Au版Galaxy S5 SCL23をドコモ対応にしたりAu対応に戻したり

自分の仕事部屋にて測定。ドコモだとLTE電波は掴めず、3Gでも心もとない結果。

自分の仕事部屋にて測定。ドコモだとLTE電波は掴めず、3Gでも心もとない結果。

Au版Galaxy S5 SCL23を入手した。

最初からドコモ回線で使用するつもりだったので、”Galaxy S5(SCL23)のSIMフリー化手順“に従って設定を変更すると、拍子抜けなくらいあっさりとドコモ回線を掴んだ。Root化やROM焼きのような面倒な作業なしでこれができるのはありがたい。ま、自分の場合root化はいずれにせよするのだが。

追記:こういったことについては”au SCL23 SAMSUNG Galaxy S5の SIMロックを解除する方法(au、ドコモ、ソフトバンク、Yモバイルの全てが使える神端末)“の説明が詳しい。また、Root化済みGalaxy端末ならアプリから簡単にサービスモードメニューに入れる

【マイナー周波数】スマホでプラスエリア Part3 – 2ログ“にSCL23でプラスエリア化ができたというあてにならない情報が。一方、「どうしてもできない」という声も。ドコモSIMカードを挿した場合と、自分が起きてる間大半の時間を過ごす仕事部屋では、Au SIMカードを挿した場合とを比べてみても、ドコモの電波の入りが悪いことがはっきり分かるが、しばらくは様子見。アンテナピクトだけみると、ドコモSIMを挿したときも十分電波が届いてるような印象を受けるのだが。

追記:au SCL23をNTTdocomo系MVNOで使う – NAVER まとめ“ではドコモ対応のための更に細かい調整やプラスエリア化について解説している。

Au回線で使えるよう戻すことは少なくともしばらくはその必要はないだろう…と思っていたが、結局するはめに。というのは、2台入手したSCL23のうち1台を売却した際、リセットし忘れたからだ。基本中の基本を疎かにするだなんて情けない。他のこともあってドタバタして焦っていたのと、かつて同じプロセスを経験していたという慢心から肝心なことを忘れてしまった。

同じ自分の仕事部屋にて。AuだとLTEが使えて受信強度も高い。

同じ自分の仕事部屋にて。AuだとLTEが使えて受信強度も高い。

ショップで契約したままの状態でその端末用番号ぐらいしか個人情報は漏れないかと思うが、気になるのはAu ID。その端末を入手した人に自分のAu IDを利用されてしまうと、Au関係のサービスでショッピングされたりしてしまう。そのとき支払いをするのはもちろんこちらだ。問題はAu IDの初期値はそれに結び付けられた回線の電話番号であること。つまり、私が売却した端末を入手した人がその電話番号が分かれば、すなわちAu IDもわかってしまう。

以前自分がAuサブスクライバだったときは、自分で意図して取得しなければAu IDは取得できなかったが(当時はAu One IDと呼んでいた?)、今回Auウォレットの加入が条件で(多分今はそういうのが多いと思う)、AuウォレットはAu IDとひも付けされているので、既に勝手にAu IDが作成されている。なので、その後何もしてなければ、Au IDは存在しているがパスワードが設定されておらずユーザがAu IDを直接使用できない状態のはずだ。これはAuのカスタマーサービスに電話したり、契約したショップに電話したりして確認した。

Au IDにパスワードを設定するには、二つ方法がある。端末のAu ID設定アプリを利用するか、Web上で行うか。ただ、どちらの場合もその回線のSIMカードがAuの端末で使われていなければならない。Au ID設定アプリはSIMカードで認証するようだし、Webでの登録の際にはその回線番号へのSMSで認証を行うからだ。それ以外にどちらの場合にも契約時に設定した4桁の暗証番号が必要になるし、さすがにSIMカードごと売ったわけではないので、私が売却した端末を入手した人にはどちらの方法も使えず、心配ないはず。

…とは思ったが小心者の自分は気にはなるので、念には念を入れて以下をした:

  1. ドコモ対応にしていた残してあるGalaxy S5をAu対応に戻す。手順は冒頭の記事中にある。
  2. 売っぱらった端末に元々刺さっていたSIMカードを、残してある端末に入れてパスワードをセットしその回線用のAu ID (従)をアクセスできるようにする。
  3. その残してある端末に本来刺さっていたSIMカードに差し替えて、その回線のAu ID (主)も同様にアクセスできるようする。
  4. Au ID (従)をAu ID (主)に統合する。このとき自動的に(従)のAu IDが初期値の回線番号ではなくなる。加えて、決済サービスの限度額を0円にする。

これだけやってれば流石に悪用され得ないかと。

なおパスワード設定は、既にパケット通信契約は解約していたので「Au ID設定」アプリは使えず、”au IDをパケ漏れせずにwi-fiで登録する裏技方法 | ケータイアンテナ“に従った。

ちなみに、Photo U TVに対応するAu IDも登録できる。これは別端末のAu IDでのAu Cloudサービスを利用してクラウドから画像をダウンロードするためにPhoto U TVにau IDを設定するのとは全く別の話。特にメリットもなさそうだったが、ついでなのでこうやって得られたAu IDも合わせて統合しておいた。

回線ごとにAuウォレットに加入することが条件だったので、本日5枚ものAuウォレットカードが届いた。が、統合の結果メインのAu IDに紐付けられているもの以外は自動解約されたはずだ。

Auウォレットのキャンペーンで「じぶん銀行プレミアムチャージで au WALLET カードのチャージ額がなんと+5%に!(月10回まで)」なんてのをやっている。キャンペーン期間はもう残り1月を切っているので、1枚あたり最大5,000円弱相当のボーナスを受けられる。5枚なら計25,000円弱だ。そこそこの額だが、今からじぶん銀行に口座を開いて、5枚のカードにそれぞれ何回もチャージして…って手間が馬鹿らしくて見送った。当初はなんと15%だったので、それならば活用したかもしれないが。

広告

Au版Galaxy S5 SCL23をドコモ対応にしたりAu対応に戻したり」への10件のフィードバック

  1. ピンバック: MNPでAu版Galaxy S5 SCL23を入手 | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: Lineの年齢認証をRoot権限で強引に達成する | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. ピンバック: 頭が混乱するAuのSIMカード事情 | あくまで暫定措置としてのブログ
  4. ピンバック: おれは2台持ちをやめるぞ!ジョジョーーッ!! | あくまで暫定措置としてのブログ
  5. ピンバック: Root化済みGalaxy端末ならアプリから簡単にサービスモードメニューに入れる | あくまで暫定措置としてのブログ
  6. ピンバック: トリプルSIMカードアダプタが思うように動作しない | あくまで暫定措置としてのブログ
  7. ピンバック: トリプルSIMカードアダプタが思うように動作しない | あくまで暫定措置としてのブログ
  8. ピンバック: SCL23はSIMロック解除状態でもFOMA SIMカードが使えない? | あくまで暫定措置としてのブログ
  9. ピンバック: ワイモバイルのスマホ用SIMカードをAu版Galaxy S5 SCL23で使う | あくまで暫定措置としてのブログ
  10. ピンバック: 携帯事業者各社のSIMロック解除手続きのまとめ | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中