Wifiローミングに関する誤解

追記:5GHz帯に対応していてブリッジ運用が可能な小型Wifiルータ” に頂いたコメントで “CHEAP WI-FI MESH ALTERNATIVE with fast roaming OpenWrt Wi-Fi Access points – YouTube” をご紹介いただいたので,いつか見てみたい。


「世の誤解を正す」とかいった生意気な意味ではなく,自分の誤解の話。

Wifiローミングがスムースに起こるためには,LAN内のアクセスポイント(以下AP)について以下が成立していなければならないと思っていた:

  1. SSIDが同じ
  2. 暗号化方式が同じ
  3. 周波数帯が同じ(2.4GHzか5GHzか)
  4. チャンネルは異なってもよい(むしろ異なった方がよい)

しかし,以下を読むと,3.は要件ではないようだ。

3. が要件であるという前提で “5GHz帯に対応していてブリッジ運用が可能な小型Wifiルータ” を書いたのだが,少なくとも動機は誤っていたことになる。

上に列挙したリソースから自分にとって重要な情報をまとめると以下:

デュアルバンド(2.4GHzと5GHz)に対応したAPについて,SSIDをバンドごとに分けるか別にするかはどうも意見が一致していない模様。”Recommended settings for …” でAppleは一致させるべきだとしている。一方 “Wi-Fi Roaming Gotchas | Excentis” はクライアントは,AP側で band steering が行われない限り,一般的に電波強度の高くなる2.4GHz帯を選びがちなので,SSIDを共通にするのは避けるべし,としている。しかし, “Can a station roam seamlessly…” では,一致させてもクライアントは5GHz帯を優先して接続する,としている。

How can I get the same SSID…” のベストアンサー中にある以下がキモなんだろう。

One roaming caveat: As another commenter pointed out, there are definitely poorly engineered clients out there with poor roaming algorithms or thresholds, which don’t actually roam when they should, and thus end up being too “sticky”, staying on the first AP they joined well after they could have been getting better performance and reliability with another AP that they are now closer to. Sometimes it helps to force the client’s Wi-Fi interface to rejoin the network when you notice that a client has stuck to the wrong AP. If you have a lot of these buggy clients, then using the same SSID for multiple APs might not work well for you; you might want to use different SSIDs so you can more easily monitor and control which AP your client is associated to.*

つまり,wifiローミングの成否はAPの設定や挙動だけでなく,クライアントの挙動にも依存する。クライアントの挙動が「どんくさく」,近くにAPが現れたのにいつまでも遠くで出力の低いAPとの接続を放棄しないような場合は,その挙動をモニターしやすいようSSIDを分けたほうがよい。この文章が2010年に最初に書かれ,最後に修正されたのが2013年であることを考えると,最近のクライアントであればそういった問題はないと考えてよいのではなかろうか。

結論としては,今後自宅LAN内のAPのSSIDは統一する。今までは,最初に購入したwifiルーターであるバッファローのWZR-HP-AG300Hのストックファームウェアで指定されていた2.4GHz帯向けのSSID(以下 “SSID-g” とする)とそれとは別の5GHz帯向けSSID(以下 “SSID-a” とする)をずるずると踏襲してきた。WZR-HP-AG300H自身のファームウェアはOpenWrtにその後置き換えられたのに,だ。

ただし一気に変えることはせず,順序を踏み徐々にその状態に持っていく。それについては別途記事を書く

 

Wifiローミングに関する誤解」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 5GHz帯に対応していてブリッジ運用が可能な小型Wifiルータ | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: LAN内アクセスポイントのSSID統一とそれらのファームウェアの更新 | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. ピンバック: Androidでブロードキャスト・インテントで受け取ったデータをMQTTブローカに伝達 | あくまで暫定措置としてのブログ
  4. ピンバック: 新LAN構成 | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください