安価に携帯番号を維持する

イメージ提供はImgBin

イメージ提供はImgBin

なるたけ安価に携帯電話番号維持” の方がおそらく一般的には有用だろう。2022年1月までの情報が反映されている。


この記事は元々 “メイン回線のMNP先候補” の末尾に追記の形で書いていたものを独立させた。自分の中では繋がっていても,一般的には別の話なので。 “メイン回線のMNP先候補” の話の流れで書かれたままなので,独立して見ると唐突な内容の部分もあるが手直ししていない。

さまざまなサービスの連絡先として登録していある電話番号を変えて回るのは手間だし,他の人から見れば混乱の元だ。なので一旦決まったいわば「公式番号」は自分のものとして維持しておきたい。その番号をどう安価に維持するか,という話。携帯料金を抑えるというとMVNOの利用がまっさきに思い浮かぶが,意外とこの目的ではMNOの方がよいかも,というのがこの話のポイント。

もちろん, 1年間通信料無料の楽天モバイル(MNO)であったり, “メイン回線のMNP先候補” で書いた好条件のキャンペーンがその「公式番号」の乗り換え先と利用できるのならそれらを利用すればよい。ただこれらキャンペーンは一時的なものであり,自分の都合のいいタイミングで「公式番号」の乗り換え先として利用できるとは限らない。なので,この記事では一時的キャンペーンではなく,ある程度恒久的に利用できそうなものに限って考える。

さらに,実際に自分から通話したりするのは別の回線を利用し,「公式番号」では通話・SMSとも,受信することが主な使用法であることを前提にする。ただし,送信もできるのに越したことはないので,送信も可であるものももちろん検討する。

ただし,電話転送機能は欲しい。 “かけ放題+データ定額回線に無料で留守電機能を付加する” に書いたように,電話に出られないときには050 VoIPサービスの番号に転送させ,その無料の留守電機能を利用しているからだ。


キッズ・ジュニア向けケータイプラン比較。ドコモ・au・ソフトバンクの各プランの違いは? | スマホの先生” を参照。Auは手持ちのWCDMA/UMTS用USB 3Gモデムが使えない,ということと,おそらくIMEI制限しているんでは?という疑い(ただし未確認)から選から外す。ドコモは親回線が既に存在していないといけないのでこれもダメ。ソフトバンクはみまもりケータイシリーズについてはドコモ同様親回線が存在していないといけないのだが,キッズフォンシリーズについてはそういう制限はないという。

ソフトバンクロゴ

ソフトバンクロゴ

基本プラン(みまもりケータイ/キッズフォン)は月額490円5分以内の通話かけ放題,MMS送受信無料,SMS受信無料(※送信については記載なし)というなかなかにコスパのいいプラン。ソフトバンクで親回線を持っていてそれと無料の家族割引契約をしていれば,24時間通話料無料。子回線を契約後,親回線を解約しても子回線の契約は続行される。さらに,家族であれば別名義でもソフトバンク回線にみまもり回線をぶら下げることができる

やはりIMEI制限はあるようだが, “みまもりケータイ4simをスマホに(完全版) | かくいちの携帯関連備忘録” によればデータ通信を諦めて(つまりMMSも)通話とSMSだけできればいいと考えるのであれば特にIMEI書き換えなどせず他機種で使えそう。以前ソフトバンクの3GガラホSIMをDSDV機で使ってたときと同じような感じか。上記記事中にあるスクリーンショットを注意深く見ると,スマホにみまもりケータイ4のSIMカードを挿入したときには,HSPA (High Speed Packet Access)で接続されてるようだ。つまり3G。ソフトバンクは3Gサービス終了を2024年1月下旬に予定しているのでそれまでは使える。それ以降はVoLTEが使えないと通話できないので,もともとのみまもりケータイ4/キッズフォン無印ないし2でないと使えなくなるだろう。

キッズフォン,ないしキッズフォン2が安く販売されるか,中古で安く入手できれば,候補になろう。ただし,電話転送ができるかどうかについては(ソフトバンクでの通常の電話転送機能設定方法)今のところ確実な情報がない。

VoLTEが使えると言っている人もいる。

追記: その後さる親切な方から教えていただいた情報が以下。

キッズフォンの件について横からですが
iPhoneはvolte不可です、androidはvolte可能な機種が多いです
https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000023895/SortID=23225061/#tab

転送電話と留守番電話はmySoftbankで設定出来ます

みまもり/キッズのVoLTE通話 | かくいちの携帯関連備忘録” にIMEI書き換えのようなドラスティックな方法に出ずともVoLTEが使える方法が紹介されている。

もう電話着信とSMS着信だけできればいいと割り切るなら,ソフトバンクのプリペイドサービス「シンプルスタイル」(旧: プリモバイル)で3,000円で60日+360日間番号が維持できる。ただし,オンラインショップでは機種購入を伴う場合はMNPが可能なようだが(シンプルスタイル Simply(シンプリー)←4G対応の例SIM単体契約のときにはできないような印象。「USIM単体契約では、ご契約の際に利用する携帯電話機をご提示いただくことが必要」ということで,その際の注意事項数年前の話だが,ソフトバンク直営店に機種持ち込みすればMNPでSIMのみ契約できることを確認した。今どうかは調べていない。利用できるサービスには制限があり,特に転送電話機能が使えない

音声通話に対応している格安SIMカードを比較 | SIM-FAN” など見ると,MVNOでも,音声通話/SMSのみしたいと思っても,1,000円超えが普通。わずかにB-Mobileの990ジャストフィットSIMが1GBのデータ通信込みで月額990円で下回ってる。音声回線980円/月で「業界最安」をうたうXMobileだがデータ通信は全く含まれてない。そのリストにはないがロケットモバイルの神プランが通話可能でデータ通信は200kbpsで948円。これも選択肢に入るだろう。

【2020年4月版】MNPでの最低維持費を比較しました(ガラケー) 1番安いのはココ!|ナイトウガラシ.com” を見るとMNOでも同じような維持費。AuのVKプランSが最安だがそれでは振り出しに戻ってしまう。ソフトバンクであればおとくケータイ.netなどを利用してCBを稼ぐことでケータイ端末代は相殺できるかもしれないが,最初に高額なデータプランの加入が求められたりするのでそこで費用が発生するし,後でプラン変更したりしなくてはならないのが手間。ただ,ソフトバンク回線であれば家族間通話が無料なのはいい。家族間通話無料というのはMVNOには見られない,MNOならではのサービス。

安価に携帯番号を維持する」への9件のフィードバック

  1. ピンバック: メイン回線のMNP先候補 | あくまで暫定措置としてのブログ
  2. ピンバック: 2020年10月の携帯回線整理予定 | あくまで暫定措置としてのブログ
  3. ピンバック: 現在Au上にあるメインの携帯回線どうするか? | あくまで暫定措置としてのブログ
  4. ピンバック: 楽天モバイルの新料金プランUn-Limit VIを使って0円かけ放題回線を実現 | あくまで暫定措置としてのブログ
  5. ピンバック: お世話している親子お二人の今後の携帯契約作戦 | あくまで暫定措置としてのブログ
  6. ピンバック: 家族であれば別名義でもソフトバンク回線にみまもり回線をぶら下げることができる | あくまで暫定措置としてのブログ
  7. ピンバック: なるたけ安価に携帯電話番号維持 | あくまで暫定措置としてのブログ
  8. ピンバック: 低速だがデータ通信無制限の携帯プラン | あくまで暫定措置としてのブログ
  9. ピンバック: Povo 2.0の非標準な使いみち | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください