2015年のふるさと納税

今年度のふるさと納税のまとめ。といっても自分はそれが活用できるほど納税しておらず人の納税枠をどう利用したかという話。

まず、”音声出力のないPC用ディスプレーをTVチューナと組み合わせTVセットとして使う“に書いたように、長野県飯山市で液晶ディスプレーを入手。…で、その後ゆっくり検討する機会もなく本日残りの枠を利用。年末なので期限に注意する必要があった

特にどうしてもというのが見当たらない(あってももう品切れ)なので、金券・ポイント等がいいかと思った。ところが、検討していたピーチのポイントがわずか6ヶ月で失効してしまうことがわかったので却下。一方、千葉県大多喜町の大多喜町ふるさと感謝券というのがあり、これは当該自治体でのみ使える商品券でありながら、ヤフオクでそこそこ高値で取引されている。最終的に得られる現金は、寄付額から見ると4割程度か。大多喜百貨店のオンラインショップでも使えるそうだが、今見る限りの軒並み品切れとなっている。後々もっとも使用の自由度が高い現金化ができるという点、そしてたった1回の寄付で残りの寄付枠を使い切れて手間がかからない点、などからこれは一つの有力候補。なお、12/31までにクレジットカード決済をしていればOKであることは確認済み。

タブレットなんかはどうかと思って見てみたが、今入手可能なのは10万円の寄付が必要で、そのくせ得られるタブレットの性能は低いので全くペイしない。却下。

香川県東かがわ市で革製バッグを提供していてこれも検討したが、今ひとつ趣味に合わないので却下。

大型液晶テレビもあって、これは確かに有用だが、さすがにこれは寄付額が30万円とか50万円とかで残りの寄付枠をはるかに超えている。

本当に使いそうなのはLED シーリングランプ。ただ、調べてみると寄付額ともらえるもの(この場合ランプ)のいわば交換比率がほぼ1/4程度で、千葉県大多喜町の大多喜町ふるさと感謝券より悪い。だったら後者で現金化してから自由に製品を選択して買ったほうがよさそうだ。

あと、ハー ドディスク(HDD)はあって困るものではないので悪くない選択肢だとは思うが、今すぐ使うかというとそういう予定もない。

結論としては、大多喜町ふるさと感謝券を選択。

ところで、PC関連のは長野県飯山市のが有名(自分のデスクトップPCの製造元マウスコンピュータがあるから)。来年分を1/12から受け付けるようだから、このときに利用するかもしれない。参考

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中