミングができます。

AirFloat(要脱獄)もインストールしてあります。このアプリを起動している間は,AirPlayのレシーバとしても動作します。ただし音声にしか対応していません。お持ちのiPhoneからAirPlayでiPadに音楽を流すことはできます。でも音声だけではあまり有用じゃないですよね…。

iPhoneでテザリングする必要

最後に大事なことを。このiPadもインターネットに接続できる必要があるわけですが,ご自宅で既にwifi環境がないのであれば,お持ちのiPhoneでテザリングしていただく必要があります。

テザリングとは?iPhoneのテザリングのやり方を解説!できないときの対処法も | 家電小ネタ帳 | 株式会社ノジマ サポートサイト” にやり方の説明があります。ご契約の携帯事業者と「テザリング・オプション」の契約をされている必要があったりしますのでご注意ください。また,wifiは2.4GHz帯を利用する場合と5GHz帯を利用する場合があり,最近の機器は電波干渉の受けにくい5GHz帯を利用することが多いと思いますが,このiPad 2は残念ながら2.4GHz帯にしか対応しておりませんので,iPhone側のテザリング設定でその選択項目がある場合は,必ず2.4GHz帯が利用できるように設定してください。

その他何か困ったらご相談ください。

ご使用者がキャリアとテザリングができるための契約をしていない場合は,Bluetoothテザリングという方法もある…と思ったがどうもこのiPadではそれはできないもよう。残念。

(下に続きます。)

ご返送

最初にこのお話を出したときに,差し上げると申し上げました。このiPadがお役に立つ限りお使いいただきたいと思っています。ただ,やはり古い機器で使いみちが限られますし,今後何か代わりの機器を入手されるなどして,もうこのiPad 2は使い道が全くない,ということでしたらご返送願います。最近Windows PCのセカンドディスプレーとして使うことができるということがわかりましたので,その形で(しつこく)活用したいと思っております。

iOS 9.3.5搭載の古iPad 2上でZoho Showのオンラインプレゼンが見られるように」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 古iPadをWindows PCのセカンドディスプレーとして使う | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: Photo U TVを送る君へのメッセージ | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. ピンバック: ZoomによるオンラインミーティングでZoho Showによるプレゼンテーション | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください