Zoho Showで日本語Webfontが使えるようになっていた

もう10年以上の間仕事関係でプレゼンをする際は,いわばWeb版パワーポイントのZoho Showを利用してきた。単独でリモートプレゼンテーション機能を持っているのが離れたところにいる生徒を教えるのに好都合だった。

当初は,リモートプレゼンする当方はWindows PCを使用し,プレゼンを視聴する側もWindows PCを使用していることが大半だった。ところが昨今これは大いに多様化し,Macならまだしも,iPadや中にはiPhoneで視聴する人まで現れた。たまたま今まではなかったが,聴衆側でAndroidスマホ・タブレットが利用されることはいつ起こってもおかしくない。

そこで問題になるのがフォント。Zoho Showは当初ローカル使用が前提だったパワーポイントのクローンを目指して作られており,普通にローカルのフォントが使用できた。日本語のフォントとしてはWindowsに標準搭載されているメイリオを指定してきた。Windows上でそうやってZoho Show上に作られたスライドを見るのには問題ないが,リモートプレゼンをして,視聴者がWindows以外のOSのデバイスを使っている場合,メイリオフォントがないために表示が崩れてしまう。単純に文章を書いているだけであれば改行位置がずれる程度の問題かもしれないが,自分は図を多用している。例えば説明のため特定単語を四角で囲っている場合,フォントが変わって文字の表示位置がずれると,四角の位置と単語の位置がずれてしまう。

こういった問題を解決するために生まれたのがwebfont。フォントデータをWeb上に置きそれをWebページから参照することで,プラットフォームでどのようなフォントが用意されているかに関わらず,そのWebページの表示を統一させることができる。Zoho Showも何年か前からwebfontに対応していたが,その中には日本語フォントがなかった。

そこで2年前から任意のwebfontが使えるようにするよう要望を出してきた。それとは別にWebサイトも更新する予定もあったので,それに使うwebfontも調べており,そのときにはMigu 1Cが自分の好みに合うと思った。

自分のZohoのコミュニティーサイトへの投稿に対してZohoスタッフから直接告知の返答がなかったため知らなかったのだが, “Custom Font in Zoho Show” によればこの機能は既に実現されていた。ただし,Google Drive相当のZoho Docsではなく,Zoho WorkDriveの有償プランに移行する必要がある。WorkDriveには無償のSoloプランもあるがそれではこの機能の恩恵に預かれない。

ただ, “Font Customization” という記事も見つけた。Google Docs相当のZoho Writerでフォントを利用する方法の話だが,日本語用フォントとしては以下が使えるようになっている。自分の選んだ任意のwebfontが使えるわけではない。

  • Cardo
  • Hannari
  • Kokoro
  • Mplus 1p
  • Nico Moji
  • Nikukyu
  • Noto Sans CJK JP
  • Rounded Mplus 1c
  • Sawarabi Gothic
  • Sawarabi Mincho

Noto Sans CJK KR/SC/TCもリストされるが上のリストからは外した。それぞれNoto SansファミリーのうちのCJK Unicodeフォントの韓国語式,簡体字式,繁体字式であるから。

さらに,ローカルフォントを使えるような仕組みも準備してある。ただし,ローカルフォントを利用すると当然それがないプラットフォーム上では表示が崩れるので,その際使用する代替webfontも合わせて指定することになっている。残念ながらwebfontそのものをアップロードできる仕組みではない。

この記事を見てからZoho Showを注意深く見てみると,実はこれらのフォントはZoho Showでも既に使用できるようになっていた。ただし実際に使用するには, “Add fonts to gallery” から手動で選択し,my fonts に追加する必要がある。Zoho Showでは「日本語に対応したフォント」というフォント検索ができなかったため気づかなかった。

同じZohoの製品ということでZoho Writerで使える日本語webfontと,Zoho Showのそれは同一だと思いこんでいたが,精査するとそれは正しくないことが分かる。Zoho Writerで使えるがZoho Showで使えない日本語フォントはCardo。逆のケースもあるかもしれないが,Zoho Showでは基本フォント名が表示されるだけなのでパッとはわからない。

これらフォントのサンプルを示すスライドを作成したPDFファイル)。一部フォントは異なるweightのものも含めている(用意されている全てのweightをカバーしているわけではない)。

結局使えそうなのは,Mplus 1p, Noto Sans CJK JP, Rounded Mplus 1cのみ。だが,どれも「これだ!」という感じはしない。こうしてみるといかにメイリオが秀逸なフォントかよくわかる。Normal weightならMplus 1pか。Weightをlightにすることも考えると,Rounded Mplus 1cも候補になる。丸文字はプロフェッショナルな文書やスライドには決して使うべきではないと思うので,丸文字感がはっきり感じ取れるnormal weightのRounded Mplus 1cは論外。ところがlight weightではそれが薄まりパッとは感じられなくなる。ただ,やはりlight weightにすると文字の視認性が落ちる。結論としてはありきたりなMplus 1p(normal weight)。

アルファベット用には別途フォント選定が必要になるのだろう。

実は画面共有でスライドを見せるのであればwebfontは重要ではない。ローカルのフォントが使えるからだ。Zoho Showはスライドデックを公開してWebページに埋め込むこともできることになっている(…ただ現在この機能は提供されていないのかもしれない)ので,そういう機能を利用することがあるのなら,やはり最初からwebfontを利用したほうがいいと思われる。

ところで,webfontを使うようにしたスライドはAndroidのZoho Showのモバイルアプリでも同じように表示されると期待して見てみたら,激しく表示が崩れていた

Zoho Showで日本語Webfontが使えるようになっていた」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ZoomによるオンラインミーティングでZoho Showによるプレゼンテーション | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください